Close

費用はいくらですか?

どのような規模のチームでも、まずは 7 日間無料でお試しください。

エディションの比較
無料 開始する
永久に
スタンダード 無料トライアル
/エージェント/月 (スタート価格)
Premium 無料トライアル
/エージェント/月 (スタート価格)
ユーザー制限 ?
無料 3 エージェント
スタンダード 5,000 エージェントまで
Premium 5,000 エージェントまで
顧客制限 ?
無料 無制限
スタンダード 無制限
Premium 無制限
99.9% のアップタイム SLA ?
無料
スタンダード
Premium
ストレージ ?
無料 2 GB のファイルストレージ
スタンダード 250 GB のファイルストレージ
Premium 無制限のストレージ
サポート ?
無料 コミュニティサポート
スタンダード 9 ~ 5 時の標準サポート
Premium 年中無休の Premium サポート

* Confluence を使用

Two clouds

クラウドホスティングのメリット

Lock with key

Atlassian Access でクラウドのセキュリティを強化

*Access のご利用には別のサブスクリプションが必要です。このサブスクリプションは Jira 内で有効にできます。

価格体系

柔軟な「エージェントあたり」の価格が適用されるため、必要以上にお支払いいただくことはありません。

Cloud 価格 FAQ

Jira Service Desk のサブスクリプション料金はいくらですか? 詳細を表示 +
  

Jira Service Desk Cloud の詳細な価格は、こちらからご覧いただけます。

価格シミュレーターを使って、正確な価格をご確認ください。5,000 ユーザーを超える場合は、自社管理オプションをご検討ください。

年間サブスクリプションはありますか? 詳細を表示 +
  

はい。年間サブスクリプションの場合は、ユーザー数に最も近い階層の料金が請求されます。年間サブスクリプションでは、購入したユーザー数に応じて割引が適用される場合があります。

Jira Service Desk を年間サブスクリプションでご利用になる場合は、最初に 7 日間の無料トライアルにお申し込みいただき、こちらのガイドに従って年間サブスクリプションに変更してください。

価格シミュレーターを使って、正確な価格をご確認ください。

Jira Service Desk を無料で試用することはできますか? 詳細を表示 +
  

もちろんです! 7 日間無料でお試しいただけます。試用を始める場合は、新しい Jira Service Desk サイトにサインアップしてください。製品にご満足いただけたら (そう信じています)、支払情報を登録するだけで Jira Service Desk を続けてご利用になれます。

現在 7 日間トライアル中ですが、Cloud のトライアル期間は延長できますか? 詳細を表示 +
  

もちろんです! Cloud のトライアルは最長 30 日まで延長可能です。ぜひこちらにご相談ください!

どのような支払い方法がありますか? 詳細を表示 +
  

月額契約では、クレジットカード払い (MasterCard、Visa、 American Express) または PayPal をご利用いただけます。年間契約では、クレジットカードに加えて、銀行振込または小切手でのお支払いもご利用いただけます。

Jira Software、Jira Service Desk、Jira Core の違いは何でしょうか? 詳細を表示 +
  

Jira Service Desk は IT チームやサービスチーム向けに設計された製品で、インシデントや問題、変更管理などにすぐ利用できるさまざまな機能を提供します。

Jira Software は特にソフトウェアチーム向けに設計されています。Jira Software は優れたアジャイルソフトウェア開発に必要な最も重要な機能を備え、他の開発ツールとの統合でより強力になります。

Jira Core は簡素化されたプロジェクト管理ツールで、Jira の力を活かして組織を強化しようとしているお客様に適しています。

Jira Service Desk のエージェントとは何ですか? 詳細を表示 +
  

エージェントはチケットに対応し、カスタマーと直接やり取りをします。エージェントは、以下のことを実行できます。

  • カスタマーポータルとエージェントインターフェイスの両方にアクセス
  • キュー、レポート、SLA 目標、カスタマーリストの閲覧
  • 課題上でカスタマーに見えるコメント、プライベートなコメントの追加、編集、削除
  • 接続されたナレッジベース内のコンテンツ管理
請求時にはエージェント数をどのようにカウントしていますか? 詳細を表示 +
  

エージェントは、チームの変更に合わせて追加、削除できます。各請求月の月末に、Jira Service Desk のエージェント数に応じて翌月のサブスクリプションに対する課金が行われます。年間サブスクリプションの場合は、ご利用のエージェント数に最も近い階層の料金が請求されます。

