Close

最新の人材運用チーム向けの対話型チケット管理

Slack と Microsoft Teams のメッセージから、人事チケットを直接作成して管理します。福利厚生に関する質問、オンボーディング リクエストなどについて、簡単に追跡、自動化、レポートできます。

管理者でない場合は、Slack サンドボックスをお試しください

OVER 2M REQUESTs TRACKED AND COUNTING
Slack のロゴ
デリバリー ヒーローのロゴ
Hopper のロゴ
Paylocity のロゴ
Webflow のロゴ

Slack または Microsoft Teams で人事運用リクエストを直接管理

メッセージング プラットフォームに直接構築された軽量のリクエスト管理ソリューションによって、リモートワークの課題を解決して従業員が質問を迅速に解決できるようにします。

メッセージをチケットに変換

絵文字やメッセージのアクションを使用して、すべてのメッセージを追跡可能なチケットに変換しましょう。

チケット作成のスクリーンショット
オンボーディング リクエストのスクリーンショット

オンボーディングを簡素化

カスタマイズ可能なオンボーディング ワークフローを作成して、新規採用の初日と日常業務を劇的に簡素化します。

すべての作業を把握

人事と福利厚生に関する質問を単一の機密情報トリアージ チームにルーティングします。解決までの時間と解決済みのケースの数を報告します。

チャートのスクリーンショット
すべてのメッセージを保存済みの回答に変換

ベータ版 Slack のみ

すべてのメッセージを保存済みの回答に変換

繰り返される質問への応答を自動化して、従業員が自己解決できるようにします。

引用符

Halp を見た途端に思いました。どこで申し込めばいい?どうやったら入手できるんだ? だって、やりたかったことはまさにこれだったからです。これこそ、Slack 入社以来、今日までずっと待ち望んでいたツールだったのです」

Josh Senick、Slack、シニア マネージャー、ビジネス テクノロジー オペレーション

ハイライト

対話型チケットのメリット

Halp は Slack と Microsoft Teams を愛用するユーザーに最適な、最先端で軽量なヘルプ デスクです。

プロセスのアイコン

強力なワークフローで日常業務を自動化する

ワークフロー エンジンを使用して、チケット フィールド、フォーム、キーワード、返信などに基づいてアクションを自動化します。

アバター グループ アイコン

チームのパフォーマンスに関する実用的なレポート

チケットのボリューム、応答/解決までの時間、エージェントのパフォーマンスを測定します。

メガホンのアイコン

チケットのアップデート通知をチャットで直接受け取る

Slack または Teams でチケットの進捗を追跡してエンドユーザーとエージェントを直接更新し、迅速な解決を図ります。

バッジのアイコン

メール ベースのチケットをキャプチャして回答する

メールとチャットの両方で送信されたチケットを一元管理します。

親指を立てるしぐさのアイコン

主要な関係者と情報を共有して、承認を合理化する

外部のコラボレーターをチケットに追加することで、コラボレーターが履歴を確認して迅速な承認に簡単に返信できるようにします。

チェックリスト アイコン

選択したツールでチケットを管理して検索する

使いやすい Web インターフェイスを使用して、チケットのリストと履歴を表示し、管理者設定を管理し、返信します。

設定アイコン

フィールド、ステータス、フォームをカスタマイズする

チームの個々のニーズに合わせて簡単に設定をカスタマイズして、オペレーションを合理化します。

スピードメーターのアイコン

応答時間を短縮して、顧客満足度を向上させる

すでに作業中の従業員とつながって繰り返しタスクを自動化し、リクエストを迅速に処理します。

1UP のアイコン

チーム独自のリクエストを管理できるように権限を付与する

キューを設定して、チケットを組織内の別のチームにルーティングします。

統合

スタンドアロンで稼働、またはすでにチームが活用しているシステムと統合

Jira Service Management logo

複数の Jira プロジェクトと、コメント、フィールド、フォームを双方向同期します。

Jira Service Management logo

複数の Jira プロジェクトと、コメント、フィールド、フォームを双方向同期します。

Halp のロゴ

チケット管理システムがなければ、Halp の優れたチケット管理プラットフォームを単独で使用しましょう。