Close

エレベーターピッチ


エレベーターピッチのテンプレートは、プロジェクトまたはフィーチャーの存在理由を示す単純明快な説明を作成するのに役立ちます。エレベーターに乗っている間に説明できるほど短くまとめられています。

このプレイの目的

チームのプロジェクトや業務、顧客に提供する価値について一貫性のあるシンプルな説明を付けます。

ヘルスモニターで、共通認識ワンページャーサービス指示書の改善に取り組んでいる場合は、このプレイを実行すると役立つでしょう。

詳細を見る
なぜこれが必要なのか

想像してみてください。あなたは遅くまで働き、疲れ果てて、すでにバスにも乗り遅れ、とにかく帰宅したいと思っています。エレベーターのドアが開き、CEO が乗り込んできました。「よし。チャンスが来た」とあなたはひそかに考えました。今こそ有能さをアピールできるときです。

CEO が尋ねます。「やあ、今日はどうだった?」

「すばらしい 1 日でした。少し疲れましたが、順調です」とあなたは答えます。

「きみの担当業務は?」

今日 1 日で起きた無数のできごとが頭の中を駆け巡ります。この複雑な内容をどう整理して、20 秒以内で概要を説明すればよいのでしょうか?

エレベーターピッチを作っておけばよかったと、痛感したことでしょう。

エレベーターピッチを作成すると、上司の上司の上司の前で有能さをアピールできるだけでなく、チームで共通認識が確立され、業務の目的や理由について合意を形成できます。

誰に参加してもらうべきか

このアクティビティにはチーム全員を集めましょう。

ユーザーのチーム
スタッフ

4 ~ 8 人

時計
所要時間

1 時間

難易度: 中
難易度

プレイの実施

ミーティングの招待状に以下のエレベーターピッチのテンプレートを加えて、チームメンバーに空欄を埋めるためのアイデアを考えてきてもらいます。これは MadLibs™ のようなものですが、あくまでも仕事です。

資料

付箋

マーカー

メモを貼るためのホワイトボードまたは壁

タイマー

びっくりチキン

ステップ 1

エレベーターピッチのテンプレートの説明 (5 分)

[製品/フィーチャー] は、[ニーズ/要求] を必要とする [ターゲット顧客のタイプ] に、[マーケットのカテゴリー] において [主なメリット] をもたらします。

このセッションの目標は、チームの業務と解決すべき問題を 1 行で見事に説明できる文を考え出すことだと、チームに念を押してください。付箋と、ペンまたはマーカーを渡します。

ステップ 2

エレベーターピッチを多数書き出していく (15 分)

各自で (8 人以上のグループの場合は 2 人 1 組で) 空欄ごとに 1 枚の付箋を使って、テンプレートの空欄を埋めます。ここでは不正解はありません。アイデアをどんどん出してください。なにかひらめいたら、エレベーターピッチを数種類、自由に作ってみましょう。

注: これはビジョンとは異なり、もっと狭い範囲で考えます。エレベーターピッチは、販売されているその他の製品やサービスと比較して、自社の製品やサービスが顧客にどのような価値をもたらすかを明確に示す方法です。

ヒント

「主なメリット」では、顧客や所属組織に提供できる測定可能な価値は何かを考えます。製品、プロジェクト、またはサービスの独自の価値提案を取り入れてください。

ステップ 3

チームの前でピッチを発表する (10 分)

各チームメンバー (またはグループ) にそれぞれのピッチを順番に発表してもらいます。

チームまたは組織固有の専門用語や略語を使用しないよう注意してください。

ステップ 4

議論および投票する (20 分)

空欄ごとにさらに詳しく見ていきます。お互いに反対意見を挙げて、最も強く響くフレーズについて話し合います。次に、全員にマーカーを配り、空欄ごとにお気に入りの付箋紙に丸を付けて投票してもらいます。

ヒント

単なるフィーチャーや特長の説明ではなく、誰もがフィーチャー、マーケットカテゴリ、およびメリットの違いを理解できるようにしてください。そうすれば、独自の価値提案を表現できます。

ステップ 5

1 つの文にまとめる (10 分)

投票とメッセージを集計し、各空欄で最も得票数の多い付箋を使ってピッチを 1 つの文にまとめます。

なかなか合意に達しない場合は、さらに詳しく検討します。チームの各メンバーに、次の内容について考えてもらいます。

  • 製品、プロジェクト、機能が存在しなかったらどうなりますか? 他社はやっていないが、自社はやっていることは何ですか?
  • この製品、プロジェクト、機能がなかったら、自社 (組織) は何を失いますか?
  • 困ったり、影響を受けたりするのは誰ですか? 自社のユーザーまたは顧客は誰ですか?
不適切なパターン

チームの「業務内容」だけを答えます。

必ず、「誰」(顧客は誰か)、「なぜ」(チームやプロジェクトの存在理由) に回答し、提供するメリットを明確に説明します。

成果の確認

チームでヘルスモニターセッションをすべて通しで、またはチェックポイントを実施して、改善しているかどうかを確認してみましょう。

その他のパターン

コンペ形式にする

ステップ 2 で異なるエレベーターピッチを定義したら、1 ドルを所有するプロジェクトスポンサーに両方のピッチを披露します。スポンサーはどちらかのピッチに 1 ドルを出します。

フォローアップ

エレベーターピッチが完成したら、その後のプロジェクトのコミュニケーションではこのピッチを使用します。プロジェクトポスターのトップに追加し、エンドツーエンドのデモの開始時に伝えます。

テストするのも忘れないようにしてください。エレベーターに乗り、あちこちで試してみましょう。そうすればエレベーターピッチを暗記でき、次回 CEO がチームの業務について尋ねてきても、しっかりと答えられるようになるでしょう。

プレイブックがもっと必要ですか?

下のボックスにメールアドレスを入力すると新しいヘルスモニターやプレイが追加されたときに通知が送られます。

Thanks! Now get back to work.

フィードバックを受け取りましたか?

アトラシアンコミュニティサイトで質問やコメントをしてください。