Jira Service Desk のカスタマーとは何ですか? 詳細を表示 +
  

Jira Service Desk のカスタマーとは、カスタマーポータルやメールでリクエストを作成できる任意の人のことです。カスタマーは、以下のことを実行できます。

  • カスタマーポータルからリクエストを作成、コメント、追跡
  • メール経由でリクエストを作成、コメント
  • リクエストへのコメント、ファイルの追加
  • 自身のリクエストについて他の参加者を追加

カスタマーは無料で、Jira Service Desk のライセンスも不要です。誰でもサービスデスクのリクエストを作成できます。サービスデスクにアクセスできるカスタマー数に制限はありません。

Jira Service Desk と Confluence ナレッジベースの価格はいくらですか? 詳細を表示 +
  

Jira Service Desk のカスタマーは、カスタマーポータル内でナレッジベースの記事を無料で閲覧できます。Confluence ナレッジベースのライセンスを必要とするのは、エージェントなど、ナレッジベースの貢献者だけです。

エージェントのライセンスを持っていない場合、Jira Software または Jira Core ユーザーは、Jira Service Desk において何ができますか? 詳細を表示 +
  

Jira Service Desk のエージェントライセンスを持たないユーザーでも、チケットに含まれる以下のようなさまざまなアクションを実行できます。

エージェントと内部コメントを交わしながら問題を診断する

チケットを監視し、アップデートの通知を受け取る

ロールとライセンスの仕組みについてさらにご不明な点がある場合は、こちらをご覧ください

Jira Software と Jira Service Desk のライセンスで同じライセンス数が必要ですか? 詳細を表示 +
  

いいえ。Jira Software と Jira Service Desk のライセンス数は同じである必要はありません。あなたの必要に応じて選択し、必要なライセンス数をご購入して頂けます。

Cloud (クラウド型) と Server (サーバー型) デプロイメントオプションの違いは何ですか? 詳細を表示 +
  

Jira Service Desk Cloud では、アトラシアンがクラウド上に Jira Service Desk をホストし、即座にインスタンスをセットアップします。7 日間の無料トライアル後、引き続きご利用の場合は月次でのご契約ができます。一般的に、これは手早く始めたいチームや自社ホスティングに伴う技術的に面倒な管理をしたくないチームにとって最適なオプションです。

Jira Service Desk Server では、自社ハードウェア上で Jira Service Desk をホストします。これは一般的に、セットアッププロセスにさらに柔軟性を持たせ、自社サーバーで製品をホストする必要があるチームに最適なオプションです。Jira Service Desk をホストするには、30 日間の無料トライアル後にライセンスをご購入いただく必要があります。また、サポートサービスや新規リリースに継続してアクセスするには、1 年ごとの更新が必要となります。

Jira Service Desk に SAML シングルサインオンはありますか? 詳細を表示 +
  

Atlassian Access のサブスクリプションがあれば、SAML シングルサインオンや強化されたその他のセキュリティ機能 (必須の 2 段階認証、パスワードポリシー、ユーザープロビジョニング) を有効にできます。

Atlassian Access を使うと、Jira、Confluence、Bitbucket などの Atlassian Cloud 製品のユーザーを 1 か所で管理し、セキュリティポリシーを適用できます。

Jira Service Desk は Active Directory に接続できますか? 詳細を表示 +
  

Atlassian Access のサブスクリプションがあれば、Active Directory に Jira Service Desk を直接接続して、ユーザープロビジョニングプロセスを自動化できます。

どのような場合に Standard プランよりも Premium プランを選択すべきでしょうか? 詳細を表示 +
  

Jira Service Desk Standard は、現在お客様が愛用しているサービスデスクです。Jira Service Desk Premium には、無制限のストレージ、費用が補償される 99.9% のアップタイム SLA、重大な問題に対して 1 時間以内に回答する 24 時間 365 日対応の Premium サポートが含まれ、チームは安心して IT サービスを拡張できます。ダウンタイムやサービスの中断に関する懸念がある場合、組織と顧客をサポートするために Jira Service Desk の拡張を検討している場合、またはグローバルに分散されたチームが成功のためのミッションクリティカルとしてアトラシアン製品に依存している場合は、Premium が最適です。

Premium と Atlassian Access の違いは何ですか?両方必要でしょうか? 詳細を表示 +
  

Premium プランを使用すると、無制限のストレージ、24 時間 365 日対応の Premium サポート、費用が補償される 99.9% のアップタイム SLA により、自信を持って安全にチームを拡張できます。

Atlassian Access は、エンタープライズグレードのセキュリティとユーザー管理機能を備えたクラウドの "包括的ポリシー" とお考えください。Atlassian Access を使用すると、管理者は組織内で使用されているすべての Atlassian Cloud 製品に対して、全社規模で一貫性のあるセキュリティとアクセスポリシーを適用できます。

Premium プランに加えて Access を使用することで、組織全体でコンテンツとユーザーを拡張および保護できる、エンタープライズレベルのソリューションを実現できます。

その他のご質問がありますか?

