アジャイルとリーンのプロジェクト管理の比較:どのように違うのか?

Atlassian 作成者 Atlassian
トピック一覧

プロジェクト管理手法のアジャイルとリーンで悩んだことはありますか?もしあるのなら、それはあなただけではありません。

多くのプロジェクト・マネージャーは、どのアプローチが効率を最大化し、顧客に価値をもたらすのか、判断に迷っています。

トヨタ生産方式に根ざしたリーン・プロジェクト管理は、無駄の削減とプロセスの合理化に重点を置いています。この方法は製造業でよく採用されていますが、ソフトウェア開発や他の分野でも使用されています。一方、アジャイルは柔軟性と適応性がすべてです。マネージャーは、変化する顧客のニーズに迅速に対応するために、ソフトウェア開発にこれを採用することが多いです。

どのアプローチがプロジェクトやチームのニーズに最も適しているかを判断する前に、それぞれの基本原則を理解することが重要です。

この記事では、リーンとアジャイルのプロジェクト管理手法の違いを分析し、プロジェクト・マネージャーがどのアプローチを使用するかを決定するのに役立つインサイトを提供します。

リーン プロジェクト管理とは?

リーン・プロジェクト管理は、運用を強化し、無駄を減らし、コスト効率、品質、市場投入までのスピードという点で明確な価値をもたらします。これは、主に運用の改善と顧客の満足に焦点を当てています。この方法は、継続的な改善、つまりボトルネックの特定、冗長性の排除、チーム・メンバーの目標と包括的なプロジェクト目標の調整を含むプラクティスの文化を育みます。

リーン・プロジェクト管理は反復的なアプローチに重点を置いています。現在の顧客のニーズを満たすだけでなく、将来の需要も予測します。これは、特定の価値を提供するための長期的な取り組みを示します。

リーン・プロジェクト管理の組織目標は、多くの場合、リーン・ポートフォリオ管理と一致します。後者はリーンの原則を適用して、会社全体で複数のプロジェクトを戦略的に管理します。

アジャイル・プロジェクト管理とは

アジャイル・プロジェクト管理は、顧客とのコラボレーションに重点を置いた、反復的かつ段階的な手法です。複雑で急速に変化するソフトウェア開発プロジェクトに特に適しています。

アジャイルは、従来のプロジェクト管理モデルとは異なります。これにより、プロジェクトのライフサイクル全体を通じて迅速な調整が可能になります。これは、顧客からのフィードバックや技術の進歩によって要件が急速に変化する可能性がある環境で、DevOps などのソフトウェア開発アプローチにおいて特に有益です。

アジャイル・フレームワークでは、スクラムカンバンという 2 つの主要な手法を活用します。

スクラムは、チームが変化する要件に迅速に適応しなければならない環境に適しています。作業を小さく、管理しやすいスプリントに分割します。各スプリントは 2 週間から 4 週間で完了し、特定の目標を達成することを目指しています。

Jira Software には、スプリントを効果的に管理するのに役立つ包括的なスクラム・テンプレートが含まれています。

カンバンは、多様な作業環境で最も効果的に機能します。スクラムほど構造化されてはいませんが、複雑性と優先度に基づいて項目を管理します。この手法は、チームがタスクの開始から完了までのワークフロー全体を視覚化するのに役立ちます。進行中の作業に制限を課すことで、カンバンはタスクを効率的に完了させ、継続的なデリバリーの文化を育みます。これを容易にするために、Jira Software にはワークフロー管理を最適化するために設計された専用のカンバン・テンプレートが用意されています。

リーンとアジャイルの違い

プロジェクト管理手法の世界をうまく渡っていくのは難しいものです。チームにとって効果的なプロジェクト管理アプローチとして、アジャイルとリーンのどちらかを情報に基づいて選択するには、アジャイルとリーンの微妙な違いを理解することが重要です。

このセクションでは、アジャイルとリーンのプロジェクト管理手法の重要な違いに焦点を当てます。

目的

リーンの基本原則には、無駄の削減とプロセスの改善が含まれます。プロセスを最適化して、会社全体に最大の価値をもたらすことを目的としています。

アジャイルは、顧客満足度に焦点を当てています。変化する要件に迅速に適応し、反復サイクルを通じて価値ある機能を顧客に提供することを目的としています。

プロジェクト・アプローチ

リーンは、プロジェクトのライフサイクル全体を合理化することを目指しています。リーン・プロジェクト管理では、その重要な原則を通じて、総合的なアプローチを採用しています。効率を高め、顧客に価値をもたらすためのプロセス改善に焦点を当てています。

