Atlassian TEAM TOUR Tokyo 2022 の全セッションをアーカイブ配信中!会場実施のセッションもご覧いただけます。期間限定、2023年2月末まで。視聴はこちら >

ガント チャートとは?

ガント チャートの概要、およびガント チャートがアジャイル プロジェクトの管理にどう役立つかをご説明します。

Eddie Meardon 作成者 Eddie Meardon
トピック一覧

要約: ガント チャートは、ある期間にわたって完了した作業と、その作業に予定された時間との関係を図で示すプロジェクト管理ツールです。ガント チャートには、タスクの開始日と終了日、マイルストーン、タスク間の依存関係、担当者などを含めることができます。

20 世紀初頭、ヘンリー・ガントが、作業者のタスクに対する進捗を記録するチャートを作成しました。これにより、監督者は、生産スケジュールが遅れているか、先行しているか、または順調に進んでいるかをすばやく確認できました。ガント チャートはプロジェクト管理に革命をもたらし、フーバー ダムや州間高速道路ネットワークなどの大規模な建設プロジェクトの管理に役立ちました。当初、ガント チャートは紙に書かれていましたが、1980 年代のコンピューターの台頭に伴い、ガント チャートはますます複雑で精巧なものになりました。現在でも、ガント チャートは依然として、最も広く使用されているプロジェクト管理ツールの 1 つです。

ガント チャートとは?

ガント チャートは、ある期間にわたって完了した作業と、その作業に予定された時間との関係を図で示すプロジェクト管理ツールです。このチャートには通常、2 つのセクションがあります。左側にはタスクのリストの概要が、右側には作業を視覚化したスケジュール バー付きのタイムラインがあります。またガント チャートには、タスクの開始日と終了日、マイルストーン、タスク間の依存関係、担当者を含められます。

現在、ガント チャート ツールはロードマップ ツールと呼ばれることがよくあります。現代のソフトウェア開発の要求に対応するために、Jira Software のようなロードマップ ツールには、折りたたみ可能なタスク構造やリソース管理パネルのような機能が組み込まれています。これは、ソフトウェア開発プロセスの反復的な性質にもかかわらず、チームが一貫したプロジェクト戦略を維持するのに役立ちます。Jira には、プロジェクトのガント チャートを作成するための 2 つのロードマップ ツールが用意されています。1 つは Roadmaps で、チームに割り当てられた Jira 課題に関するプランを作成します。もう 1 つは Advanced Roadmaps で、チームや組織全体で同じ処理を行います。

Jira Basic Roadmaps のスクリーンショット

Roadmaps

Jira Advanced Roadmaps のスクリーンショット

Advanced Roadmaps

ガントチャートの使用目的とは?

プロジェクト マネージャーは、主に次の 3 つの理由でガント チャートを使用します。

包括的なプロジェクトを構築して管理する

ガント チャートでは、プロジェクトの構成要素を視覚化して、プロジェクトを管理できるくらいの小さなタスクに分割します。分割された小さなタスクは、タスク間の依存関係、担当者、マイルストーンとともに、ガント チャートのタイムラインに沿ってスケジュールされます。

全体の流れとタスク間の依存関係を特定する

ガント チャートは、プロジェクトの流れをつかむために使用できます。タスク間の依存関係のため、別のタスクが完了してからでないと新しいタスクは開始できません。タスクが遅延した場合 (このような事態は最高の人材を揃えたとしても起こり得ます)、これに依存する課題が自動的に再スケジュールされます。これは、複数チーム環境で計画を立てる場合に特に役立ちます。

プロジェクトの進捗を監視する

チームが計画内の課題に対処するのに要した時間を記録すると、プロジェクトの健全性を監視して、必要に応じて調整できるようになります。ガント チャートには、リリース日、マイルストーン、またはプロジェクトの進捗状況を追跡するためのその他の重要な指標を含められます。

ガントチャートを使うメリット

ガント チャートがプロジェクト管理の世界全体で愛用されている理由は、主に 2 つあります。ガント チャートを使用すると、複雑な計画、特に複数のチームや締め切りの変更を伴う計画を作成しやすくなります。ガント チャートは、チームが締め切りに対処しながら計画し、リソースを正しく割り当てるために役立ちます。

またプロジェクト プランナーは、ガント チャートを使用してプロジェクトを俯瞰できます。ガント チャートは特に、タスクの開始日と終了日、マイルストーン、依存するタスク間の関係を表します。Roadmaps や Advanced Roadmaps を備えた Jira Software などの最新のガント チャート プログラムが情報を統合して、選択肢が締め切りにどのように影響するかを示します。

