Close
Flo health のロゴ
Flo + アトラシアン

すべてのツールがシームレスな 1 つのワークスペースに統合されたことで、ワークフローの管理方法や次に行う作業を考えるのではなく、当社の使命と製品目標に集中できるようになりました。

900%

Reduction in maintenance overhead

1 日当たりのデプロイメントの増大率

50%

Reduction in maintenance overhead

サイクル期間の短縮率

99%

Reduction in maintenance overhead

解決までの平均時間の短縮率

Flo 社は Atlassian のクラウド製品でコラボレーションを改善して、世界中のウェルビーイングを向上させます

さまざまな部門すべてが 1 つの統合されたクラウドベースのアトラシアン プラットフォームを利用することで、Flo のチームは円滑なコラボレーション、パフォーマンスの追跡、ワークフローの最適化を実現しました。その効果は、組織内でも、ユーザーにも表れています。社内チームはデプロイメント速度を 900% 超高め、サイクル期間を 88% 削減し、解決までの平均時間を 99% 短縮しました。このような迅速なデリバリーとサービスに支えられ、Flo の最も評価の高いアプリは、世界中で 1 億 6,500 万人を超える人々が自分の身体をより良く理解するのに役立っています。

人々が自分の身体をより良く理解し、大切にできるようになる手助けとなる、効果的な健康情報アプリを構築するには、科学と感情、自動化と人間による操作、セキュリティと率直さなど、一般に対立する要素間の溝を埋める必要があります。Flo の医療の専門家とテクノロジーの専門家は、これらの要素を巧みに組み合わせました。できあがったアプリがそれを証明しています。

わずか 5 年間で、Flo は新興の月経周期と排卵時期の追跡アプリから、最高評価を得る総合健康アプリへと成長しました。今では 1 億 6,500 万人を超える人々が、このアプリを使用して積極的に自分の健康状態を監視し、身体からの信号を感知しています。また、モードを切り替えることで、自分の目的 (月経周期の追跡、妊娠、または妊娠後) に最も適した分析情報を見つけ、セキュリティで保護された空間で他の人から個人的なサポートを受けています。Flo チームはアトラシアンとともに、この進化の各ステップを進めてきました。

アトラシアンの統合された、完全なクラウド製品スイートを導入することで、従業員は互いに助け合い、顧客により良いサービスを提供できるようになりました。さまざまな部門がコラボレーションし、パフォーマンスを追跡し、ワークフローを最適化できる 1 つの中央プラットフォームを構築することで、Flo のチームは内部ではデプロイメント速度を 900% 超向上させ、サイクル期間を 88% 短縮し、解決までの平均時間を 99% 短縮しながら、対外的には顧客が自分の身体をより良く理解できるようにしました。

毎月大型のリリースを 1 つ行うのではなく、毎日 10-20 の本番環境へのデプロイを行うようになりました。また、開発サイクル期間を 5.8 日から 2.9 日に短縮し、標準偏差を 19.8 日から 3.5 日に縮めました。

Roman Bugaev 氏
CTO

コラボレーションの触媒

Flo は当初から多くの複雑な課題に直面していました。課題の一部は同社の業種に特有のものです。たとえば、機械学習技術を実際の専門家からの健康情報とどのように組み合わせるかの解明や、プライバシーとコミュニティ構築のバランスなどです。また、あらゆる業種の急成長企業に共通の課題もありました。たとえば、成長速度を高め、成果を上げるために最新の手法を導入すること、まとまりを保ち、品質を確保しながら迅速に拡張すること、世界各地からリモートで作業することなどです。あらゆる課題で、Flo のチームはアトラシアンのクラウド製品を活用して解決策を講じました。

