スターターライセンスと価格


ライセンスと注文

スターターライセンスとは何ですか? 表示する
  1. インストール/サーバー バージョンの永続的ライセンス
  2. アトラシアンコミュニティによる独占サポート
  3. 保守は $10/年で更新可能
  4. 1 台のサーバー上で業務用途で使用可能
  5. 制限された数のユーザーのみをサポート。複数のライセンスを組み合わせることはできません。
  6. 製品のソースコードへのアクセスを含む
  7. 各製品のスターターライセンスでの資格は以下の通りです

アトラシアンはスターターライセンスの支払いの 100% をチャリティに寄付し、支払い処理で発生するすべての手数料を負担しています。アトラシアンのスタッフは、少額を多数の組織に分配するのではなく、Room to Read という非営利組織 1 か所に寄付することを選択しました。Room to Read は発展途上国において 13,000 以上の図書館を設置し、1,500 校以上の学校を建設してきました。アトラシアン基金はお客様の支払い金額と同額を www.roomtoread.org に寄付します。

注意:スターターライセンスから集められた資金は慈善目的で使用されるため、スターターライセンスの購入を返金または交換することはできません。

製品 $10 で利用可能な範囲
Jira Software ユーザー 10 名
Confluence ユーザー 10 名
Fisheye 10 コミッター、5 リポジトリ
Crucible 5 ユーザー
Bamboo 10 プラン、ローカル エージェント数無制限、リモート エージェント 0
Crowd ユーザー 50 名
Jira Core ユーザー 10 名
Jira Service Desk 3 エージェント
Team Calendars for Confluence ユーザー 10 名
Bitbucket Server ユーザー 10 名

* ソースコードは、Jira Service Desk、Team Calendars for Confluence ではご利用になれません。

注 : スターターレベルのライセンスは、 Marketplace のサードパーティアドオン製品でもご利用可能ですが、こちらのスタータープログラムには含まれません。

また、アトラシアンのクラウド製品に無料サブスクリプションもご提供しています。当社の Free プランは永久に無料です。最大 10 ユーザー、3 エージェントまでのチームには費用もかからず、何の義務もありません。保守や物理ハードウェアを排除して費用を削減し、GDPR や Privacy Shield を含む業界をリードするプライバシーとセキュリティによってあなたのチームの安全とコンプライアンスを確保し、インスタンスを手動で更新することなく最新で最高品質の機能に常にアクセスできます。

スターターライセンスの料金はいくらですか? 表示する

アトラシアン スターター ライセンスは各 USD $10 です。オーストラリアのお客様は 10% の GST を追加する必要があります。

また、アトラシアンのクラウド製品に、最大 10 ユーザー、3 エージェントまでの無料サブスクリプションもご提供しています。詳細はこちらをご覧ください。

自分のスターターライセンスキーはどこで入手できますか? 表示する

アトラシアンスターターライセンスを購入済みの場合、My Atlassian アカウントからライセンスキーを入手できます。

小切手の郵送や銀行振込で支払いができないのはなぜですか? 表示する

処理や手続きにかかる費用により、スターター ライセンスではクレジット カードでのお支払いのみが可能です。

複数のライセンスを組み合わせて、単一のインスタンス上のライセンスユーザー数を増やせますか? 表示する

申し訳ありません。10 ユーザーのスターターライセンスを組み合わせ、10 人を超すユーザーの単一ライセンスにすることはできません。スターターライセンスは、上位価格帯の新規ライセンスの料金でアップグレードできます。各製品の価格についての詳細は、左側のタブからご覧ください。

これはホスト型製品ですか? 表示する

スターター ライセンスは当社製品のダウンロード可能エディションです。また、Atlassian Cloud の無料サブスクリプションもご用意しています。

ライセンスは 1 年間有効ですか? 表示する

ライセンスは永久ライセンスで、12 か月のソフトウェア保守 (ソフトウェアのアップデートを含む) が付属します。ソフトウェア保守契約期間を延長するには、スターターライセンスを年間 $10 で更新できます。

