Close

Jira Automation

重要なことに集中し、その他のことは自動化に任せましょう。

Jira Automation

重要なことに集中し、その他のことは自動化に任せましょう。

どんなタスクやプロセスも数回のクリックで自動化

よりスマートに作業する

Automation に反復作業を任せてしまえば、チームは重要な業務に集中できます。

あらゆるユース ケースに対応

Jira での自動割り当てから、プロジェクトや製品間での作業の同期まで、可能性は無限です。

すぐに開始

自動化ルールは誰でも短時間で構築できます。当社が用意したさまざまなテンプレートから選択するだけで済み、コードを書く必要は無く、ボトルネックも発生しません。
Jira Automation の新しいトリガーのスクリーンショット
Jira Automation の新しいトリガーのスクリーンショット
Jira ノード - Jira を中心に、Bitbucket、Slack、Opsgenie を連携

自動化を使用して作業とツールを接続

Jira Automation は、Slack、Microsoft Teams、Bitbucket、GitHub などの慣れ親しんだツールと連携できます。Jira を基盤として活用し、理想の働き方を実現しましょう。


そのためのテンプレート

導入を支援する多数の自動化テンプレートに加えて、ガイドやビデオも用意されています。

David Yu の顔写真

「Jira Automation は必要不可欠なツールです。チームの時間を大幅に節約し、すべてのツールをまたいでシンプルかつ簡単に自動化を構築できます。」

DAVID YU
Jira Admin at Lyft
ダイアモンドと雲のイラスト

Jira Software Premium で大規模な自動化を実現

Jira Software Premium で利用可能なグローバル オートメーションを使用すると、多数のまたはすべてのプロジェクトにわたる自動化を可能にする 1 つのルールを作成できます。管理の手間を減らし、よりスマートに規模を拡大できます。

Advanced Roadmaps、sandbox、管理者インサイトなど、規模拡大を支援する拡張機能セットを、24 時間 365 日のサポートと 99.9% の SLA アップタイムで安心して活用できます。

管理者もチームも満足

あらゆるステップを見逃さない、信頼できるプロセスを構築できるため、チームも管理者も課題のアップデートで苦しむ必要がなくなります。満足しているチームは、生産性も高まります。

よくある質問

Automation とは何ですか? 詳細を表示 +
  

Automation とはコーディング不要のルールビルダーのことです。Jira のイベントをベースにして IFTTT (if-this-then-that) ルールを構築できます。

これにより、チームのプロセスを自動化して時間を節約し、Jira を最新の状態に保って重要なことに集中できます。

Automation はだれを対象にしていますか? 詳細を表示 +
  

Jira Automation は「コーディング不要な」機能であるため、数回クリックするだけでだれでもルールを構築できます。自動化ルールを作成できるのは、グローバル管理者またはプロジェクト管理者だけです。

Jira Cloud のすべてのユーザーが Automation を利用できますか? 詳細を表示 +
  

Automation は追加費用なしですべての Jira Cloud インスタンスに含まれますが、ご利用のプランに応じて利用制限を考慮する必要があります。グローバルプロジェクトルールおよびマルチプロジェクトルールで大規模に使う必要がある場合は、Jira Software Cloud Premium のトライアルをご利用ください。

単一プロジェクトのルールとグローバルルールの違いは何ですか? 詳細を表示 +
  

グローバルプロジェクトルールやマルチプロジェクトルールを使用すると、管理者は自動化を拡張できます。プロジェクトごとにルールを作成、編集しなくても、この機能を使用してルールを 1 つ作成すれば、インスタンス内の複数またはすべてのプロジェクトにこのルールを実行できます。

Jira Premium プランでは、複数のグローバルレベルルールおよびマルチプロジェクトレベルルールを実行して、さらに容易な拡張が可能です。

Automation はどこで利用できますか? 詳細を表示 +
  

現在はすべての Jira Cloud インスタンスにネイティブの機能として Automation が組み込まれています。Automation のセクションにはプロジェクト管理者およびグローバル管理者のみがアクセスできます。グローバルレベルでは、Jira メニューに [自動化ルール] として表示され、プロジェクト管理者レベルでは [プロジェクトの自動化] としてのみ表示されます。

解決の使用例としてどのようなものがありますか? 詳細を表示 +
  

Automation は全体的にカスタマイズが可能です。つまり要件がどのようなものであっても、それに応じてルールを設定できます。使用例を次に挙げます。

  • 最後のサブタスクをクローズしたときに、その親の課題をクローズする。
  • バグ修正がリリースされたときに、すべての課題をクローズして顧客に通知する。
  • 顧客が Jira Service Management で課題を登録したときに、Jira Software に課題のクローンを作成してエンジニアに割り当てる。

サンプルのルールテンプレートをインスタンスに用意してありますので、一般的な使用例であればすぐに開始できます。

Automation の詳細はどこで確認できますか? 詳細を表示 +
  

Automation についての便利なスタートガイドを用意しています。

Server および Data Center でも利用できますか? 詳細を表示 +
  

現段階では Server をご利用のお客様にはネイティブの機能として提供しておりませんが、Atlassian Marketplace から Automation for Jira アプリ (Server / Data Center) をご利用いただけます。