Close

Atlassian Cloud と Data Center の比較

Atlassian Cloud と Data Center 製品のフィーチャーや機能の違いをご参照の上、ご自身に最適な製品をご確認ください。

どのオプションが最適か

Server ライセンス、アップグレード、アプリの変更は、これからサポート終了の 2024 年 2 月末まで何度も実施されます。Cloud 製品または Data Center 製品に移行すれば、サポートを引き続き受けられます。このガイドでは、それぞれの製品の内容を比較できます。

雲のアイコン

クラウド 推奨

(サービスとしてのソフトウェア)

お客様がビジネスの優先事項に集中できるように Atlassian 製品は負担の重い作業をこなす、常時稼働で継続的にアップグレードされる高度に安全なサービスとして提供されます。当社の SaaS 製品は最高クラスのクラウド テクノロジーに基づいて構築されており、拡張性に優れて安全で信頼性が高く、高性能なサービスを提供します。1 つの Cloud プラットフォームを基盤として、Atlassian 製品と主要なサードパーティ SaaS ツール全体で連携したエクスペリエンスを実現して、チームが簡単かつ迅速に作業できるようになります。

チェックマーク

組み込みのセキュリティ、プライバシー、コンプライアンス、信頼性

チェックマーク

運用、IT メンテナンス、ハードウェアのコスト削減

チェックマーク

最新のフィーチャーと機能によるコラボレーションとイノベーションの向上

チェックマーク

Free から Enterprise まで、チームのサイズや予算サイクルに応じた柔軟な価格プラン

チェックマーク

Atlassian の研究開発に対する投資の大部分

クラウドを検討するタイミング

Cloud 製品はほとんどの組織に最適です。Cloud を選択すると次を実現できます。

  • 手動によるアップグレードやソフトウェア メンテナンスを減らして、総所有コストを削減
  • データを安全に保つため、リアルタイムのセキュリティ アップグレードと 24 時間対応の Atlassian エキスパートのチームを活用
  • どのブラウザやモバイル アプリからでも安全にアクセスできる VPN 不要の製品で、グローバルに分散したチームワークを実現
  • デジタル トランスフォーメーションを促進して、継続的な機能の向上によってビジネスの俊敏性を実現
サーバーのアイコン

Data Center

(オンプレミス)

Atlassian 製品を独自のインフラストラクチャ上で、または AWS や Azure などのクラウド プロバイダー経由でホスティングします。これによって、必要であればデータをネットワーク内に保持できます。独自のインフラストラクチャ上でホスティングするには、Atlassian ソフトウェアを自身で効率的に導入、稼働、メンテナンスするための内部リソースと技術的な専門知識が必要です。

チェックマーク

堅牢な管理機能によって、オンプレミス環境で高いパフォーマンス、セキュリティ、コンプライアンスを維持

チェックマーク

独自の物理ハードウェア上、または IaaS 上で単一ノードまたはクラスタとしてデプロイ可能

チェックマーク

今後、Cloud に取り入れるデータを最適化するためのクリーンアップ機能

Data Center を検討するタイミング

Cloud は 2023 年までに Atlassian のお客様の大部分に対応する予定です。ただし、Cloud へ移行できないビジネス上の要件がある、または Cloud ロードマップ上でそれまでに実現する計画がない場合は、Data Center に移行することを推奨します。

Data Center は今後も、お客様の Atlassian による成長をサポートする高性能で信頼性の高いサービスとして存在し続けます。

次の場合は Data Center をお選びください。

  • Atlassian の Cloud ロードマップにはない規制の基準に準拠しなければならない製品がある
  • 製品データをオンプレミス環境で維持することが義務付けられている

選択にお困りの場合は

Atlassian の移行評価を受けて、パーソナライズされた推奨事項を受け取るか、移行スペシャリストのチームによる Cloud に関するコンサルティングを受けられるようにお問い合わせください。*

クラウドのチェックマーク

*25 ユーザーまたはエージェントを超える Commercial ライセンスまたは Academic ライセンスのお客様に対応しています。


機能の比較

Cloud と Data Center 両方の Atlassian 製品: Jira Software、Jira Service Management、Confluence、Bitbucket で利用できる機能について詳述します。