クラウド上で業務を行うという Flo の決断は、同社がイノベーションとセキュリティに熱心に取り組んでいたことから生まれました。アトラシアンが ISO/IEC 27001 認証を取得していたことで、Flo はアトラシアンのソリューションはデータ保護とリスク管理に役立つと確信しました。「当社では十分なデュー デリジェンスを実施し、アトラシアンのセキュリティ、プライバシー保護手法、オペレーションが当社のコンプライアンス ニーズを満たすことを確認しました。Atlassian Cloud は信頼性が高く、他の企業からも信用されている成熟したソリューションであると判断しました。業務をクラウド上で行うことで、ツールや保守ではなく、プラットフォームに集中できるようになります」と、CTO である Roman Bugaev 氏は述べています。「クラウドは、監査ログなどの機能が使用できるため、安全性やコンプライアンスにも優れています。アトラシアンの製品を利用した際、当社のシステムが適切に管理されていると確信できました。この同じ環境を社内で構築するとなれば、多大な時間とリソースがかかります。その時間とリソースは当社の製品に費やすべきです」

最初は、エンジニアリング チームがコード管理のために Bitbucket Cloud を、ナレッジの保存のために Confluence Cloud を、効率的でアジャイルな製品開発のために Jira Misc Workflow Extensions などのアドオンを備えた Jira Software Cloud を採用しました。これが自然に広まったことと、社内の推進者の働きがあり、後に全社でアトラシアン ソリューションを採用しました。これにより、チーム間での業務や情報の共有や、顧客への情報伝達がはるかに容易になりました。今では、エンジニアからコンテンツ作成者、医療の専門家、カスタマー サービス担当者まで、誰もが日常的にさまざまなアトラシアン製品を利用しています。

業務をクラウド上で行うことで、ツールや保守ではなく、プラットフォームに集中できるようになります。クラウドは、監査ログなどの機能が使用できるため、安全性やコンプライアンスにも優れています」

Roman Bugaev 氏
CTO

分散したチームでサービス文化を構築する

技術職と非技術職、オンサイトとリモートのコラボレーターなど、Flo のさまざまなチームが全社的にサービス文化を形成しています。アトラシアンはその中心となる柱として、同社の効率と有効性を支えています。

たとえば、非技術職では法務とコンプライアンスは、従業員が入社、退職したり、新しい職務に就いたりした場合は必ず、Jira Service Management を利用してどのタスクを完了する必要があるのかを確認しています。コミュニケーション マネージャーの Daria Grishechkina 氏は、彼女のチームも複数のアトラシアン製品を使用して、全社の主な関係者とコンテンツ作成についてコラボレーションしたと話してくれました。彼女は次のように言います。「すべてのコンテンツは、法務、医療、製品管理などによる多数の校正と編集を受けて、証拠に基づく信頼に足る情報を提供していることを確認しなければなりません。私たちは、作成からレビュー、配信まで、すべての段階にアトラシアンを使用しました」

Flo の技術チームも、統合されたアトラシアン プラットフォームを利用して他の部門と連携し、業務のあらゆる側面を強化しました。日常的な製品管理とアジャイル開発に加え、エンジニアリング チームは Jira Service Management を使用して、迅速にサービス リクエストを管理し、アラートを監視して、オンコール スケジュールを調整しています。これは、多数のチームが異なるタイムゾーンに分散している場合、厄介な仕事です。Roman 氏は次のように言っています。「監視は行っていましたが、自分の机を離れているときにメールを受信した場合、対応するのは困難でした。Jira Service Management で Opsgenie のインシデント対応機能を利用することにしたのは、本当に良い決断でした。今では、製品開発チームすべてがサービス デスクを設け、自分たちがいつ通知を受信するかを定めたローテーション スケジュールを利用しています。おかげで、問題が起こったときにより速く対応できるようになりました」

連携され、構造化されたサービス管理とアラート システムを導入したことで、Flo は解決までの平均時間を 99% 短縮すると同時に、精神的な負荷も軽減しました。これらはいずれも、従業員の士気の高揚に役立ちました。「これまでは、誰もが (問題に対応するために) Slack に飛びつかなければなりませんでした。今では、整頓されたワークフローと Jira Service Management とその他の製品との統合によって、エンジニアの負荷が大きく軽減されました。疲労度も減り、仕事を前よりも楽しんでいます」と Roman 氏は述べています。「アトラシアンのツールと厳密に手順が決められている、整ったプロセスのおかげで、タスクをどう実行するかを考えなくて済むようになり、ユーザーに提供する価値に集中できるようにもなりました」

