Close

5 つの Why 分析

表面的な症状より深く分析して、仮定に基づく行動を避けます。チームとして問題の根本原因を明らかにします。

鉛筆のアイコン
準備時間
5 分
ストップウォッチのアイコン
実行時間
30 - 60 分
つながった人々のアイコン
人数
3 - 8 名
5 つのボックスの周囲に浮いている人々

5 つの Why 分析

表面的な症状より深く分析して、仮定に基づく行動を避けます。チームとして問題の根本原因を明らかにします。

5 つのボックスの周囲に浮いている人々
鉛筆
準備時間
5 分
ストップウォッチのアイコン
実行時間
30 - 60 分
つながった人々のアイコン
人数
3 - 8 名

5 つの Why 分析

表面的な症状より深く分析して、仮定に基づく行動を避けます。チームとして問題の根本原因を明らかにします。

鉛筆のアイコン
準備時間
5 分
ストップウォッチのアイコン
実行時間
30 - 60 分
つながった人々のアイコン
人数
3 - 8 名
5 つのボックスの周囲に浮いている人々

5 つの Why 分析の実践

このソフトウェア チームは Confluence を使用して、カスタマー サポート コール増加の根本原因を探ります。

非営利チームは Trello を使用して、デジタル募金キャンペーンが目標を達成できなかった理由を見つけます。

経営陣は Miro を利用して、採用した新しい CTO がなぜ会社に合わないのかを調べます。

前提条件

リモート

画面共有を使用したビデオ会議

デジタル コラボレーション ツール (テンプレートを参照)

対面

ホワイトボード

マーカー

タイマー

オプションのテンプレート

アトラシアンテンプレート
その他のテンプレート

このプレイを実行するための手順説明

1. 準備 5 分

問題の説明を用意します。これはチームが現在直面しているもの、あるいは過去に起こったことで対処が必要なものでも構いません。

リモート チームの場合は、コラボレーション ドキュメント (上記のオプションのテンプレートを参照) を作成して、前もってチームと共有します。

対面チームの場合は、ホワイトボードで次の列にラベルを付けます。

問題の説明 1

問題の説明 2

問題の説明 3

問題の説明 4

問題の説明 5

どのように解決できるでしょうか?

2. 準備を整える 5 分

ミーティングの開始時に、以下のことをチームに通知します。

  • 問題を掘り下げて、根本まで理解する。
  • ここは探求の場であり、非難する場ではない。
ヒント: 常に好奇心を保つ

5 つの Whys 分析のプレイは、好奇心や失敗から学ぶことを促す文化には最も効果があります。このような環境では、人を非難するような状況にはなりません。

3. ブレーンストーミング 5 分

最初の問題の説明では、チームになぜそれが発生したかを質問します。

タイマーを 5 分に設定します。コラボレーション ドキュメントまたはホワイトボードに、チームで答えを出し合います。

ヒント: 質問の方法を変える
  • 何が原因で [問題] が起きたのか?
  • 何が [問題] につながったのか?
  • その [問題] が起きたときはどういう状態だったのか?
  • 何がその [問題] に影響したのか?

4. 選択 1 分

チームとして、次の問題の説明に進む前にいずれかの回答を選択します。最初の問題の説明にこれを置き換えます。

ヒント: 評決を採る

次に進む問題の説明の評決を採ります。Trello の投票用 Power-Up を使用するか、各メンバーに説明から 1 つを選択してもらいます。

5. 繰り返し 25 分

ステップ 3 と 4 を 5 回繰り返して、「Why」をすべて質問します。

ヒント: 5、6、7、 8 つの「Why」

それでも深く掘り下げられない場合は、根本原因をある程度まで掴めたとチーム全員が同意するまで「Why」を質問し続けます。

6. 解決策の提案 10 分

ある程度までの根本原因を突き止めたら、チーム メンバーに最終的な問題の説明に対する解決策を提案してもらいます。検討する解決策を 1 つ 2 つ選択してその解決策にそれぞれ所有者を割り当て、所有者がチームに説明するタイミングを設定します。


フォローアップ

すべてのメモを取る

チーム全員が目にする場所にセッションのメモを貼ります。

追跡する

問題の説明を作業項目として、Jira や Trello などのチームの作業ボードに追加します。

確認する

決められた時間に、必ず提案した解決策の進捗を確認します。

その他のパターン

ブレークアウト

最初のブレーンストーミングのステップの後、1 つの問題の説明を評決するのではなく、問題の説明ごとに小グループのチームに分かれます。その後、各チームで残りのプレイに従って、それぞれのチームで最終的な根本原因を確認します。


人の集団のイラスト

その他のご質問がある場合は、

他の Atlassian Team Playbook のユーザーと会話を開始したり、サポートを受けたり、フィードバックを提供したりできます。

その他のご質問がある場合は、

他の Atlassian Team Playbook のユーザーと会話を開始したり、サポートを受けたり、フィードバックを提供したりできます。

他のプレイを確認する

ニュースレター登録のイラスト
ニュースレター登録のイラスト

私たちのチームからあなたのチームへ

毎月のニュースレターで最新のプレイ、ヒント、コツについて最新情報を入手できます。

Thanks!