Atlassian Cloud のライセンスまたは Jira Service Desk のライセンスをご確認ください。

30 日間無料トライアル

あらゆる規模のチームでオンプレミス運用

サーバー (オンプレミス)

USD X
買い切り価格
Buy now
  • Atlassian-supported disaster recovery

データセンター

USD X
年額
Buy now

自社管理型価格 FAQ

Jira Software と Jira Service Desk の違いは何でしょうか?

Jira Softwareは特にソフトウェアチーム専用に設計されています。Jira Software はアジャイル開発の最も重要な要素を持ち、他の開発ツールとのインテグレーションでより強力になります。

Jira Service Desk は IT チームやサービスチーム向けに設計された製品で、インシデント、変更、問題の管理などにすぐ利用できるさまざまな機能を提供します。

Jira Service Desk のエージェントとは何ですか?

エージェントはチケットに対応し、カスタマーと直接やり取りをします。

エージェントは、以下のことを実行できます。

  • カスタマーポータルとエージェントインターフェイスの両方にアクセス
  • キュー、レポート、SLA 目標、顧客リストの閲覧
  • 課題上の顧客用コメントおよびプライベートなコメントの追加、編集、削除
  • 接続されたナレッジベース内のコンテンツ管理

Jira Service Desk のカスタマーとは何ですか?

Jira Service Desk のカスタマーとは、カスタマーポータルやメールでリクエストを作成できる任意の人のことです。カスタマーは、以下のことを実行できます。

  • カスタマーポータルからリクエストを作成、コメント、追跡
  • メール経由でリクエストを作成、コメント
  • リクエストへのコメント、ファイルの追加
  • 自身のリクエストについて他の参加者を追加

カスタマーは無料で、Jira Service Desk のライセンスも不要です。誰でもサービスデスクのリクエストを作成できます。サービスデスクにアクセスできるカスタマー数に制限はありません。

Jira Service Desk と Confluence ナレッジベースの価格はいくらですか?

Jira Service Desk のカスタマーは、カスタマーポータル内でナレッジベースの記事を無料で閲覧できます。Confluence ナレッジベースのライセンスを必要とするのは、エージェントなど、ナレッジベースの貢献者だけです。

エージェントのライセンスを持っていない場合、Jira Software または Jira Core ユーザーは、Jira Service Desk において何ができますか?

Jira Service Desk のエージェントライセンスを持たないユーザーでも、チケットに含まれる以下のようなさまざまなアクションを実行できます。

  • エージェントと内部コメントを交わしながら問題を診断する
  • チケットを監視し、アップデートの通知を受け取る

ロールとライセンスの仕組みについてさらにご不明な点がある場合は、こちらをご覧ください

Jira Software と Jira Service Desk のライセンスで同じライセンス数が必要ですか?

いいえ。Jira Software と Jira Service Desk のライセンス数は同じである必要はありません。あなたの必要に応じて選択し、必要なライセンス数をご購入して頂けます。

Cloud と Server の違いは何ですか?

Cloud オプションでは、アトラシアンがクラウド上に Jira Service Desk をホストし、即座にインスタンスをセットアップします。7 日間の無料トライアル後、引き続きご利用の場合は月次でのご契約ができます。一般的に、これは手早く始めたいチームや自社ホスティングに伴う技術的に面倒な管理をしたくないチームにとって最適なオプションです。

Server オプションでは、自社ハードウェア上で Jira Service Desk をホストします。これは一般的に、セットアッププロセスにさらに柔軟性を持たせ、自社サーバーで製品をホストする必要があるチームに最適なオプションです。Jira Service Desk をホストするには、30 日間の無料トライアル後にライセンスをご購入いただく必要があります。また、サポートサービスや新規リリースに継続してアクセスするには、1 年ごとの更新が必要となります。

その他のご質問がありますか?

Jira Service Desk ライセンスに関するよくある質問をご覧ください。