Close

戦略的プランニング フレームワークで大きな目標を達成する方法

心配ご無用。それほど複雑ではありません

トピック一覧

戦略的プランニング フレームワークは、あなたとそのチームが戦略計画の特定の要素に注力して取り込むために使用するツールです。


会社に関して大きなアイデアとより大きな目標を抱いていますか? 世界をより良い場所にすると心に決めましたか (そう思わない人がいるでしょうか)? 他にはないカスタマー ケアで有名になりたいですか? あなたの目指すものが何であっても、あなたのチーム全体がそれを達成するために熱心に取り組みます。

しかし、ここからが難しいところです。このアイデアを実行可能な戦略に変えるには、どうすればよいでしょうか?

戦略的プランニング プロセスは困難な作業である可能性がありますが、戦略的プランニング フレームワークが役立ちます。1 つ (以上) のフレームワークを使用して、迷ったり混乱したりすることなく、十分なやる気と熱意をもって戦略的プランニング プロセスの特定の要素を決定できます。

戦略的プランニング フレームワークを必要としているのは?

簡単な答えは、1 つのプロジェクトの計画か組織全体の計画かを問わず、戦略計画を完成させようとしているすべての人です。

幸い、このフレームワークは皆さんが考えているよりも、ずっと単純です。皆さんのお祖母さんから飼い犬まで、誰でも使用できます。

犬は無理ですかね? でも、そのくらい簡単だということです。

戦略的プランニング フレームワークとは何ですか?

戦略的プランニング フレームワークは、あなたとそのチームが戦略計画の特定の要素に注力して取り込むために使用するツールです。

戦略計画全体では、次を含む多くのことに対応する必要があります。

  • 現在の状態
  • 目標とする状態
  • その目標を達成する方法

これらすべてをまとめるのは気が遠くなるような作業ですが、戦略的プランニング フレームワークを利用すればこの難題を少しずつ解決できます。

たとえば、目標と主な成果 (OKR) フレームワークを使用すれば、戦略計画に含まれる目標を洗い出せます。または、Porter のファイブ フォース分析と呼ばれるフレームワーク (後述) を使用すれば、競合他社について掘り下げて、競争的要因が自分の組織の未来にどのような影響を与えるかを理解できます。

戦略的プランニング フレームワークは、計画の特定の部分を深く掘り下げることで、実際にアイデアをアクションに変換できるような、包括的な計画を作成するのに役立ちます。

さまざまな方向を向いている矢印

戦略的プランニング フレームワークと戦略的プランニング モデルの相違点

多くの人々が「戦略的プランニング フレームワーク」と「戦略的プランニング モデル」という用語を同じ意味で使用していますが、これらの用語は全体の 2 つの部分を表しています。

戦略的プランニング モデルは、戦略計画のすべての要素のおおまかな概要を示しています。モデルによって計画の全体的な構造が決まるため、モデルが最初に来ます。

戦略実行プラットフォームである Cascade Strategy の CEO で共同創設者の Tom Wright は、ブログ投稿の中でこれを空港建設に例えました。「空港のモデルは、どのように進入路が出発ホールへ、出発ホールが出入国管理へ、さらにターミナル、滑走路などへと繋がるのかの概要を示すものです」と書いています。

一方、フレームワークは、さまざまな要素に特定の情報を取り込むのに役立ちます。

Wright はこのように続けます。「空港の例では、たとえば、人々が空港内を移動する速度を最大化して効率を実現できるように設計された建物のフレームワークを適用します。あるいは、速度を最大化するのではなく、空港の売店における滞在時間を最大化するように設計されたフレームワークを適用することもあります」

モデルでは戦略計画のすべての要素を扱いますが、フレームワークでは特定の要素のみに取り組みます。モデルが森で、さまざまなフレームワークが木々であると考えてください。使用する戦略的プランニング モデルは 1 つのみですが、フレームワークは多数使用できます。

自信を持って戦略を議論するための 8 つの戦略的プランニング フレームワーク

アクション アイテムの策定から競合他社の評価まで、戦略計画の側面ごとに異なるフレームワークを使用します。

ここでは、8 つの最も一般的な戦略的プランニング フレームワークと、各フレームワークを戦略のどの部分で活用できるかを説明します。

1. SWOT 分析

このフレームワークの目的: 戦略に影響する内外部要因を把握する

SWOT は、Strength (強み)、Weakness (弱点)、Opportunity (機会)、Threat (脅威) の略です。強みと弱点は内部要因 (つまりはある程度制御可能) で、機会と脅威は外部要因 (ほぼまたはまったく制御不能) です。

ブレーンストーミング セッションにチームを招集して、各カテゴリに取り組みます。カスタマー サービスの例では、次のようになります。

  • 強み: お客様が夢中になる、革新的な新製品がある。
  • 弱点: 当社の顧客チケット管理システムは時代遅れで、非効率的である。
  • 機会: 顧客からのチャット サポートへの関心が高まっており、当社では比較的簡単に導入できる。
  • 脅威: すべての競合他社が、カスタマー サービスに優先的に取り組んでいる。