ただし、アトラシアンのクラウド製品では無料サブスクリプションもご提供しています。詳細はこちらをご覧ください。

スターターライセンスプログラムのサポートは、アトラシアンコミュニティが独占的に提供します。

使用 1 年目が終了するとどうなりますか? 表示する

引き続きソフトウェアの更新を受けるには、$10 の更新料でソフトウェア保守契約を更新する必要があります。スターターライセンスの更新によって集められた資金はチャリティに寄付されます。リマインダーとして、付属のソフトウェア保守期間が切れる前にライセンス保有者へメール通知が送られます。このメールには、ソフトウェア保守を更新する具体的な方法が詳しく記載されています。

スターターライセンスを購入する場合、最長で 3 年の保守サービスを前払いで購入できます (3 x $10 = $30)。スターターライセンスは最大 3 年先までいつでも更新できます。

注: すべての保守更新は有効期限の前日から開始します。保守期限が経過した場合は、新しいライセンスを購入する必要があります。必要な操作は新しいライセンスキーを既存のインスタンスに適用するだけです。ソフトウェアを再インストールする必要はありません。

10 ユーザーを超えた場合はどうすればよいですか? 表示する

必要なユーザー数をサポートする商用ライセンスにアップグレードする必要があります。各製品の価格についての詳細は、左側タブからご覧ください。

必要なソフトウェアのバージョンは何ですか? 表示する
製品 最小バージョン
Jira 4.0
Confluence 3.0
Bamboo 2.4
Fisheye 2.0.5
Crucible 2.3.6
Crowd 2.0
Bitbucket 1.0

手動でのバージョン更新を回避する場合、アトラシアンのクラウド製品では無料サブスクリプションもご利用いただけます。詳細はこちらをご覧ください。

10 ドルのスターターライセンスと 30 日の無料トライアルライセンスのどちらを利用したらよいでしょうか? 表示する

お客様のニーズにあわせて、 スターター ライセンスで十分な場合は、スターター ライセンスをお買い求めください。

ただし、より多くのユーザーや機能が必要な本番環境でのデプロイメントに対し、当社の製品を評価する場合、30 日間の無料評価ライセンスの使用をお勧めします。このライセンスでは、より多くのユーザー数で当社の製品を試せますが、トライアル期間には制限があります。

また、アトラシアンのクラウド製品に、最大 10 ユーザー、3 エージェントまでの無料サブスクリプションもご提供しています。詳細はこちらをご覧ください。

スタータープログラムについて

なぜ無料化しないのですか? 表示する

アトラシアンでは、責任あるビジネスはコミュニティへ恩返しを行うと信じており、スターター ライセンスのすべての収益をチャリティに寄付します。私たちは 10 ユーザー ライセンスに対して $10 は非常に公正な価格であると信じています。

クラウド製品には Free プランもご用意しています。10 ユーザー (Jira Software、Jira Core、Confluence の場合) および 3 エージェント (Jira Service Desk の場合) を上限に、2GB のストレージと Community サポートを提供する監査ログなしのプランです。Free プランでは Jira Software、Jira Core および Confluence の権限も制限され、匿名アクセスは含まれません。

詳細はこちらをご覧ください。

アトラシアンは $10 の支払いをどのように使用しますか? 表示する

アトラシアンはスターターライセンスの支払いの 100% をチャリティに寄付し、支払い処理で発生するすべての手数料を負担しています。少額を多数の組織に分配するのではなく、アトラシアンのスタッフは Room to Read という非営利組織 1 か所に寄付することを選択しました。Room to Read は発展途上国において 13,000 以上の図書館を設置し、1,500 校以上の学校を建設してきました。アトラシアン基金はお客様の支払い金額と同額を www.roomtoread.org に寄付します。

これらの製品バージョンは機能縮小版の製品になりますか? 表示する

Jira Software、Confluence、Crowd、Jira Core、Jira Service Desk、Team Calendars for Confluence および Bitbucket Server スターターライセンスは、完全な機能を搭載したバージョンです。Fisheye および Bamboo のライセンス階層はユーザー数ではなく機能によって異なるため、Fisheye のスターターライセンスでは 10 ユーザー、リポジトリあたり 10 コミッター、合計 5 リポジトリを使用できます。Bamboo では最大 10 のローカルビルドジョブを使用できます。

