Close

アジャイル・プロジェクト計画テンプレート

アジャイル・プロジェクト計画テンプレートを使用すると、チームは柔軟なフレームワークであらゆるプロジェクトを計画し、管理できます。アジャイル手法に従って、多くの場合このようなテンプレートには、ビジュアル・ボード、ガント・チャートのタイムライン、カレンダー、関係者レポートを生成する機能が含まれています。

Jira Software でのカンバン プロジェクトのボード ビュー

アジャイル・プロジェクト計画テンプレートとは?

アジャイル・プロジェクト計画とは、反復的かつ継続的なデリバリーに焦点を当てたプロジェクト管理手法のことです。アジャイル・プロジェクト計画テンプレートは、スクラムカンバンDevOps などのアジャイル手法を使用して、チームがプロジェクト作業を整理、管理、追跡できるように事前設定されています。これらのテンプレートには通常、ビジュアル・ボード、バックログ、ガント・チャートのタイムラインなどが含まれています。


アジャイル・プロジェクト計画テンプレートを使用するメリット

アジャイル計画テンプレートは、事前作成されたスプレッドシートのように単純なものもあれば、複数のビューや機能を備えた専用のソフトウェア・プラットフォームのように複雑なものもあります。形式が異なっても、メリットは同じです。プロジェクト・マネージャーは、今後の締め切りとプロジェクトを完了するために必要な作業量を明確にして、チーム・メンバーは次のスプリントにどのような作業があるかを把握します。

アジャイル方式を使用してプロジェクト計画テンプレートを作成すると、次のように多くのメリットがあります。

品質の向上

アジャイル・プロジェクト計画テンプレートを使用するチームは、反復的なアプローチを活用して作業を遂行し、各サイクルでプロセスを改善します。継続的な改善を重視することで、チームは質の高い作業をより速いペースで提供できます。

コラボレーションの合理化

アジャイル手法は、部門を超えた作業の利点を強調しており、アジャイル・プロジェクト計画は、チームがより良いコラボレーションを促進することを可能にします。たとえば、カンバン・プロジェクト計画では、ビジュアル・ボードを使用して作業項目の進捗状況を追跡します。このボードはチームに共有スペースを提供し、ワークフローの非効率性を特定するのに役立ちます。また、進行中の作業や次の作業が可視化されます。

適応性

柔軟性と応答性は、アジャイル手法における 2 つの柱です。アジャイル・プロジェクト計画テンプレートを利用するチームは、新しい情報や進化するニーズが提示されたときに、迅速に方向転換できます。Jira のアジャイル・プロジェクト計画テンプレートは、計画の変更に応じてタスク、依存関係、締め切りを自動的に更新することで、動的なプロジェクト計画を促進します。

戦略的な作業の優先順位付け

アジャイル・プロジェクト計画テンプレートでは、チームによる作業の優先順位付けと管理方法についての戦略的な取り組みが奨励されます。たとえば、スクラム計画テンプレートを使用するチームは、多くの場合、スプリント、つまりチームが決められた数のタスクを完了することに同意する時間枠で区切られた期間で作業します。これにより、チームの集中力が維持され、より迅速な納品が可能になります。

注目の製品:

ソフトウェアチーム向け Jira

Jira は、作業の整理、管理、追跡において何百万もの優秀なアジャイル・チームから信頼されています。Jira は、ソフトウェア・チームと部門の枠を超えたパートナーの間のコミュニケーションを合理化し、より良いコラボレーションを実現します。チームは開発ライフサイクルのあらゆる段階でプロジェクトを簡単に追跡して、チーム・メンバーと関係者の足並みを揃えます。Jira のテンプレートを使用して、次のプロジェクトをすぐに開始しましょう。

ビジネス・チームにとっての Jira

Jira を使用すると、ビジネス・チームはプロジェクト管理のニーズに合わせてアジャイル原則を活用できます。Jira が組織全体でのコラボレーションのための共有プラットフォームとなることで、ソフトウェア開発チームとビジネス・オブジェクト・チームは、それぞれのユースケースに合わせて厳選されたツールを使用しながら、つながりを維持できます。

関連テンプレート

アジャイル・プロジェクト計画テンプレートの作成方法

1. 目標とプロジェクトのスコープを追加する Copy link to heading Copied! さらに表示
  

プロジェクトのスコープや、どのようなことを成功と見なすかについての明確な定義など、プロジェクトの目的と目標をすべてリストアップすることからテンプレートを開始します。たとえば、第 3 四半期に Web サイトのバウンス率を 10% 削減したり、次の四半期にウェブ訪問者全員のページ滞在時間を増やすといったことが目標に含まれる場合があります。

2. タイムラインの各段階を定義する Copy link to heading Copied! さらに表示
  

個別のタスクとその開始日および期限を追加すると、プロジェクトの納期が明確になります。プロジェクトの完了予定日を示すだけでなく、これらの項目に締め切りを設けることで、仕事に勢いを与え、チームが物事を成し遂げる意欲を高めることができます。

3. マイルストーンと締め切りに注意する Copy link to heading Copied! さらに表示
  

プロジェクトのタイムラインの重要なマイルストーンをすべて記録し、関係者のフィードバックをこれらのイベントに取り入れます。マイルストーンは、プロジェクト完了までの重要な道しるべであり、作業における重要な段階の完了を示すことができます。

4. 重要な詳細を含める Copy link to heading Copied! さらに表示
  

プロジェクトの関係者の名前、依存関係、予算情報、成果物など、プロジェクトの詳細をすべて記録します。

5. 補足資料を盛り込む Copy link to heading Copied! さらに表示
  

プロジェクトに関連する補足資料をテンプレートに含め、関係者がすべての関連情報にアクセスできるようにします。

Jira を使う準備はできましたか?