このフレームワークでは、会社でうまくいっている部分と改善が必要な部分を理解できるため、戦略的プランニング プロセスの最初に使用します。このような情報は、戦略を詳しく議論する際に重要です。

アイテムを量る天秤

2. 課題に基づく戦略的プランニング

このフレームワークの目的: 組織の最大の問題に対処する戦略計画を立てる

戦略的プランニング フレームワークのほとんどは目標 (将来を見ている) から始まりますが、このフレームワークは問題 (現在を見ている) から始まります。現時点で組織が直面している課題を特定して、その課題に対応するためのアクション プランを作成します。

このフレームワークによって計画全体の方向性が決まるため、これも戦略的プランニング プロセスの最初に使用します。

次の質問から始める: この組織が取り組んでいる最大の問題は何か?

たとえば、カスタマー フィードバック スコアが急落していることに気付きます。そこから、この課題を解決するために必要なステップの詳細を戦略計画で詰めていきます。

3. バランス スコアカード

このフレームワークの目的: 目標とその目標を達成するためのステップを定義する

バランス スコアカード (BSC) は、チームや組織が達成しようとしている目標と、その目標を達成するために各人が行う必要があるタスクの概要を定めます。これは、目標を理解し、日常業務と関連付けて優先順位を付け、確立された指標を使用して進捗を監視するのに役立ちます。

このフレームワークでは、以下を決定する必要があります。

  • 目標: 達成したい目標 (例: 質の高いカスタマー ケアの業界標準として評価される)
  • 指標: どのように成功を定義するか (例: 平均で B+ のカスタマー フィードバック スコア)
  • イニシアチブ: 目標を達成するために確立されるプログラム (例: カスタマー サポート ケースを管理するための新しい顧客チケット管理システムの立ち上げ)
  • アクション アイテム: 1 人または少人数のチームで行う個別ステップ (例: Rico がチケット管理ソフトウェアを調査して、Sarah が現行プラットフォームからの移行を完了する)

一見達成不可能な大きな目標が、実行可能な適度なサイズのアクションになるのが分かりますか? これこそ、バランス スコアカードの優れた点です。組織全体の目標を、チームの各人の日常的なタスクに繋げられます。

4. 戦略マッピング

このフレームワークの目的: 会社のすべての目標がどのような関わりを持つかを理解する

戦略マップは、バランス スコアカードの補足としてよく使用されます。バランス スコアカードのすべての目標を、戦略マップに書き込みます。各目標は形状で表される必要があります。

次に、目標をさまざまな視点にグループ化します。これらの視点は、類似の目標をまとめたバケツやテーマとして考えてください。最も一般的な視点は次のとおりです。

  • 財務
  • カスタマー
  • 社内ビジネス プロセス
  • 学習と成長

楕円をすべて描き終えたら、楕円の間に原因と結果を示す矢印を描きます。1 つの目標が別の目標に直接影響を与えますか?

たとえば、カスタマー サービス チームの専門知識を高める (視点: 学習と成長) ことは、一流のカスタマー ケアを提供する能力 (視点: 顧客) に直接影響します。

戦略マップは生きたリソースとして利用できます。目標を囲む円を色分けする (緑、黄色、赤) ことで、その目標達成までの進捗を示せます。

5. 目標と主な成果 (OKR)

このフレームワークの目的: 進捗をしっかり監視する

目標と主な成果 (OKR) は、チームが大胆な目標を達成するのに役立つ、人気のある目標設定手法です。このフレームワークでは次のことを決定します。

  • 目標: 何を達成したいか
  • 主な成果: 進捗を測定する方法

主な成果は、タスクや実行すべき作業ではなく、定量的かつ測定可能な結果である必要があることに注意してください。世界トップ クラスのカスタマー サービスの例を使用すれば、主な成果は「第 2 四半期の終わりまでに 5 つ星のレビューを 25 件以上獲得する」のようになります。

OKR は野心的な目標を設定するためのものですが、過度に野心的なものやチームを怯ませるようなものであってはなりません。目標がチームの不安を煽るのではなくやる気を高めるようにするために、設定する目標は一度に 3 ~ 5 個のみにしてください (このテンプレートが役立ちます)。

6. Porter のファイブ フォース分析

このフレームワークの目的: 既存の競合他社と競合他社候補について詳細に理解する

ほとんどの戦略計画には、競合分析のためのセクションが含まれています。Porter のファイブ フォース分析は、そのセクションを完成させるために使用するフレームワークです。ここでは、次の 5 つの競争要因を特定します。

  • 業界内での競争: 競合他社は急速に成長しているか?
  • 業界への新規参入の可能性: 多数の新しいプレイヤーが市場に簡単に参入して、事業を拡大できるか? それとも、新規参入は困難か?
  • サプライヤーからの圧力: 自社にコスト削減を迫るサプライヤーからの値下げ圧力はどの程度か?
  • 顧客からの圧力: 自社にコスト削減を迫る顧客からの値下げ圧力はどの程度か?
  • 代替製品の脅威: 自社製品は別の製品で簡単に代替可能か? または唯一無二の製品か?