Advanced Roadmaps for Jira は Jira のライセンスにリンクしているため、Advanced Roadmaps for Jira スターターライセンスは Jira Software スターターライセンスと併用した場合にのみ機能します。

表示されていない入門者用製品の料金はありますか? 表示する

いいえ。スターターライセンスは各 $10 のみです。これには、12 か月のソフトウェア保守 (ソフトウェアの更新を含む) が含まれます。さらに、翌年以降もスターターライセンスのソフトウェア保守を継続する場合、支払う金額は 1 年あたりわずか $10 です。スターターライセンスプログラムのサポートは、アトラシアンコミュニティが独占的に提供します。

大企業の小さなチームには、スターターライセンスは適していますか? 表示する

もちろんです。アトラシアン スターター ライセンスは中小企業だけではなく、あらゆる規模の企業にお使いいただけます。チームのサイズに 10 ユーザー ライセンスでは不十分な場合は、さらに多くのユーザー数を使用できる別のエディションをいつでも購入できます。

また、アトラシアンのクラウド製品に、最大 10 ユーザー、3 エージェントまでの無料サブスクリプションもご提供しています。詳細はこちらをご覧ください。

アトラシアンの製品を使用しているのはどのような企業ですか? 表示する

アトラシアン製品は世界中で 50,000 以上のお客様に利用されています。

スターターライセンスの購入金額はチャリティに寄付されるということですが、納税控除用の寄付証明書は発行されますか? 表示する

申し訳ございませんが、発行されません。その理由は、実際にお客様はライセンスを購入し、アトラシアンがお客様の代理として寄付を行うためです。前回当社が同様のプログラムを行った際には、$100,000 以上の金額を寄付することができました。小さな貢献も積み重なると大きくなります。ご協力宜しくお願いいたします。

スターターライセンスとクラウドの無料サブスクリプションのどちらも小規模チームに適していますが、厳密なデータ要件をお持ちでなければクラウドの無料サブスクリプションをお勧めします。当社のクラウドの無料サブスクリプションは、最大 10 ユーザー、3 エージェントまで無料で、強固なセキュリティとコンプライアンス標準を満たし、物理ハードウェア、手動でのアップグレードや保守が不要です。手間がかかる部分は当社にまかせて、あなたのチームはそのリソースを利用して重要な作業に集中できます。

クラウドの無料サブスクリプションとスターターライセンスの違いは何ですか? 表示する

スターターライセンスには、以下が含まれます。

  • インストール/サーバー バージョンの永続的ライセンス
  • アトラシアンコミュニティによる独占サポート
  • 保守は $10/年で更新可能
  • 1 台のサーバー上で業務用途で使用可能
  • 最大 10 ユーザーをサポート (複数のライセンスを組み合わせられません)
  • 製品ソースコードへのアクセスを含む*

クラウドの無料サブスクリプションには、以下が含まれます。

  • アトラシアンのクラウド製品でホストされるサブスクリプション
  • 永久に無料、支払いやクレジットカードの詳細が不要
  • アトラシアンコミュニティによる独占サポート
  • 最大 10 ユーザー、3 エージェントまでをサポート
  • 最大 2GB のストレージ
  • 手動でのアップグレード、保守、またはバックアップが不要
  • 拡張 REST API へのアクセス

サポートとトレーニング

どのようなレベルのサポートを利用できますか? 表示する

お客様のライセンスには 12 か月のソフトウェアのバージョン更新が含まれ、任意で 1 年につき $10 で更新できます (全額がチャリティに寄付されます)。サポートが必要な場合は、アトラシアンコミュニティで確認または質問してください。

私のスターターライセンスが機能していないのはなぜですか? 表示する

お客様のライセンスには 12 か月のソフトウェアのバージョン更新が含まれ、任意で 1 年につき $10 で更新できます (全額がチャリティに寄付されます)。サポートが必要な場合は、アトラシアンコミュニティで確認または質問してください。

スターターライセンスが有効化されるバージョンを必ず事前にインストールしてください。

製品 最小バージョン
Jira 4.0
Confluence 3.0
Bamboo 2.4
Fisheye 2.0.5
Crucible 2.3.6
Crowd 2.4
Bitbucket 1.0