Roman 氏はさらに、Jira Service Management、Jira Software、Bitbucket、Confluence およびワークフローで使用しているその他の重要なツール (Slack、Snyk、SonarQube など) 間の統合によって、Flo の DevOps と ITSM 手法が促進されたとも述べています。Dynamic Forms や Extensions for Jira Service Management のような Marketplace アプリではさらに多くのコンテキストやカスタマイズ オプションを利用できるため、時間の節約となり、従業員はより多くの情報に基づいた意思決定が下せるようになります。

たとえば、IT、開発、セキュリティ部門はアトラシアンを利用したコラボレーションによって、問題を解決し、根本原因を特定して、将来の問題を防いでいます。Roman 氏は次のように説明します。「Jira チケットにリンクされ、さらに Confluence、Bitbucket、Slack にもリンクされている、すべてのデプロイメントを確認できる CI/CD パイプラインができたので、問題の原因を見つけやすくなりました。Bitbucket は Slack と統合されているので、パイプラインがいつ追加されたのかを確認できます。インシデントが発生したときには、すぐに Slack チャネルを作成し、連携して対応できます。それから Opsgenie では、画面上ですべてのインシデントを確認できるので、傾向を確認して、事後分析をスケジュールするかどうかを決定し、インシデントを Slack の会話にリンクして履歴を表示できます」

一丸となって問題に取り組むエンジニアにとっても、協力して健康情報を伝える医療の専門家、製品開発者、コンテンツ作成者にとっても、アトラシアンはチームとユーザー間で情報を伝達するための主要なサービス チャネルです。Roman 氏は次のように言います。「アトラシアンのおかげで、すべてのチームが 1 つになりました。ユーザーフレンドリーな UI と統合によって、医療の専門家がスムーズにチームに加わり、すぐに仕事を始められました」彼らがすぐに仕事に着手すれば、それだけ速く当社と顧客に変化をもたらすことができます。

整頓されたワークフローと Jira Service Management とその他の製品との統合によって、エンジニアの負荷が大きく軽減されました。疲労度も減り、仕事を前よりも楽しんでいます。

Roman Bugaev 氏
CTO

人を第一に – 周期

Flo は基本的な月経周期トラッカーから、高度な健康福祉アプリへと進化し、Atlassian Cloud 製品も同社とともに進化しました。Flo のチームがアトラシアンのソリューションをさらに拡張し、統合するにつれ、社内でも、提供しているサービスでも努力の成果が現れてきました。

「当社は非常に競争の厳しい市場で戦っています。ですから、できる限り効率的であることが非常に重要です。アトラシアンを利用して多数の自動化と最適化を行ったことで、プロセスのボトルネックを解消し、より迅速に目標を達成できました」と、Roman 氏は説明します。「たとえば、毎月大型のリリースを 1 つ行うのではなく、毎日 10-20 の本番環境へのデプロイを行うようになりました。また、開発サイクル期間を 5.8 日から 2.9 日に短縮し、標準偏差を 19.8 日から 3.5 日に縮めました」

このような効率化によって、Flo チームの作業速度が高まっただけでなく、チームの時間と労力を最も重要な業務に集中できるようにもなりました。Roman 氏は次のように述べています。「当社の大きく、野心的な目標は、女性が自らの健康を優先し、自分自身を最も大切に扱うために必要な知識を得られるようにすることです。すべてのツールがシームレスな 1 つのワークスペースに統合されたことで、ワークフローの管理方法や次に行う作業を考えるのではなく、この使命と製品目標に集中できるようになりました」

Flo はすでにこの使命達成に向けて順調に進んでおり、これまでの成功から前進を続ける意欲も高まっています。より連携を高めることで、Flo は世界中の何十億もの人々が自分の身体とより強く結び付き、健康状態を理解するための重要な役割を果たせるでしょう。

クラウドへの移行の詳細については、「クラウド移行センター」を参照してください。

次のストーリー
Rockwell Automation
Rockwell Automation

Rockwell Automation は、Atlassian Cloud への移行後に、よりセキュアで接続されたエンタープライズを作成します

次のストーリー
Lucid のロゴ
Nextiva

プラットフォームは 1 つ、摩擦なし: Nextiva がアトラシアンのクラウド製品を利用してビジネスを拡張し実現した方法

次のステップ

クラウドを詳しく知る準備はできましたか?