機能をまだ利用できない場合は、ロードマップ段階というラベルを付けています。最新の推定リリース日については、CloudData Center のロードマップをご確認ください。

特定の指定がない限り、機能は Jira Software、Jira Service Management、Confluence、Bitbucket に対応しています。

指定のセクションに移動する

価格と請求について

スタートアップからエンタープライズまであらゆる規模のチームに、Atlassian はそれぞれ機能とサポートのレベルを適合させた各種 Cloud プランを提供しています。支払いはユーザー階層で年払いにするか、ユーザー単位の月払いでツールを使用した人数分だけを支払えます。

価格についてさらに詳しい説明が必要な場合は、パーソナライズされたコスト見積もりを入手しましょう

クラウド

雲のアイコン

Data Center

Data Center のアイコン

製品プラン

複数プラン (Free、Standard、Premium、Enterprise)

単一プラン


請求とインボイス

月間または年間サブスクリプション

年間サブスクリプション


価格体系

ユーザー単位 (月間) または階層 (年間)

ユーザーが単一ライセンスですべてのエンタープライズ インスタンスにアクセスできる、ユーザー単位の一元化されたライセンス (Enterprise)

階層化


サポート

プランに応じた各種サポート レベル

Enterprise サポートは Data Center プレミア サポート サービスと同等です

パッケージに応じた各種サポート レベル: Priority サポートまたはプレミア サポート (別途購入)


総所有コスト (TCO)

TCO にはサブスクリプション料金と製品の管理時間が含まれます

TCO にはサブスクリプション料金と製品の管理時間、および次のものが含まれます

  • インフラストラクチャのプロビジョニングまたは IaaS 料金に関するコスト (AWS コストなど)
  • 計画されるダウンタイム
  • ソフトウェアのアップグレードに必要な時間とリソース

セキュリティおよびデータ管理

Cloud では、Atlassian 専任のセキュリティ チームがお客様のセキュリティを管理します。Cloud では、管理作業を最小限に抑えてお客様のデータを安全に保護する、組み込みのセキュリティ機能を提供しています。Data Center では、環境のセキュリティ保護はお客様自身が管理します。Atlassian のセキュリティ プラクティスに関する詳細をご確認ください

クラウド

雲のアイコン

Data Center

Data Center のアイコン

データの暗号化

転送中および保管中の暗号化 (Jira Software、Jira Service Management、Confluence)

転送中の暗号化 (Bitbucket)

転送中の暗号化 (Bitbucket) ロードマップ段階

お客様組織が管理


データ レジデンシー

US および EU 一次データのデータ レジデンシー (Standard、Premium、Enterprise)

追加のデータ タイプとリージョン (オーストラリア、カナダ、英国、日本) ロードマップ段階

アプリのデータ レジデンシー ロードマップ段階

お客様組織が管理


監査ログ

Atlassian Access 経由で利用できる組織レベルの監査ログ (Jira Software、Confluence)

製品レベルの監査ログ (Jira Software、Confluence)

高度な監査ログ


デバイスのセキュリティ

モバイル デバイス管理サポート (Jira Software、Confluence、Jira Service Management)

モバイル アプリケーション管理 ロードマップ段階\

モバイル デバイス管理サポート (Jira Software、Confluence、Jira Service Management)


コンテンツのセキュリティ

Premium および Enterprise 向けの IP 許可リスト (Jira Software、Jira Service Management、Confluence)

Web セッション時間管理

Jira 課題フィールドの BYOK 暗号化 (Jira Software、Jira Service Management) ロードマップ段階

BYOK 暗号化 (Jira Software、Jira Service Management、Confluence) ロードマップ段階

お客様組織が管理


API およびアプリのセキュリティ

API トークン制御 (Jira Software、Jira Service Management、Confluence)

パーソナル アクセス トークン


コンプライアンス

当社は、規制フレームワークを念頭に置いて Cloud 製品を設計し、お客様が一般的な各種業界標準に準拠できる構成オプションを提供しています。また、金融、政府、ヘルスケアなど、最も厳格に規制されている業界のコンプライアンス要件を満たすために取り組んでいます。Data Center では、製品のコンプライアンスの準拠はお客様の責任です。Atlassian のコンプライアンスに関する詳細をご確認ください

