Close

エクスペリエンスキャンバス


エクスペリエンスキャンバスは従来の効率的なキャンバスから発想を得たもので、プロジェクトで解決しようとしている問題、そのターゲット顧客、成功の基準を明確にします。

このプレイの目的

作業が、ユーザー志向で、技術的に正常に機能し、ビジネスにとって意義のあるものであることを確認します。

ヘルス モニター共通認識価値と指標ワンページャー概念実証の改善に取り組んでいる場合は、このプレイを実行すると役立つでしょう。

詳細を見る
なぜこれが必要なのか

難しい問題を解決することは、当然難しいものです。プロジェクトの関係者を満足させるのも大変です。しかし社内であれ社外であれ、一番難しいのは顧客です。多くの場合、複数の顧客やペルソナを考慮に入れる必要があるため、ポイントがさらに曖昧になります。

問題を自分の目で確認できる体系化された方法がなければ、ソリューションの兆候に気付かないおそれがあります。さらに悪いことに、リリースするまでそれに気付かないかもしれません。

そこで、エクスペリエンスキャンバスの登場です。これは顧客のニーズやエクスペリエンスについて検討し、検討しているソリューションが実効性がある (かつ価値がある) かを確認するためのフレームワークです。エクスペリエンスキャンバスは、すぐに終わる簡単なアクティビティではありません。しかし対処しようとしている問題も、すぐに解決できる簡単なものではありません。複雑なプロジェクトでは、時間をかけるだけの価値があります。

誰に参加してもらうべきか

このアクティビティは、さまざまなスキルセットを持つ専門家の力を借りることで大きなメリットを得られます。関係者とプロジェクトチームメンバーを招待する際には、この点を念頭に置いてください。推奨:

  • プロジェクトのフルタイムオーナー
  • プロジェクトのスポンサー (存在する場合)
  • 重要と思われる各分野から選んだ担当者
  • プロジェクトに取り組むさまざまな部門の担当者
ユーザーのチーム
スタッフ

3 ~ 6 人

鉛筆のアイコン
準備時間

15 分

時計
所要時間

100 分

難易度: 高
難易度

難易度: 低
ダウンロード

プレイの実施

エクスペリエンスキャンバスを効率的に保つためには、検証する仮説を頭の中で描き、事前に下調べを行ってください。セッションを最大限に活用するには、あらかじめ簡単な調査を済ませておきます。

準備物

ホワイトボード

マーカー

付箋紙

エクスペリエンスキャンバスのテンプレート (Confluence Server または Confluence Cloud 用)

タイマー

ゴム製のニワトリのおもちゃ

準備

調査結果をまとめる (15 分)

問題に関する大まかな仮説を導き出すに至った調査や研究のデータを集めます。必要に応じて、資料やヒントになりそうな参考事例を印刷しておきます。

全員が集まる前に、ホワイトボードにキャンバスを描き、記入できる十分なスペースを残しておきます。セッションの結果を記録できるように、Confluence エクスペリエンスキャンバスブループリントを使用してページを作成し、プロジェクトスペースに移動します。

Confluence を使用していなくても問題ありません。エクスペリエンス キャンバスのテンプレート PDF をダウンロードしてください。

ステップ 1

準備する (5 分)

ワークショップの参加者に迎え入れ、セッションに取り組むうえでのルールを説明します。たとえば、ここに傍観者はいません。全員が参加者です。問題そのものと大まかなソリューションに集中してください (まだ細かい内容を気にする必要はありません)。常に顧客を中心に考えてください、といった説明です。

ヒント
ヒント

エクスペリエンスキャンバスのワークショップは、オフサイトで一部のチームメンバーで実施します。

ステップ 2

キャンバスを作成する (90 分)

1 ステップで表現できることはまずありません。かなり盛りだくさんの内容になるはずです。

一番上に仮説を記入し、キャンバスの各エリアについて (ほぼ) 順番どおりに作業します。時間に注意してアクティビティを進行させる進行役を指名するとよいでしょう。

作業を進めながら定期的に中断し、すでに記入したエリアについて、まだ発表していない新しいアイデアやインサイトに基づいて調整すべきかどうか、グループに質問してください。このアクティビティは、ガターしないようにバンパー レーンを使うボウリングのようなものです。キャンバスの各エリアは集中するためのガードレールとして機能し、最終的にいくつかピンを倒すまでそのレールの間をぶつかりながら進んでいきます。その過程で編集と選別を行うことで、キャンバスを効率的に保てます。

コンテンツ検索
サンプル

AUG チームが作業したエクスペリエンス キャンバスをご紹介します。

ステップ 3

次のステップを特定する (5 分)

チームが MVE (最低限必要なエクスペリエンス) を提供し、仮説をテストするために必要なステップを記述し、オーナーを割り当てます。必ず各ステップの期限を記入し、プロジェクトが停滞しないようにします。せっかく完成したすばらしいエクスペリエンスキャンバスを「棚ざらし」にしないようにしてください。

ヒント
ヒント

1 回のセッションでキャンバス全体を仕上げようと焦らないでください。それでは結局、収穫の少ないプロセスになってしまいます。1 週間かけることもあれば、さらにそれを反復することもあります。

成果の確認

チームでヘルスモニターセッションをすべて通しで、またはチェックポイントを実施して、改善しているかどうかを確認してみましょう。

その他のパターン

リーダーシップチーム

このプレイも、チームレベルではなくリーダーシップレベルで検討してください。どのような戦略的仮説をテストしますか。何に大きなリスクを取りますか。組織内の他のチームについても考慮してください。自分が楽になるように最適化するのは非常に簡単ですが、知らないうちに他の人やチームに複雑なことを押しつけて、システム全体がうまく回らなくなるおそれがあります。他のチームもシステムの一部と考えて、必ず考慮に入れてください。目標は、他のチームとうまく調和して機能することです。

サービスチーム

サービスに関する特定の問題が頻発しているときに、エクスペリエンスキャンバスプレイを実施します。チームのサービス指示書でカスタマーサポートに関する特定の問題を扱っていても、別のタイプの問題を扱う必要もあるかもしれません。毎回新たな問題を解決するのではなく、対処療法ではなく、再発しないような解決方法を考えましょう。たとえば、サービスの運営方法についてちょっとした改善策を思い付くかもしれません (まったく新しいサービスをリリースするプロジェクトが浮上する可能性もあります)。

フォローアップ

セッションの終了後、関係者リストの全員にすぐ連絡を取ります。そうすればプロジェクトにできるだけ関心を持ってもらうことができます。プロジェクトの進行に応じて相談する必要がある人は特に重要です。誰かに時間を割いてほしいとき、既にかなり協力したからと断られるのはつらいものです。

エクスペリエンスキャンバスが完成したら、ジャーニーマッピングプレイを実行すると、各タッチポイントで顧客がソリューションとどう関わるのかをよく理解できます。

この著作物「エクスペリエンスキャンバス」は、strategyzer.com の「Business Model Canvas」から派生したものであり CC BY-SA 3.0 の下で使用しています。この「エクスペリエンスキャンバス」はCC BY-SA 3.0の下、アトラシアンによってライセンスが提供されています。

プレイブックがもっと必要ですか?

下のボックスにメールアドレスを入力すると新しいヘルスモニターやプレイが追加された時に通知が送られます。

Thanks! Now get back to work.

フィードバックを受け取りましたか?

アトラシアンコミュニティサイトで質問やコメントをしてください。