Close

エレベーターピッチ

プロジェクトの概要を作成して、エレベーターに乗っている時間内に伝えられるほどに簡潔に説明します。

鉛筆のアイコン
準備時間
5 分
ストップウォッチのアイコン
実行時間
60 分
つながった人々のアイコン
人数
3 - 11 名
ボードの前で話している人

エレベーターピッチ

プロジェクトの概要を作成して、エレベーターに乗っている時間内に伝えられるほどに簡潔に説明します。

ボードの前で話している人
鉛筆
準備時間
5 分
ストップウォッチのアイコン
実行時間
60 分
つながった人々のアイコン
人数
3 - 11 名

エレベーターピッチ

プロジェクトの概要を作成して、エレベーターに乗っている時間内に伝えられるほどに簡潔に説明します。

鉛筆のアイコン
準備時間
5 分
ストップウォッチのアイコン
実行時間
60 分
つながった人々のアイコン
人数
3 - 11 名
ボードの前で話している人

エレベーター ピッチの実践

このアプリ開発者チームは、Trello を使って新しいゲームのためにエレベーター ピッチで作業します。

これらの飲料ブランドのマーケティング担当者は、Zoom で会議をして Confluence でエレベーター ピッチ プレイ セッションをキャプチャします。

このチームは直接会って、新しい近所のレストランについてエレベーター ピッチで作業しました。

前提条件

リモート

画面共有を使用したビデオ会議

デジタル コラボレーション ツール (テンプレートを参照)

対面

ミーティング スペース

ホワイトボードまたは大きな用紙

マーカー

タイマー

オプションのテンプレート

アトラシアンテンプレート

このプレイを実行するための手順説明

1. 準備 5 分

リモート チームの場合は、Trello ボードや Confluence ページなど、コラボレーション ドキュメントを作成することから始めます。必要に応じて、提供されたテンプレートを使用したり独自のテンプレートを作成したりできます。

対面チームの場合は、ホワイトボードや大きな用紙を探して、会議室に付箋やマーカーを用意します。次の見出しを使用して、ボードまたは用紙に列を 5 つまで設定します。

  • [顧客ニーズ] を必要とする
  • [ターゲット顧客のタイプ] として
  • [製品/フィーチャー/サービス]
  • は、[マーケットのカテゴリ] において
  • [主なメリット] をもたらします。

市場調査、顧客からのフィードバック、顧客インタビューなど、製品の必要性を検証する情報がある場合は、事前にチームと資料を共有してください。

ヒント: チームのピッチ

従来のエレベーター ピッチが適用されない場合は、次のようなバリエーションでチームに合わせてカスタマイズしてください。

[誰が (Who)]、[何を (What)]、[なぜ (Why)]

私が [クライアント] なら、[サービス] を実行することで [結果] をもたらせる。

2. 準備を整える 5 分

セッションの開始時に、以下のことをチームに通知します。

  • これは空欄を埋める質問の演習です。
  • 顧客が誰で、何を必要とし、私たちのプロジェクトがどのようにそのニーズを満たすかに焦点を当てていきます。
  • プロジェクトの価値を簡潔に明確にするために、プロジェクトの目的に合わせることが私たちの目標です。

3. 空白を埋める 10 分

コラボレーション ドキュメントで、またはボードや紙に付箋を貼って、括弧内の情報を埋めるためのアイデアを追加するように全員に依頼します。

ヒント: 最少は最大

アイデアはできるだけ短くします。演習を、空欄を埋める質問ゲームのようなものと考えてください。

4. 投票する 5 分

チームに、プロジェクトの目的を最もよく表すアイデアに列ごとに 1 票ずつ投票してもらいます。

ヒント: POWER UP

Trello の投票用 Power-Up を試して、ボード上の投票を有効にするか、コメントに +1 を追加するように出席者に依頼します。

ヒント: 丸を付けて投票する

対面チームの場合、投票の意思を表すため、各自投票する付箋に丸を付けてもらいます。

5. 議論する 20 分

すべての投票が完了したら、最も投票数の多いカードを使用して「[ニーズ/要求] を必要とする [ターゲット顧客のタイプ] に、[製品/フィーチャー/サービス] は、[マーケットのカテゴリ] において [主なメリット] をもたらします」というフレーズを完成させます。

チームとして、最も投票されたカードが、指定された形式でプロジェクトの価値を取り入れているか、変更を加える必要があるかどうかを決定します。

6. 最終ピッチ 5 分

最終エレベーター ピッチを文書化します。チームとして、製品、フィーチャー、サービスの価値を可能な限り簡潔に取り入れていることを確認します。

ピッチ フォーム
例: ピッチ

さまざまなチームや製品からの最終エレベーター ピッチ。


フォローアップ

保存する

エレベーター ピッチは、チームや関係者が簡単に見つけられる場所に保存してください。

共有する

チームの Confluence ホーム ページや共有物理ワークスペースにエレベーター ピッチを追加してみて、興味のある人にプロジェクトの目的が一目でわかる情報を提供しましょう。

エレベーターに戻る

プロジェクトの詳細でチームが迷っている場合は、エレベーター ピッチを振り返ってプロジェクト全体の目的を見直します。

その他のパターン

チーム ピッチ

各チーム メンバーに自分のエレベーター ピッチをチームに売り込ませて、顧客の価値を最もよく捉えているピッチに投票します。

測定

チームメイトに投票の代わりに、顧客の価値、リスク、市場性などの基準に基づいて、各アイデアを評価してもらいます。エレベーター ピッチで全体として最高点を獲得したアイデアを採用します。

人の集団のイラスト

その他のご質問がある場合は、

他の Atlassian Team Playbook のユーザーと会話を開始したり、サポートを受けたり、フィードバックを提供したりできます。

その他のご質問がある場合は、

他の Atlassian Team Playbook のユーザーと会話を開始したり、サポートを受けたり、フィードバックを提供したりできます。

他のプレイを確認する

ニュースレター登録のイラスト
ニュースレター登録のイラスト

私たちのチームからあなたのチームへ

毎月のニュースレターで最新のプレイ、ヒント、コツについて最新情報を入手できます。

Thanks!