すべてのスターターライセンスでは、ライセンスが機能するにはユーザー数を 10 人以内に収める必要があります。ただし、以下の場合を除きます。

  • Fisheye: 10 コミッター、ただし 5 リポジトリ未満
  • Crucible: 5 ユーザー未満
  • Bamboo: 10 ローカル ビルド プラン未満
  • Crowd: 50 ユーザー未満
  • Fisheye: 10 コミッター、ただし 5 リポジトリ未満
  • Crucible: 5 ユーザー未満
  • Bamboo: 10 ローカル ビルド プラン未満
  • Crowd: 50 ユーザー未満
製品のドキュメントへはどこからアクセスできますか? 表示する

更新

スターターライセンスの更新料金が、他のライセンスのように購入金額の 50% でないのはなぜですか? 表示する

スターター ライセンスの収益は直接チャリティに送られるため、アトラシアンは更新料金を購入価格の 100% である $10 にすることを決定しました。

スターターライセンスの保守期間が過ぎてしまいました。更新、または新しいライセンスを購入する必要がありますか? 表示する

スターター ライセンスの保守更新料は新しいスターター ライセンスの購入と同じ金額 ($10) です。ただし、保守契約の期限が既に切れている場合、すべての更新は有効期限の前日から開始し、期限が切れた保守に対しても支払うことになるため、資金を最大限に活用するには更新ではなく新しいライセンスを購入する方がよいでしょう。

いずれにしても、必要な操作は新しいライセンスを既存のインスタンスに適用するだけです。ソフトウェアを再インストールする必要はありません。

クラウド製品への移行にご興味をお持ちの場合、最大 10 ユーザー、3 エージェントまでアトラシアンのクラウド製品の無料サブスクリプションもご提供しています。詳細はこちらをご覧ください。

ライセンスの保守契約を 1 年以上まとめて購入することはできますか? 表示する

はい、最長 2 年間の保守契約を購入できます。

スターターライセンスの保守契約期間を同期することはできますか? 表示する

いいえ、スターター ライセンスは定額のため、このサービスは提供できません。

10 ユーザーを超えた場合はどうすればよいですか? 表示する

必要なユーザー数をサポートするコマーシャル ライセンスを購入必要があります。各製品の価格についての詳細は、左側タブからご覧ください。

Jira Software

$10 で利用できる Jira Software のエディションは何ですか? 表示する

JIRA 4.0 およびこのスターター プログラムの導入により、JIRA はユーザー ベースのライセンス モデルに移行しました。つまり、以前は JIRA Enterprise Edition (RRP US$4,800) でしか利用できなかった完全なエンタープライズ機能が、すべてのエディションで利用できるようになりました。

Fisheye

私は既に 10 ユーザー Fisheye ライセンスを保有しています。$10 のスターターライセンスと 10 ユーザーライセンスの違いは何ですか? 表示する

Fisheye の $10 のスターターライセンスは、リポジトリあたり合計 10 コミッター以下および 5 リポジトリに制限されています。フル機能 10 ユーザー Fisheye はリポジトリ数も、リポジトリあたりのコミッター数も無制限です。

スターターライセンスにはどのような制約がありますか? 表示する

Fisheye スターター ライセンスは Fisheye でのユーザーが 10 未満、リポジトリごとに 10 コミッター、5 リポジトリに制限されています。

スターターライセンスの限度を超えた場合はどうなりますか? 表示する

リポジトリが 5 つより多い場合、Fisheye では指定された期間内に 5 つ以上のリポジトリを有効にすることはできません。管理者は、有効化する 5 つのリポジトリを選択できます。

インデックス作成中に 11 番目の一意のコミッターに遭遇した場合はどうなりますか? 表示する

CVS 以外のすべての SCM の場合、Fisheye は 10 番目までのすべてのリビジョンにインデックスを作成しますが、11 番目のコミッターを導入したリビジョンは含みません。CVS はファイルごとにインデックスを作成しますが、Fisheye はコミッター制限に到達するまでファイルにインデックスを作成します。リポジトリ内の残りのファイルにインデックスは作成されません。つまり、インデックスが作成されたファイルのみが変更セットに表示され、変更セットが不完全となる場合があります。