クラウド

雲のアイコン

Data Center

Data Center のアイコン

GDPR

Atlassian の内部データ処理プロセスは GDPR に準拠しており、GDPR の要件を満たすためのツールを提供しています。詳細

お客様組織が管理

GDPR 要件を満たすためのツールを Atlassian が提供


PCI DSS

PCI DSS

お客様組織が管理


CSA

CSA (クラウド セキュリティ アライアンス) メンバー

お客様組織が管理


SOC

SOC2 Type II

SOC 3

お客様組織が管理


ISO/IEC

ISO/IEC 27001

ISO/IEC 27018

お客様組織が管理


WCAG

Cloud products are designed to align with WCAG 2.1 standards.

We’re working to achieve WCAG 2.1 AA compliance soon On the roadmap

Data Center products are designed to align with WCAG 2.1 standards.

We’re working to achieve WCAG 2.1 AA compliance soon On the roadmap


VPAT

Cloud 製品の VPAT ステートメント

第 508 条のための VPAT


FedRAMP

FedRAMP Moderate ATO (Jira Software、Confluence) ロードマップ段階

お客様組織が管理


HIPAA

HIPAA 対応 (Jira Software、Confluence) ロードマップ段階

お客様組織が管理


NIST 800.53

NIST 800.53 コントロール – 低影響レベル (Jira Software、Confluence) ロードマップ段階

お客様組織が管理


US FINRA

金融サービス業界のコンプライアンス – 米国 (Jira Software、Confluence) ロードマップ段階

お客様組織が管理


EU BaFin

金融サービス業界のコンプライアンス – ドイツ (Jira Software、Confluence) ロードマップ段階

お客様組織が管理


AUS APRA

金融サービス業界のコンプライアンス – オーストラリア (Jira Software、Confluence) ロードマップ段階

お客様組織が管理


拡張、パフォーマンス、可用性

当社は Cloud を使用して信頼性、パフォーマンス、アップタイムをお客様に代わって処理するため、ユーザーは Atlassian のツールに常時アクセスできます。また、大規模ユーザーのニーズを満たすために、Cloud でのスケール容量を継続的に増加させています。Data Center では、拡張性、高可用性、ディザスタ リカバリの各戦略を導入して維持する責任はお客様にあります。Atlassian の信頼性に関する詳細をご確認ください

クラウド

雲のアイコン

Data Center

Data Center のアイコン

高可用性 (HA) と信頼性

柔軟な拡張性、マルチレベルの冗長性、障害オプションのための最高クラスのコア テクノロジーを基盤として構築

費用が補償される 99.9% のアップタイム SLA (Premium)

費用が補償される 99.95% のアップタイム SLA (Enterprise)

可用性の高いアプリケーションのデプロイ

高可用性データベース (Aurora) のサポート

ダウンタイムなしのアップグレード オプション


データの健全性と管理

プロジェクト アーカイブ (Jira Software Premium および Enterprise)

スペース アーカイブ (Confluence)

プロジェクトと課題をアーカイブ (Jira Software、Jira Service Management)

パフォーマンス向上のためのカスタム フィールドを最適化 (Jira Software、Jira Service Management)

古いプル リクエストを自動で却下 (Bitbucket)

スペース アーカイブ (Confluence)

ページとファイルを管理 (Confluence)


データ ストレージ制限

2GB (Free)

250GB (Standard)

無制限のストレージ (Premium と Enterprise)

お客様組織が管理


パフォーマンス

ロード時間、検索の応答性、添付ファイルを改善するための継続的なパフォーマンスのアップデート

6 つのリージョンでホストされる Cloud インフラストラクチャによるレイテンシーの軽減

レート制限

CDN サポート

スマート ミラーとミラー ファーム (Bitbucket)


バックアップとディザスタリカバリ

地理的に分散した複数のデータ センターを活用し、包括的なバックアップ プログラムを使用し、定期的にディザスタ リカバリとビジネス継続性計画をテストすることで、確実性を高めています。詳細