アジャイルは、スクラムやカンバン・ボードなどのフレームワークを使用してタスクやチーム・メンバーを管理する、反復的な開発サイクルと顧客との緊密なコラボレーションに重点を置いています。

チーム構造

リーン手法の基礎となるのは、部門横断型チームです。チームがコラボレーションして会社全体のプロセス改善を実現し、幅広い組織的効果を目指します。

対照的に、アジャイル・チームは多くの場合、特定のプロジェクトに焦点を当て、反復サイクルで運営します。セットアップは顧客の意見やニーズに応じてすばやく変更されるので、ソリューションを迅速かつ簡単に作成してローンチすることができます。

リーンとアジャイルを比較するときは、それぞれのチーム構造が会社の目標とどのように一致しているかを評価します。

プロジェクト・タイムライン

リーンは決まったタイムラインに従うのではなく、継続的かつ段階的な改善を目指しています。このタイムラインに対するアプローチは順応性があり、予測不可能です。プロジェクトの管理には柔軟性がありますが、長期目標に焦点を当てるためには追加の監視が必要になる場合があります。

アジャイルはほとんどの場合、通常 1 週間から 4 週間の固定期間のスプリント内で運営されます。この構造により、チームは作業に優先順位を付け、段階的な価値を提供し、関係者のフィードバックに基づいて迅速に適応できます。したがって、タイムラインは明確に定義されており、予測可能です。

パフォーマンス トラッキング

リーンは全体的なプロセス効率と顧客価値の測定に重点を置いていますが、アジャイルはスプリントの指標と個人のパフォーマンスに焦点を当てています。

リーン・パフォーマンス・トラッキングは、継続的な改善と顧客満足度を重視し、個々のタスクがより幅広い目標にどのように貢献するかを評価します。このパフォーマンス・トラッキングの焦点は、リーン手法の核となる原則と一致しています。

これは、アジャイルとリーンのどちらかを選ぶときにも重要になる場合があります。会社が効率性と顧客価値の包括的な見解を重視するなら、リーンが効果的な手法である可能性があります。

最終的には、どちらの手法にもメリットがあります。ただし、アジャイルとリーンのどちらを選ぶかは、あなたのニーズとプロジェクトの性質によって決まります。

リーンとアジャイルの類似点

リーンとアジャイルのプロジェクト管理手法には違いがありますが、いくつかの共通点もあります。このセクションでは、リーンとアジャイルの主な類似点を詳しく見ていきます。

顧客中心のアプローチ

リーン手法とアジャイル手法は、どちらも顧客を優先します。

リーンはプロセスを改善し、無駄を省くことで顧客に価値をもたらします。アジャイルは、顧客からのフィードバックに基づいて小さな段階的な変更を行うことで、顧客満足度に重点を置いています。

方法は異なりますが、目標は同じです。顧客の期待に応える、または期待を上回る製品やサービスを提供することです。

継続的改善

リーン手法とアジャイル手法は、どちらも継続的な改善に取り組んでいます。

リーンは体系的なアプローチを採用して非効率な部分を特定し、無駄をなくします。アジャイルは反復サイクルを活用して、定期的な評価と調整を可能にします。

これらの手法は、チームが各プロジェクト・フェーズから学び、パフォーマンスと顧客満足度を高めるためにデータ主導の意思決定を行うよう促します。

柔軟性

リーン手法とアジャイル手法は、変化に迅速に対応する柔軟性に依存しています。リーンは無駄を排除してより効率的なワークフローを作成するのに対し、アジャイルは顧客のニーズを満たす適応性を重視しています。

どちらの方法でも、プロジェクト・マネージャーは必要に応じて方向転換できます。この適応性は、今日のペースの速いビジネス環境において非常に重要です。

無駄を最小限に抑える

リーン手法とアジャイル手法では、さまざまな方法で無駄を最小限に抑えることを優先しています。リーンはプロセスを合理化し、時間やリソースなどプロジェクトのあらゆる面で無駄を排除します。無駄を最小限に抑えるよう明示的に設計されてはいませんが、アジャイルは反復サイクルとフィードバック・ループを通じてこれを実現しています。