競合他社によって戦略の方向性が決まります。このフレームワークは、その方向性を理解するのに役立ちます。たとえば、代替製品の脅威が大きいことが分かったら、自社製品の差別化を戦略計画の主軸に据える必要があります。

ピンが刺さった地図

7. ギャップ計画

このフレームワークの目的: 現在の状態と目標とする状態の間のギャップを埋める方法を決定する

皆さんには組織に対する強力なビジョンがあります。そのビジョンは手の届くところにあると感じているかもしれませんし、まだ遠くにあると感じているかもしれません。

いずれにしても、現在の状態と目標とする状態の間のギャップを埋めるのは簡単なタスクではありません。この間に、厄介で困難な作業が行われます。

そこで、ギャップ計画 (ニーズ評価とも呼ばれます) の出番です。この計画では、現在の状態からビジョンに向かって進むのに必要なすべてのことに焦点を当てます。ギャップを分析する際は、なぜ自分が理想的な状態を達成できていないのかを考える必要があります。根本原因は何でしょうか?

非常に簡単な例を次に示します。

ビジョン: 業界トップ クラスのカスタマー サービスという評価

現在の状態: 良好だが特段優れているわけではないカスタマー サービス (平均のフィードバック スコアは B-)

ギャップ: カスタマー サービス担当者が時代遅れのソフトウェアを使用している

改善: カスタマー サービス チームをサポートするための新しいチケット管理システムを導入する

このフレームワークは、ビジョンをより戦術的なステップと改善点に落とし込むためのもう 1 つの方法です。

8. PEST 分析

このフレームワークの目的: 自社に影響する可能性のある外部要因を理解する

戦略計画の草案を作成するときには、社内だけではなく社外で起こっていることも考慮する必要があります。PEST 分析は、あなたの会社が事業を行っている環境を総合的に理解するのに役立ちます。

PEST とは、Political (政治)、Economic (経済)、Sociocultural (社会文化)、Technological (技術) の略です。このフレームワークでは、各要因が会社の全体的な健全性にどのように影響するかを判別する必要があります。次に (多数の例のうち) いくつかの例を示します。

  • 政治: 自社の業界には、顧客への対応方法を規定する多数の政府規制があるか?
  • 経済: 自社の業界の顧客は財務健全性をしっかり管理しているか?
  • 社会文化: 顧客は、以前にも増して迅速な対応を期待しているか?
  • 技術: 時代遅れの顧客チケット管理ソフトウェアで事業を運営していないか?

これらは取り組むべき重要な考慮事項であるため、あなたの会社を取り巻く状況とは合わない戦略を立てないようにしてください。

戦略的プランニング フレームワークと戦略的プランニング モデルの相違点

利用できる戦略的プランニング フレームワークは多数ある上に、いずれかのフレームワークが他のものより本質的に優れているということはありません。それぞれ目的が異なります。

ですから、フレームワークを選択する必要があるときは、まず目標を定めて、そこから遡って考えます。

明確なアクション アイテムを決定する必要がある場合は、ギャップ計画またはバランス スコアカードが最適な選択肢です。外部要因の影響を理解する必要がある場合は、PEST 分析または SWOT 分析を選びます。

複数のフレームワークを選択できるので、戦略的プランニング プロセスの段階や要素ごとに異なるフレームワークを使用できます。また、戦略計画を振り返ったり再評価したりすることもよくあります。時間の経過に伴って計画や会社が変化すると、異なるフレームワークが必要になることもあります。

使用するフレームワークに関係なく、戦略計画と補助資料のすべてを、どこか取り出しやすい場所に整理して保管しておいてください。どこかにしまい込まれてデジタルのほこりをかぶっているようでは、戦略計画は役に立ちません。Confluence のようなコラボレーション ワークスペースを利用すれば、チームの全員が必要なときにはいつでもその情報を簡単に参照できます。

目標には戦略 (とアクション) が必要

目標を思いつくのは簡単です。難しいのは、目標を達成する方法を明らかにすることです。

戦略計画では、概要レベルのビジョンを実現するための実行可能なステップに落とし込みます。

戦略的プランニング プロセス自体は退屈で困難な作業になりかねませんが、戦略的プランニング フレームワークを利用すれば、戦略計画のあらゆる要素の詳細を非常に簡単に掘り下げられます。

ここで説明した 8 つのフレームワークのうち 1 つ (またはいくつか) を使用すれば、あなたの会社の最も大胆な目標の達成に向けて行動を開始できます。

会社の目標、計画、課題などをすべて文書化します。より簡単に知識を共有できるようにするには、Confluence テンプレート ギャラリーをご確認ください。

以下も参照してください

戦略的プランニング テンプレート

ビジネス戦略を明確にし、エグゼクティブ チームと取締役会に発表します。

OKR テンプレート

この目標設定テンプレートを使用して、測定可能で高い目標に基づくマイルストーンを設定します。

次の記事
Resource Planning