5つ以上のリポジトリで既存のインデックスを使用して、スターターライセンスで FisyEye インスタンスが起動するとどうなりますか? 表示する

Fisheye は最初の 5 つのリポジトリでのみインデックス作成を開始します。管理者は管理者 UI を使用して、どのリポジトリを有効化するかを調節し、起動する 5 つのリポジトリをコントロールできます。その後、Fisheye を再起動する必要があります。

リポジトリが 1 つ以上で、10 以上のコミッターで既存のインデックスを使用して、スターターライセンスで FisyEye インスタンスを開始するとどうなりますか? 表示する

Fisheye には、現在インデックスが作成されているすべての情報が表示されますが、10 コミッターの制限に到達した各リポジトリに対しては、それ以上のリビジョンにインデックスは作成されません。

コミッターの制限に到達しているためインデックス作成が一時停止している場合、スターターライセンスからアップグレードするとどうなりますか? 表示する

Fisheye を再起動すると、すべてのリポジトリでインデックス作成が再開されます。Fisheye の再起動を防ぐため、各リポジトリを個別に再起動できます。CVS インデックス作成の性質により、ライセンスをアップグレードする前にコミッターの制限に到達した CSV リポジトリについては再度インデックスを作成することをお勧めします。

スターターライセンスからアップグレードするときに、リポジトリの制限に到達しているため、リポジトリが起動していない場合はどうなりますか? 表示する

Fisheye の再起動時に、有効化されたリポジトリがすべて起動します。Fisheye の再起動を防ぐため、各リポジトリを個別に再起動できます。

評価ライセンスの期限が切れ、スターターライセンスを購入したが、スターターライセンスの制限は超えてる場合はどうなりますか? 表示する

上記のように、最大 5 リポジトリが起動し、10 コミッター以上のリポジトリの場合、それ以上のインデックス作成は行われません。インデックスが作成されたすべての既存コンテンツは保持され、表示できます。

スターターライセンスにダウングレードするときに、リポジトリの制限を超えている場合はどうなりますか? 表示する

最大 5 の構成済みリポジトリが起動します。リマインダーは起動しませんが、引き続き利用できます。

スターターライセンスにダウングレードするときに、1 つ以上のリポジトリでコミッターの制限を超えている場合はどうなりますか? 表示する

コミッターの制限を超えているリポジトリに対しては、それ以上のインデックス作成は行われません。

トレーニングはどのように提供されますか? 表示する

トレーニング セッションはインタラクティブなウェビナーおよびオンライン ビデオ リソースとして提供されます。コースは Jira または Confluence ないでの実用的なサンプルを使用して、PowerPoint スライドのセットとして提供されます。

Crucible

Crucible スターターライセンスを Fisheye と使用することはできますか? 表示する

Crucible スターターライセンス はスターターおよび商用 Fisheye インストールの両方で作動し、Fisheye のリポジトリ要件を反映します (例: リポジトリ数制限付きの Fisheye スターターで作業している場合、Crucible はその数のリポジトリのみをサポートします。商用 Fisheye の場合、リポジトリ数に制限はありません)

Bamboo

Bamboo スターターライセンス使用時にはどのような制限がありますか? 表示する

Bamboo スターター ライセンスでは、10 ビルド ジョブ、0 リモート エージェントに制限されますが、実行できるローカル エージェントの数は無制限です。ジョブは、プラン内の 1 つのビルドです。1 つ以上のジョブを 1 つ以上のステージにまとめられます。10 ジョブの制限がある場合、最大 10 プランにジョブを分配できます。たとえば、プランごとに 1 つのジョブを分配したり、1 つのプラン内に 10 ジョブすべてを分配したりできます。プランをビルド/実行する回数に制限はありません。

注意点として、プラン ブランチを使用しても、設定したジョブ数が乗算的には増えないため、10 ジョブの制限に影響することはありません。たとえば、あるプランの中に 2 つのジョブがあり、3 ブランチに対してビルドを実施するとすれば (元のブランチ + 2 つの派生ブランチ)、制限数に対して 2 ジョブとしてカウントされます。

拡張プラン ブランチ設定を使用する場合は、ブランチ ジョブはライセンスによる制限までカウントされます。