Close

Confluence でチームワークを変革しましょう。Confluence がすべてのチームのコンテンツ コラボレーション ハブである理由をご確認ください。無料で入手する

ページに動画を載せてコラボレーションとエンゲージメントを推進しましょう

非同期動画は知識共有を支援し、会議を減らし、画面疲れを軽減します

トピック一覧
リアルタイム フィードバックを提供する人形

ハイブリッド モデルについて議論している場合でも、リモート ワーク従業員がいる企業を経営している場合でも、状況は同じです。分散したチームは行き詰まっています。人々をつなぐために使用するコミュニケーション ツールも同じです。しかし、私たちが学んだことが 1 つあるとすれば、ビデオ通話ばかりの 1 日は、退屈きわまりないということです。私たちがリモート ワークを始めた当初、ビデオ会議ツールによって孤独から救われたかもしれませんが、ビデオ会議から私たちを救うものは何でしょうか?

「Zoom 疲労」(実際に Zoom であるか、Skype、Google Meet、または他のプラットフォームであるかにかかわらず) は、ごく当たり前の現象であり、頭まで達しています。スタンフォード大学の研究者は、Zoom 疲労と疲労の尺度というものさえ考案しました。そうなのです。ビデオ会議は私たちをつなぎますが、あまりにも多くの会議はプロジェクトのコラボレーションと成果に悪影響を及ぼす可能性があります。また、ご承知のように、私たちは他に何かしながら電話をします。エンゲージメントが低下すると、生産性は確実に急降下し、イノベーションは停滞します。

不要な会議を減らすことは良いスタートです。非同期プロジェクトでのコラボレーションは効果があります! しかし、ときには、ページから離れて、人とのやり取りに戻る必要があります。結局のところ、要点を伝えるためには、声の調子や顔の表情、ジェスチャー、その他のボディー ランゲージなど、言語以外の手がかりが重要です。しかし、人との対話が必要だからといって、必ず会議が必要ですか?

動画か、テキストかの 2 択ではなく、この 2 つをミックスしてみてください。

ハイブリッドはさまざまな領域で利用されています。では、ハイブリッド コミュニケーションはいかがですか? 動画か、テキストかの 2 択ではなく、この 2 つをミックスしてみてください。ワークスペースに動画を埋め込んで、知識の共有を促進しましょう。その結果、会議の数が減る上に動画を観る楽しさが加わるため、コミュニケーションがスムーズになり、エンゲージメントが強化され、最終的にはイノベーションが増えます。非同期プロジェクトでのコラボレーションを支援するために動画を最大限に活用する方法を見ていきましょう。

埋め込み動画 = 会議をせずにエンゲージメントを獲得

YouTube を 2 時間通して見ていられるのには理由があります。ストリーミング動画は本当に面白いのです。では、ビジネスにも動画を取り入れてみませんか? 同じトピックについてテキストと動画の両方が同じページにある場合、上級管理職の 59% が動画を選択します。

同じトピックについてテキストと動画の両方が同じページにある場合、上級管理職の 59% が動画を選択します。

もちろん、ビデオ会議が必要なときはまだあります。創造的なブレーンストーミング セッション、就職の面接、またはパフォーマンス レビューを考えてみてください。やり取りが必要な会話は、直接会うか Zoom などのプラットフォームでリアルタイムに行う必要があります。反対に、会議を開くという考えを捨てて、文書、テキスト、またはメールを送信できるケースもよくあります。しかし、その中間に相当するケースもたくさんあります。そのような場合、非同期動画を埋め込むと、ビデオ会議や書面によるコミュニケーションに比べていくつかの利点があります。以下に例を示します。

  • 都合の良いときに動画にアクセスできて便利である (特に、タイムゾーンにまたがる分散チームにとって重要)
  • 言葉で伝えるのではなく視覚的に見せることができる (録画したライブ デモなど)
  • チーム メンバーがいつでも確認できるリファレンスとなる (また、一時停止、早送り、巻き戻しで自分のペースで進めることができる)
  • 多忙なエグゼクティブが、スケジュールを過密に詰め込んだりしたり、複数の会議に繰り返し出席したりすることなく、組織全体のチームに語りかけることができる

そして、多数のユース ケースがあります。

いつ埋め込むべきか

ここでは、動画を使用して人間味のある要素を維持しながら、バーチャル会議や対面会議を削減する機会をいくつか紹介します。

四半期ビジネス レビュー

過去 90 日間の進捗状況をすべて書き留めると、あまりにも細かすぎて読み手に敬遠される恐れがあります。それらはすべて Confluence のエグゼクティブ ビジネス レビュー テンプレートに入れましょう。そして、埋め込み動画を使用して概要を作成し、あなたの熱意を生き生きと伝えましょう。関係者は、短い要約動画と重要な詳細テキストを得ることができ、時差のある地域でも誰も会議のために真夜中まで起きている必要がありません。さらに、重要な情報が、対面で伝えたときと同じようにはっきりと確実に伝わります。

