Close
2020 年 11 月に一般アップデートで公開

Jira Service Management (以前の Jira Service Desk) の紹介

次世代の Jira Service Desk となる Jira Service Management を発表させていただきます。

リクエスト ポータル、サービス カタログ、キュー、SLA など、Jira Service Desk の豊富な機能を継承しているだけでなく、Jira Service Management には以下のような新しい機能もあります

Opsgenie による近代的なインシデント管理: Jira Service Management のすべてのクラウド エディションで、人気の Opsgenie からオンコール スケジューリング、アラート、関係者が一丸となってインシデントに対応するための機能などを利用できます。それに加えて、Jira Software、Bitbucket、Confluence とのより深い統合によって、エンドツーエンド インシデント解決プロセスのさらにシームレスなオーケストレーションが可能になります。

DevOps 時代を見据えた変更管理: ソフトウェア開発とインフラストラクチャ関連ツールの両方からより豊富なコンテキスト情報を得ることで、サービスの変更に関するよりスマートな決定を下します。自動化された変更リスク評価、高度な承認ワークフロー、Bitbucket Pipelines、Jenkins、CircleCI などの人気の CI/CD ツールとの深い統合によって、より速いイノベーションが可能になります。

直感的なサービス エクスペリエンス: 新しいエージェント エクスペリエンスによって、サービス要求、インシデント、問題、変化の分類がより容易になります。バルク チケット アクションや類似するチケットをインテリジェントにグループ化する機会学習機能などの新機能によって迅速にアクションを取ることができます。

近日、Jira Service Management には、Halp との統合によって、Mindville Insight 製品による資産および構成管理とクラス最高水準の会話チケット機能が追加されます。

今すぐ始める

Jira Service Desk をご利用の場合、こちらから無料トライアルを作成できます。

現在 Jira Service Desk をご利用のお客様では、チーム管理者向けに Jira Service Management プロジェクトを開始するオプションが表示されます。現在の Jira Service Desk チームは、現在と同じコストおよびプラン レベルで Jira Service Management に移行されます。すぐに変更が表示されなくても、間もなく公開されますのでご安心ください。

これまで通りのエクスペリエンスを引き続きご利用いただくこともできます。移行と変更の詳細については、こちらの FAQ をご確認ください。

Atlassian の使命は、あらゆるチームの可能性を解き放つことです。IT チームのポテンシャルを解放するための大きな一歩を踏み出そうとしています。すべてのビジネスにおいて、デジタル トランスフォーメーションがこれまで以上に重要になっており、IT 以上にそのポテンシャルを活用できるチームはありません。

あなたとあなたのチームには、ぜひ当社のサービスをご活用いただきたいです。


関連記事
変更管理

Jira Service Management での変更管理

IT 運用チームがより良い決定を下してリスクを最小限に抑えられるように、ソフトウェア開発ツールからの変更に関するより豊富なコンテキスト情報を提供します。

クラウド

新しい ITSM プロジェクト テンプレート

この新しい ITSM プロジェクト テンプレートでは、サービス リクエスト、インシデント、問題、変更のキューによる ITSM に重点を置いたナビゲーションをご利用いただけます。