Close

カテゴリー

AWS アーキテクチャ図テンプレート

著者: Lucidchart

Lucidchart によるこのガイドを使用して AWS ネットワークを視覚化する

テンプレートを使用する
AWS アーキテクチャ図テンプレート

企業の成長が加速するにつれ、管理が必要なデータの量は増えます。インフラストラクチャ プラットフォームを開発している企業は、サービスがどのように連携し、AWS ソリューションがどのように保存、ホスティング、デプロイされるのかを理解する必要があります。Lucidchart によって作成されたテンプレートを使用して AWS アーキテクチャ図を作成し、明確なデプロイ戦略を策定できるようにしましょう。

AWS アーキテクチャ図 テンプレートの使用方法

ステップ 1. AWS アーキテクチャの目標を特定する

Before diving into the details of your architecture, use the template to review the pillars of a well-architected AWS framework. The framework helps guide your thinking and decisions as you build your AWS infrastructure and develop goals. Once you decide how your AWS services should work together, list the changes you plan to make and explain how each change helps achieve your goals.

ステップ 2. AWS アーキテクチャ図を作成する

方向性が決まったら、AWS アーキテクチャを策定できます。シンプルにウェブサイトをホスティングする場合でも、複雑なアプリケーションを開発する場合でも、適切にデザインされた AWS アーキテクチャ図があれば、チームが自社の製品をどのようにローンチおよび管理すべきかを理解できます。最初に、テンプレートを使用して Lucidchart diagram connector for Confluence のような、図を作成するためのアプリをインストールします。アーキテクチャをデザインした後、それをページに組み込み、デプロイの前にチームと共有します。

ステップ 2. AWS アーキテクチャ図を作成する

ステップ 3. デプロイ戦略を計画する

AWS 図がチームによってデザイン、レビューされた後、テンプレートを使用してデプロイに向けた準備を進め、後のステップのフォローアップを行います。最初にデプロイの地域を決定し、テンプレートに REST API の詳細を挿入します。次に、SLA を一覧にして新しい Jira チケットにリンクを追加します。また、テンプレートを使用してプロジェクト オーナーと期限を割り当てることもできます。

ステップ 3. デプロイ戦略を計画する

Lucidchart は、チームによるアイデアの視覚化やフローチャートの作成などを支援することで、チームでのコラボレーションとイノベーションを強化します。

  • DevOps runbook template

    アトラシアン

    DevOps ランブック

    運用チームが素早くシステム アラートや障害に対応できるよう準備します。

  • DevOps change management template

    アトラシアン

    DevOps 変更管理

    このテンプレートを使用して変更管理パフォーマンスを評価し、リスクを軽減します。

  • Experiment plan and results template

    Optimizely

    実験計画と結果

    仮説、バリエーション、結果など、実験の詳細を文書化します。