バックアップは毎日生成されて、ポイント イン タイム データ復元が実行できるように 30 日間保持されます。

お客様組織が管理


最小ユーザー階層

1–10 ユーザー (Jira Software、Confluence)

1–3 エージェント (Jira Service Management)

1–5 ユーザー (Bitbucket)

500 ユーザー (Jira Software、Confluence、Crowd)

50 エージェント (Jira Service Management)

25 ユーザー (Bitbucket)


インスタンスあたりの最大ユーザー数

インスタンスあたり最大 20,000 ユーザー (Enterprise)

インスタンスあたり 50,000 ユーザー (Enterprise) ロードマップ段階

ユーザー無制限 (Jira Software、Jira Service Management、Confluence)

30,000 ユーザー (Bitbucket)


ユーザー管理

Cloud では、製品単位ではなく組織全体でユーザー アカウントを一元的に管理します。また、ユーザー管理機能を向上または拡張する Atlassian Access を提供しています。Data Center では、ユーザー管理は製品ごと、Jira 経由、または Atlassian Crowd、LDAP、その他の外部ディレクトリ、ID プロバイダー (IdP) への接続など、さまざまな方法で行えます。詳細については、クラウド製品とオンプレミス製品におけるユーザー管理の違いをご確認ください

クラウド

雲のアイコン

Data Center

Data Center のアイコン

認証

すべてのお客様に対応:

  • 新規のお客様向けに一元化されたユーザー セキュリティ管理
  • ドメイン検証済みの管理対象ユーザー アカウント
  • パスワードの強化、期限設定、リセットの実施
  • セッション アイドル時間の適用
  • エンド ユーザーに向けの任意の 2 段階認証 (2SV)

Atlassian Access が必要:

  • SAML SSO
  • 2 段階認証 (2SV) の強制設定
  • 組織ごとに複数の認証ポリシー
  • 外部ユーザー セキュリティ ロードマップ段階
  • 外部 LDAP および Active Directory による委任認証
  • SAML SSO
  • OpenID Connect SSO
  • 複数の IdP のサポート (Jira Software、Jira Service Management、Bitbucket)

Atlassian Crowd が必要:

  • Active Directory、LDAP、OpenLDAP、または Azure AD など、複数のディレクトリのユーザーを 1 つの場所で管理して、アプリケーションの認証権限を制御します。
  • 一元化されたユーザー管理コントロール
  • SSO 機能

プロビジョニング

すべてのお客様に対応:

  • 招待リンク、承認済みドメイン、アクセス リクエストによるシンプルなライセンス付与

Atlassian Access が必要:

  • SAML SSO によるジャストインタイム プロビジョニング
  • SCIM ユーザー プロビジョニングを介したクラウド IDP とのディレクトリ同期
  • G Suite インテグレーション (Jira Software、Jira Service Management、Confluence)
  • ユーザー プロビジョニング (Bitbucket) ロードマップ段階

パブリックのサインアップ オプション

SAML と OpenID Connect によるジャストインタイム ユーザー プロビジョニング

LDAP、Active Directory、Azure AD とのディレクトリの同期


認証およびアクセス管理

新規のお客様向けの組織レベルのユーザーとグループ ディレクトリ

ユーザーとグループのフィルタリングによる Azure AD サポート (Atlassian Crowd 経由)

グループ レベル管理 (Atlassian Crowd 経由)

アプリケーション統合用の OAuth 2.0 ロードマップ段階


デプロイメントと管理

Atlassian はお客様向けに Cloud 製品をホスティングすることによって、セキュリティとメンテナンスを管理しています。Data Center では製品をホストする方法をお客様が制御するため、お客様がメンテナンスとバージョン アップグレードの責任を負うことになります。

クラウド

雲のアイコン

Data Center

Data Center のアイコン

コンテナー化と連携

Atlassian が処理

docker images

Kubernetes サポート ロードマップ段階


変更管理とアップグレード

代わりに Atlassian がソフトウェアとセキュリティのアップグレードを自動で処理

変更をテストするサンドボックス インスタンス (Premium と Enterprise)