ウォーターフォール計画とアジャイル計画におけるガント チャート

ウォーターフォール手法とアジャイル手法のどちらを好むかにかかわらず、ガント チャートはどちらにとっても強力なツールとなります。

ウォーターフォール チャートとガント チャート

プロジェクト計画のウォーターフォール モデルは、プロジェクトの開始時に関係者と顧客の要件が収集される線形アプローチに沿っています。そこから、プロジェクト マネージャーは、マイルストーンと締め切りを含む一連のプロジェクト計画を作成します。プロジェクトのすべての部分が、先行タスクの完了に依存しています。この点は、ステップを事前に計画する必要があるアイデア化や問題解決にはあまり焦点を当てずに、プロセス (建設や製造など) に焦点を当てるチームによって支持されています。

ガント チャートは通常、ウォーターフォールを使用するプロジェクト マネージャーに支持されています。これらのマネージャーは、プロジェクトを管理可能な単位に分割して開始日と終了日を割り当てることで、プロジェクトのスケジュールを決定します。また、プロジェクトの重要なマイルストーンを特定する上でも役立ちます。マイルストーンとは、チームがスケジュールどおり、またはスケジュールよりも早く達成すべき実績です。マイルストーンの設定は必須ではありませんが、あった方がよいでしょう。

アジャイル チャートとガント チャート

一方、プロジェクト計画のアジャイル モデルは、柔軟性と適応性を重視しています。アジャイル チームは、日付を定めて完全なタイムラインを作成する代わりに、プロジェクトをより細かいイテレーション (スプリントとも呼ばれます) に分割します。スプリントの開始時に、チームは、今後 2 週間の間にプロジェクトの目標に基づいて作業を計画します。このスプリントが終われば、その実績と成果が次のスプリントの計画を作成するのに役立ちます。

ガント チャートは、1 つのタスクを変更すると計画や製品ロードマップにどのような影響が及ぶ可能性があるかを示せます。関係者のフィードバックがこの手法の大部分を占めるアジャイル チームにとっては、不可欠なものです。

ガント チャートの使い方

Jira Software には 2 つの異なるロードマップ機能があり、これらはそれぞれ焦点が若干異なります。Jira Roadmaps は単一のチームに割り当てられた作業を追跡するように、一方で Advanced Roadmaps は大規模な組織間のプロジェクト計画を対象として設計されています。

特定のプロジェクト専用のチャート- Jira Roadmaps

Jira Roadmaps の特定のプロジェクト専用ガント チャートのスクリーンショット | Atlassian アジャイル コーチ

上のスクリーンショットは Roadmaps から取得されたもので、特定のプロジェクト専用のガント チャートを示しています。このチャートは一般的に、チーム レベルで、または単一の部門内で使用されます。このチャートは、チームが目標に向かってどのように進んでいるかを示しており、折りたたみ可能な作業分解構造によって、プロジェクト マネージャーがプロジェクトの重要なストーリーを俯瞰できるようになります。

大まかな組織図 - Advanced Roadmaps

ロードマップは、チームが依存関係をより適切に管理して、全体像の進捗状況をリアルタイムで追跡する上で役に立つ、迅速かつ簡単な計画を提供します。これらのプロジェクトまたはチーム レベルのロードマップは、大規模な作業をチーム レベルで計画するときに役に立ちます。

複数のチームまたは組織全体にわたる作業の計画、管理、追跡の場合は、Advanced Roadmaps が大規模なチームを支援します

Jira Advanced Roadmaps のチーム間ワークフローのスクリーンショット

チーム間ワークフローを考慮して設計されているプログラムは、キャパシティ管理や自動スケジュール機能などのより高度なツールを提供して、より複雑なプランの作成を支援します。またこれらのプログラムにはさまざまなビュー設定も用意されており、ガント チャートをカスタマイズすると、プレゼンテーション時にプランについて特定の側面をアピールできます。

結論

Roadmaps と Advanced Roadmaps を備えた Jira Software のような最新のガント チャート ソフトウェアは、プロジェクト マネージャーや業界のリーダーが組織の目標達成を支援するために使用します。複雑なプロジェクトを計画したりプロジェクトの進捗を監視したりする場合でも、SAFe® のガイドラインによると、こうしたガント チャート ツールは拡張性があるだけでなく、ポートフォリオや大規模なソリューション、プログラム、チーム レベルにも適用できます。

RoadmapsAdvanced Roadmaps が次のプロジェクトを計画する上でどのように役立つかについては、詳細をご覧ください。それらを Jira Software Cloud の無料トライアルでお試しいただけます。