Close

戦略計画により大きな目標から解放される仕組み

一歩戻って重点を見つける

トピック一覧
Jira チケットを移動する人形

あなたとそのチームが新しい四半期、あるいはまったく新しい年を迎えることを想像してみてください。意欲に満ち溢れていて、何か大きなことを達成しようとしています。

まず、実際に何から開始すべきなのかを決定する必要があります。

その機会は理論的には楽しそうですが、物事が悪い方向に向かっていくのに時間はかかりません。何に焦点を当てる必要があるのかについて誰もが異なるアイデアを持っていて、誰もが自分の議題をリストの先頭に持ってくるべき理由について自分の状況を主張します。決定には非常に時間がかかるため、チームはなかなか実行に移せません。

これは、会社に戦略計画がない場合に発生します。

戦略計画とは

企業が方向性を定義するために通過するプロセスである戦略計画は、通常、会社のリーダーが実施します。これには、優先順位の設定や、その全体的なビジョンをサポートするためにどのようにリソースを割り当てるのかの決定が含まれます。

戦略計画はプロジェクト計画と混同されがちですが、2 つはまったく異なります。プロジェクト計画は、チームが完了する単一のタスクや割り当て (開始から完了までのプロジェクトの推進方法) にとって重要です。

戦略計画はより広範です。個々のプロジェクトのすべてを、会社の包括的な目標をサポートする結束力のある戦略にまとめるものです。

このため、戦略計画に含まれるビジョン ステートメントに、会社の目標が「人材管理において最も信頼できるパートナーとして知られること」であると示されている場合、会社が完了するすべての単一プロジェクトは何らかの形でそのビジョンに関連している必要があります。

基本的に、戦略計画はビジネスとそのリーダーが下すすべての意思決定のための羅針盤であると考えてください。全体的なコンテキストが設定されるため、毎日の詳細な事項で方向性を見失わなくなります。

戦略計画に時間を費やす価値がある理由

1. 全力を注ぐ (そしてストレスを減らす)

チームの意思決定について、「どうしてさくっと無作為に決めないんだろう」と感じることがよくありますか? McKinsey の調査によると、組織が意思決定に優れていると答えたのは、回答者の 20% のみでした。

ここで戦略計画が役立ちます。会社全体の方向性を理解することで、最終目標をサポートする考え抜かれた意思決定を下せます。

また、戦略計画によって、すべてのプロジェクトの成果が明確化されて測定可能となります。これによって、特定のプロジェクトがどのように計画全体に貢献するかを実証できます。

2. コミュニケーションを向上させる

次に示すシナリオで発生する、あらゆる混同と混乱を想像してみてください。あなたは、同僚が四半期財務諸表を作成するのに役立つ方向性を示しました。ところが、同僚はその月の小切手番号を記録する方法を学習していると思っていました。

実際、これは紛らわしくて時間の無駄でした。残念ながら、これはたいてい職場で発生します。80% を超える従業員が、頻繁に、非常に頻繁に、または時々、職場で誤解が発生すると答えています。

幸いなことに、人々が大局をより深く理解していれば (戦略計画を見直せば大局が理解できます)、メッセージはより明確になります。同僚には、方向性を理解して指示を示し、自信を持ってプロジェクトを進めるために必要なコンテキストと背景情報がすでに備わっています。

会社全体の方向性を理解することで、最終目標をサポートする考え抜かれた意思決定を下せます。

3. 連携を高める

ここに怖ろしい統計があります。最大 95% の会社の従業員が、会社の戦略を認識していないか理解していないことを認めました。残念なことです。

従業員は、自分の毎日が会社の成長に与えている影響を知らずにいることを快く思っていません。経営幹部から新人の従業員までのチームの誰もが、戦略計画によって会社の方向性を理解できます。戦略計画を文書化して簡単にアクセスできるようにしてください。そうすれば、誰もが後で理解したいときに戻って参照できます。

戦略計画を立てるもう 1 つの主な理由は、戦略計画が通常はコラボレーティブなプロセスであるためです。オープンな議論によって、すべての当事者は最初から認識を合わせられます。

次の 3 つのアクティビティで巧みに戦略計画を立てる

すでにプロジェクト計画を熟知している場合、戦略計画に多くの類似点があることは安心材料ですが、プロジェクト計画よりも規模が大きくより企業に焦点を当てたものになります。

ただし、戦略計画に固有のアクティビティがいくつかあります。これらのアクティビティは、リーダーシップ チームがビジョンを実際にサポートする計画をまとめるのに役立ちます。

1. SWOT 分析

SWOT 分析には、会社の強み、弱点、機会だけでなく、ビジネスに対する脅威の特定が含まれます。この分析にアプローチする最も簡単な方法は、2 行 2 列のマトリックスを使用してこれらの異なる要素を書き込む方法です (ここで役立つテンプレートを入手してください!)。

SWOT 分析

強み

機会

弱点

脅威

SWOT 分析

強み

機会

弱点

脅威

上記の表に、製品や会社の強み、弱点、機会、脅威をリストしてください。

たとえば、どの競合他社も使用していないテクノロジーがあるという強みや、さらに広い市場に参入する機会があるなどが挙げられます。また、財源不足という弱点や、競合他社の参入がますます増加傾向にあるという脅威などが挙げられます。