Premium と Enterprise 向けのリリース トラック オプション (Jira Software、Jira Service Management、Confluence)

お客様組織が管理

ダウンタイムなしのアップグレード オプション

長期サポートリリース


データベースに直接アクセス

データベース構造、ファイル システム、またはその他のサーバー インフラストラクチャを変更する直接アクセス権はありません

プログラムによるデータ アクセスのための拡張 REST API

データベースに対する直接アクセス


インサイトとレポート

Atlassian 製品の利用状況を追跡して、組織のセキュリティを評価するための組織インサイトと管理者インサイト。詳細

Confluence 分析

高度なインサイトのためのデータ パイプライン

Confluence 分析


サイト名 (URL)

Atlassian が安全かつ構成可能なサイト名を提供

お客様の製品をお客様自身が管理するドメインでホスティング可能 ロードマップ段階

お客様自身が管理している任意のドメインで製品をホスト


アプリ、統合、カスタマイズ

日々充実していく Atlassian Marketplace アプリや SaaS 製品統合によって Cloud 製品の機能を拡張したり、API や Atlassian の Cloud 開発者プラットフォームである Forge を使用して独自にカスタマイズしたりできます。Data Center では、Marketplace の Data Center 認定アプリを使用したり、強力な API を使用して独自のアプリや統合を構築したりできます。

クラウド

雲のアイコン

Data Center

Data Center のアイコン

Marketplace アプリ

数千ものアプリや統合

Cloud Fortified アプリ プログラムによって、エンタープライズ規模のセキュリティと信頼性を確保

数千ものアプリや統合

Data Center 認定アプリによって、大規模な信頼性とパフォーマンスを確保


API

Atlassian Connect フレームワーク、API、Forge を使用したアプリ、カスタマイズ、統合の開発

サーバー API を使用したアプリ、カスタマイズ、統合の開発


モバイル アプリ

Data Center アプリでは利用できない追加機能を備えた Jira Software、Jira Service Management、Confluence 向けのモバイル アプリ

モバイル デバイス管理 (MDM) とモバイル アプリケーション管理 (MAM)

VPN へのサインインが不要の安全なコラボレーション

Jira Software (8.3+)、Jira Service Management (4.12.2+)、Confluence (6.8+) 向けのモバイル アプリ

モバイル デバイス管理 (MDM) サポート


製品

Atlassian の主力製品である Jira Software、Confluence、Jira Service Management、Bitbucket は、Cloud と Data Center の両方で利用できます。Cloud ではインシデント管理、タスク追跡、コラボレーションなど、今後成長する製品のスイートを提供しています。