プロジェクト・マネージャーはこれらの手法を活用して、効率的で無駄のないプロジェクト・プロセスを作成し、コストを削減し、顧客満足度を高められます。

 

リーン (Lean)

アジャイル

ソース

リーン (Lean)

1950 年代、日本におけるトヨタの生産技術が起源

アジャイル

1990 年代後半、従来のソフトウェア開発手法への対応として登場

原則

リーン (Lean)

継続的な改善と無駄の削減に焦点を当てる。生産原則から派生。

アジャイル

柔軟性、顧客とのコラボレーション、早期デリバリーを重視したアジャイル・マニフェストを基本とする。

重点

リーン (Lean)

製品の品質と業務効率の向上を目指す

アジャイル

顧客満足度と価値ある機能の提供を重視する

スコープ

リーン (Lean)

小規模ロットや連続フロー・システムに最適

アジャイル

段階的な進捗に焦点を当てた、小規模から大規模のプロジェクトに適用可能

アプローチ

リーン (Lean)

継続的な調査と適応をサポート。動的な変化に対する柔軟性が低い

アジャイル

継続的な反復アプローチを採用。変化への適応性が高い

製品の種類

リーン (Lean)

効率と無駄の削減が重要なワークフローとプロセスの最適化ソフトウェアに最適

アジャイル

ユーザー・フィードバックに基づいて迅速なイテレーションを必要とする消費者向けのアプリケーションやプラットフォームに最適

Jira でのプロジェクト管理

プロジェクト管理に適したツールを選ぶことは重要です。Jira Software は、リーンやアジャイルなどのさまざまな手法に対応する汎用性の高いプラットフォームとして優れています。

アジャイル環境では、スプリント計画と課題追跡のための構造化されたフレームワークが提供されます。これにより、急速な変化と顧客からのフィードバックに対する総合的な環境が作り出されます。リーン・チームの場合、このプラットフォームはリアルタイムのコラボレーションとプロジェクトの視覚化を促進し、非効率な点を迅速に特定して解決し、継続的な改善に役立ちます。

手法ではありませんが、DevOps はコミュニケーションを強化してワークフローを自動化するための統合プラットフォームとして機能する Jira とも互換性があります。

Jira Software であなたのニーズが満たされない場合は、Jira Align を検討してください。このツールを使用すると、複数のチーム全体でのバリュー・ストリームを確認し、プロセス・フローを自動化し、作業をビジネス目標に沿ったものにすることができます。

Jira Align を使用すると、投資を追跡し、業務を合理化し、障害を特定し、継続的に価値を提供できます。この機能豊富なツールを追加することで、どのようなプロジェクト管理アプローチを使用する場合でも、Jira は欠かせないものになります。

リーンとアジャイル:よくある質問

ビジネスに適したアプローチはどのように選択しますか?

ビジネスに最適なアプローチは、いくつかの要因によって決まります。これらには、目標、プロジェクトの性質、チームの専門知識が含まれます。

迅速なデリバリーと顧客からのフィードバックに焦点を当てるには、アジャイルが最良の選択であるかもしれません。無駄を減らして効率を上げるには、リーンがより良い選択肢かもしれません。決定を下す前に、必ずニーズと制約を評価してください。

DevOps の原則はリーンとどのように違いますか?

DevOps ガイドにあるように、DevOps の原則はエンドツーエンドのソフトウェア・デリバリー・パイプラインに焦点を当てていますが、リーンはすべてのプロセスにおける無駄の排除と効率の向上に重点を置いています。

DevOps は、ソフトウェア開発と IT 運用のコラボレーションを促進します。多くの場合、タスクを高速化するために自動化を採用しています。対照的に、リーンはより幅広いアプローチをとり、製品やサービスのバリュー・ストリーム全体にわたる無駄の排除を目的としています。

バリュー・ストリーム管理の原則はリーンとどのように違いますか?

バリュー・ストリーム管理は、システム全体の価値の流れを最適化します。リーンの原則は、無駄の削減と効率の向上に焦点を当てています。

バリュー・ストリーム管理では、バリュー・ストリームのすべての要素を調整して、顧客価値を最大化することを重視しています。一方、リーンはプロセスを合理化し、価値を提供しない活動を排除します。

したがって、どちらのアプローチも効率性を重視していますが、プロジェクト・ライフサイクルの異なる側面に焦点を当てています。