これらはすべて、計画をまとめる際に重要な情報です。これらによって、それぞれを考慮した戦略を練れます。

SWOT 分析は、戦略計画のためだけでなく、新しいプロジェクトや機能などのためにいつでも実行できる、柔軟なフレームワークです。

SWOT 分析に誰が関与する必要があるのかは、何を計画しているかによって異なります。ただし、特に戦略計画のために分析を使用する場合、リーダーシップ チームは確実にメンバーに加わる必要があります。

2. 開始、停止、継続

歴史は優れた教師です。過去の成功と失敗から多くを学び取ってください。

開始、停止、継続は、会社が最近の経験を振り返って、将来において変更すべき点を決定する振り返り手法です。チームを集めて、次の 3 つのカテゴリのアクティビティをブレーンストーミングします。

  • 開始: まだ実施されていないが、組織に好影響を与える場合のあるアクティビティ。
  • 停止: 現在実行中であるが、組織に悪影響を与えるアクティビティ。
  • 継続: 試行されて成功したが、まだルーチン化されていないアクティビティ。

全員に時間を与えて、カテゴリごとにできるだけ多くのアイデアを出してもらいます。次に、チームとして議論して類似するアイデアをまとめてグループ化し、必要性の最も高いアイデアを決定します。

このフレームワークによって、戦略計画を練るために使用できる貴重なインサイトが得られます。極端な楽観主義や、現時点まで効果的であったことに関する情報が限られた状態で先に進むことを防げます。

戦略計画は、個々のプロジェクトすべてを、会社の包括的な目標をサポートする結束力のある戦略にまとめます。

3. プランの更新

戦略計画は、会社をその存続期間全体を通して導くリソースです。ただし、戦略計画は完成した時点で変更不能になるという意味ではなく、会社の発展とともに進化する必要があります。

このため、戦略計画をいったん設定したからといって放置しないでください。定期的に (理想的には四半期ごとに) 時間を確保して計画の進捗状況を確認し、必要な変更や更新を行います。新しい状態に保つことで、戦略計画はデジタルのほこりを集めただけの古く関連性のないドキュメントではなく、有用なリソースであり続けます。

ソフトウェアが役立つ仕組み

静的ドキュメントを開いて、会社の戦略計画のための最初のメモを書き留めようとしていますか? もっと速い方法があります。

共同ドキュメント ソフトウェアを使用すると以下のことが可能になるため、戦略計画プロセス全体がより簡単になります。

  • 特定のロードマップを作成する
  • タスクをユーザーに割り当てる
  • 情報を 1 箇所に収集して追跡する
  • 他のチーム メンバーをプロセスに関与させる
  • シームレスに更新する

ですから、柔軟性のないドキュメントを捨てて、テクノロジーによって戦略計画のストレスを軽減してください。今すぐ Confluence を確認してください

戦略計画をまとめる

単純なものから複雑なものまで、戦略計画にはあらゆる範囲のものがあります。単一ページのものから長いドキュメントのものまであるため、会社にとって役立つものを柔軟にまとめられます。

開始時には、戦略計画に以下を含める必要があります。

  • 会社の簡単な説明: 会社の歴史の簡単な概要、主要な製品やサービスのハイライト。
  • ミッション ステートメント: 会社のアイデンティティーの背後にある目的について説明します。
  • ビジョン ステートメント: 将来のビジョン (現在の状況ではなく何を目指しているか) について説明します。

戦略計画の残りの部分では、戦略に専念します (ご推察のとおりです)。管理しやすくなるように、これを 3 つのカテゴリに分割することを提案します。

  • 目標: 会社が達成したいと考えている大規模で測定可能な目標です。
  • 戦略: その目標に向けて構築するために実行する、より小規模なステップです。
  • 戦術: 決定した戦略に分類される個々のアクション アイテムです。

分かりやすくするために例を見てみましょう。戦略計画の内容は次のようになります。

目標 1: 第 1 四半期末までに、総売上を 85 万ドルから 100 万ドルに増加します。
戦略 1.1: 無料トライアル ユーザーを有料ユーザーに変換するメール キャンペーンを実施します。
戦術 1.1.1: メール リストを有料サブスクライバーと無料ユーザーに分割します。
戦術 1.1.2: 有料階層に移行するユーザー向けの特別オファーを生成します。
戦術 1.1.3: 3 通のメールからなるシリーズを記述して、移行を促します。

大きな目標からより実用的な目標に向かって進む仕組みをご覧いただけましたか? 戦略計画ごとにこの作業を繰り返します。各目標にはそれをサポートするいくつかの戦略が必要であり、各戦略には多数の戦術が含まれます。

これで、会社の戦略を漠然と理解するのではなく、基準となる詳細なロードマップができました。

戦略計画で勝利を獲得する

戦略計画がなければ、チームと会社全体は簡単に方向性を見失います。混乱が広がってイライラが募り、重要な仕事を達成しないまま空回りするでしょう。

このような場合に戦略計画が役立ちます。戦略計画に取り組むことで、より効率的に全力を注ぎ、より多くの情報に基づいて選択を行い、コミュニケーションを合理化し、最重要事項を前進させられます。

時間とエネルギーを費やす価値があるように聞こえますか? そう思ったなら、後は開始するだけです。これらの戦略は特に取り掛かってみれば、思うほど大変なものではないことをお約束します。

以下も参照してください

OKR テンプレート

大きな目標とその目標を達成するための戦略を設定する

推奨ツール
Confluence のロゴ

Confluence は、組織がビジョン、計画、目標を文書化して共有し、チームワークを統一するためのチームのワークスペースです。

次の記事
Setting goals