現在、Marketplace で提供していた一部のアプリは、Cloud 製品または Data Center 製品のネイティブ機能になっています。

クラウド

雲のアイコン

Data Center

Data Center のアイコン

計画、トラッキング、サポート

緑のチェック マーク

Jira Software

緑のチェック マーク

Jira Software


緑のチェック マーク

Jira Service Management

緑のチェック マーク

Jira Service Management


緑のチェック マーク

Jira Align

緑のチェック マーク

Jira Align


緑のチェック マーク

Jira Work Management

赤い x

Jira Work Management


緑のチェック マーク

Statuspage

赤い x

Statuspage


緑のチェック マーク

Opsgenie

赤い x

Opsgenie


緑のチェック マーク

Halp

赤い x

Halp


コラボレーション

緑のチェック マーク

Confluence

緑のチェック マーク

Confluence


緑のチェック マーク

Trello

赤い x

Trello


コード、ビルド、リリース

緑のチェック マーク

Bitbucket

緑のチェック マーク

Bitbucket


緑のチェック マーク

Sourcetree

緑のチェック マーク

Sourcetree


赤い x

Bamboo

Bitbucket Cloud に含まれる Bitbucket Pipelines

緑のチェック マーク

Bamboo


赤い x

Fisheye

赤い x

Fisheye Server のみ


赤い x

Crucible

赤い x

Crucible Server のみ


セキュリティとアイデンティティ

緑のチェック マーク

Atlassian Access

赤い x

Atlassian Access


赤い x

Crowd

緑のチェック マーク

Crowd


Atlassian アプリ

緑のチェック マーク

Advanced Roadmaps

Jira Software Premium プランと Enterprise プランに含まれる

緑のチェック マーク

Advanced Roadmaps

Jira Data Center 8.15+ に含まれる


緑のチェック マーク

Questions for Confluence

緑のチェック マーク

Questions for Confluence


緑のチェック マーク

Team Calendars for Confluence

Confluence Premium プランと Enterprise プランに含まれる

緑のチェック マーク

Team Calendars for Confluence

Confluence Data Center 7.11+ に含まれる


緑のチェック マーク

Analytics for Confluence

Confluence Premium プランと Enterprise プランに含まれる

緑のチェック マーク

Analytics for Confluence

Confluence Data Center 7.11+ に含まれる


移行のプロセスとサポート

移行パスは、Cloud または Data Center のどちらに移行するか、どの移行戦略を採用するかによって異なります。

クラウド

雲のアイコン

Data Center

Data Center のアイコン

移行のプロセス

Server から Cloud への移行は、移行する製品やアプリ、データの規模や複雑さ、予算や期間など、いくつかの要因によって決まります。一般に、エンタープライズ規模の移行には時間も計画も大きくなり、移行の規模が小さいほど短期間で簡単に進められます。

Data Center 移行の複雑さは、選択するアーキテクチャやインフラストラクチャ、全体的な移行目標によって決まります。

  • 非クラスタ化 Data Center デプロイへの移行は簡単です。基盤となるインフラストラクチャが変更されないため、製品やアプリのライセンスをアップグレードするだけです。
  • クラスタ化 Data Center デプロイへの移行には高可用性が必要であり、追加のインフラストラクチャや複雑なデプロイ トポロジーを要求されます。さらに多くのコストや計画が必要になります。
  • 物理的ハードウェアから AWS や Azure などのクラウド サービス上の Data Center への、または Kubernetes や Docker などを使用する連携デプロイへの移行には、クラウドへ移行する際と同様、さらに多くの時間や計画が必要になります。

利用できる Atlassian サポート

当社のチームが、移行の過程全体を通してその規模や複雑さに応じたレベルのサポートを提供します。また、できる限り円滑な移行を実現するために無料のツールやリソースを提供しています。

  • クラウド移行トライアル: 期間とユーザー階層に適した無料の Cloud トライアル。これによって、オンプレミスのライセンスで Cloud を段階的に評価して移行します。
  • クラウド移行アシスタント: Jira Software、Confluence、Bitbucket 向けの無料の Marketplace アプリ。これによって、アプリを評価して、簡単なガイド付きユーザー インターフェイスで製品データとユーザーを Cloud に移行します。Jira Service Management のクラウド移行アシスタントはまもなく提供予定です。
  • ガイド: 移行プロセス全体を説明するステップ バイ ステップのガイド。
  • Atlassian の移行チーム: クラウド移行マネージャーとサポート エンジニアが技術的な問題解決をサポートして、お客様の規模や複雑さに応じたレベルの契約やガイダンスを提供します。1,000 ユーザーを超える移行の場合は、移行を計画するための追加サポートを提供します。

Learn more about how we support migrations

Atlassian は、Data Center への移行をサポートするさまざまなツールやリソースを提供します。

  • Priority サポート (Jira Software、Jira Service Management、Confluence、Crowd Data Center および 251 人以上のユーザーがいる顧客向けの Bitbucket Data Center)
  • Data Center の新規のお客様は最初の 1 年間、カスタマー サクセス マネージャーからのサポートを継続的に利用する資格が付与される場合があります。
  • ガイド: 移行プロセス全体を説明するステップ バイ ステップのガイド。
情報の丸記号

より積極的なサポートが必要な場合

さらなるサポートが必要な場合や大規模かつ複雑な移行を計画している場合は、Atlassian ソリューション パートナーのサポートを受けられます。ソリューション パートナーが計画、またはエンドツーエンドでの完全な移行をサポートします。

移行評価を始めましょう

移行評価を受けて、Cloud への移行とそのタイミングについての推奨事項や、次のステップに進むためのカスタマイズされたリソースを入手しましょう。