従業員のオンボーディング

新入社員は温かく歓迎したいものですが、CEO が一人一人とビデオ通話することはできません。また、場合によっては、特定のトピックに精通している人物からの説明が必要です。まず、Confluence 90 日プラン テンプレートにオンボーディング手順を記載したあと、必要に応じて動画メッセージを追加しましょう。創業者からの挨拶や、福利厚生スペシャリストからの保険の説明など、個人的なタッチを加えるものなら何でもかまいません。これにより、従業員はまだオフィスに足を踏み入れたことがなくても、組織との真のつながりを感じられます。

テクノロジー トレーニングとトラブルシューティング

説明をはっきりさせるためにデモが必要な場合があります。特に、チーム メンバーが新しいソフトウェアを理解しようとしているときや、技術的な問題を解決しようとしているときなどです。Confluence のトラブルシューティング記事テンプレートを使用すると、画面に表示される内容を示す動画を、書面による指示や他のヘルプデスク リソースへのリンクとともに共有できます。テキストと動画の併用は、サポート チケットや技術チームとの 1 対 1 のヘルプ セッションを削減するのに十分な詳細を提供する一方で、さまざまなレベルの技術力を持つスタッフを支援します。

戦略の計画と発表

戦略計画を提示したり、組織で発表したりする準備はできていますか? 多忙な経営幹部、部門長、そして場合によっては取締役会メンバーさえも関与する場合、適切な人材を一堂に集めることは、たとえバーチャルであっても口で言うより難しいものです。Confluence 戦略計画テンプレートを提示することで、関係者は都合の良いときに詳細を確認できるため、確実に全員の関与が得られます。埋め込み動画によるイントロやサマリーを追加すると、全員の関心を集め、あなたの熱意を確実に伝えることができます。

動画は短く、要点を絞ったものにしましょう。動画の長さが 2 分を超えると、エンゲージメントが大幅に低下し始めます。長時間の会議を長時間の非同期動画に置き換えることは望ましくありません。要は時間を節約することです!

Confluence ページに動画を追加する方法

Confluence では、ほぼすべてのタイプの動画をワークスペースに追加できます。パソコン上のどの動画ファイルでも、ページにアップロードできます。動画がインターネット上にある場合は、URL をテキストとして貼り付けるだけです。URL は Smart Link であるため、動画プラットフォームのアイコンが自動的に表示され、リンクをクリックすると YouTube 動画が見られることを読者に知らせます。Smart Link をそのままにした場合、クリックすると動画が開きます。または、編集モードでリンクをクリックして [埋め込みで表示] を選択すると、動画をページに直接埋め込むことができます。

動画埋め込みテンプレートのスクリーン ショット

編集モードで動画の Smart Link をクリックし、[埋め込みで表示]を選択すると、動画をページに直接埋め込むことができます。

さらに、Confluence は、プロセス全体を簡素化するために多くのインテグレーションを提供しています。たとえば、Loom インテグレーションには使いやすい Chrome ブラウザ拡張機能があり、Confluence ページから離れずに動画を録画できます。その他の便利なインテグレーションには、Microsoft Stream for Confluence や、Advanced YouTube and Vimeo Integration などがあります。どうしても会議を行う必要があるけれども、後々のために (そして出席できなかった人のために) 録画を保存したいときのための Zoom プラグインさえあります。

どの方法でも、ページ レイアウトに合わせて Confluence でビデオ フレームのサイズと位置を調整することができます。

分散チームとしてのイノベーション

非同期動画を使用すると、チーム メンバーは自分にとって都合の良いときに閲覧することができ、人とのつながりと有意義な知識共有の両方を促進できます。それは人間理解に根ざしたプロジェクト コラボレーションであり、チームはどこからでもイノベーションを起こすことができます。これこそ、まさに私たちがたった今必要としていること、そして常に必要なことです。

以下も参照してください

Executive business review icon
プロジェクトポスターのテンプレート

プロジェクトチームと利害関係者の連携を維持する、1 ページのコラボレーション資料です

strategic plan icon
Strategic plan template

Share your business strategy and vision to executives and your own team

Confluence で、すべてのチームのコンテンツ コラボレーションがより迅速になります

次の記事
戦略的プランニング