インシデント管理と対応

Opsgenie は、問題がいかに企業のサービスに影響を与えるかを理解しており、すべての関係者にサービスの停止をあらかじめ連絡するのに役立ちます。サービスが停止する前に計画を立て、Opsgenie を介してメッセージの送信、ステータスページの作成を行い、インシデントが発生したらすぐにカンファレンスブリッジを実行できます。関連性の低い情報をシャットアウトすることで、チームは集中して解決策を探ることができます。

鉛筆とチャートの書かれた紙

チームごとのサービス管理


Opsgenie は、アラートとそれに影響を受けるサービスをマッピングし、どのチームに対応を任せ、誰に解決までの最新の進行状況を通知すべきかを明確にします。さまざまなチームが同時に通知を受け、解決に向けたコラボレーションに必要なツールが提供されます。

インシデントテンプレートのスナップショット
Blueprint

計画とシナリオ


Opsgenie のインシデントテンプレートを使用して、インシデント対応を計画し、さまざまな優先度に対する異なるワークフローを設定します。各タイプのインシデントには、必要な対応チーム、関係者、問題をすばやく解決して各関係者と効果的に連携するために最適なコラボレーションチャネルを事前定義します。

インシデント編集のスナップショット

ステータスページ

対応担当者が適切なコンテキストに集中して問題を迅速に解決できるように、インシデント対応中は不要な情報を削減します。各インシデントの最新のアップデートを、ステータスアップデートで個別に示します。また、システムの健全性を概観するサービスステータスページを表示できます。

サービスステータスのスナップショット
メガホンアイコン

関係者のコミュニケーション


組織の規定に従って、組織内の関係者にインシデントを通知します。関係者は、自動通知の受信とステータスページの閲覧、またはステータスページの更新通知を受け取ることで、インシデント解決までの進行状況とサービスの品質を常に確認できます。

ノードクラスターアイコン

アラートクラスタリング


さまざまなシステムから発せられた関連するアラートを、指定した条件に基づいて自動でグループ化します。これにより、関連性の低い情報を減らし、担当者が適切な状況に目を向け、迅速に問題を解決できるようにします。


インシデント後のスクリーンショット

Jira Software および Jira Service Desk

Jira Service Desk の課題をインシデントにリンクして、インシデントのスコープ全体と顧客への影響を追跡できます。さらに、Jira 課題をインシデント詳細から直接リンクまたは作成して、後続のタスクを確実に処理できます。

インシデント後の分析

Opsgenie のインシデント後の詳細な分析レポートにより、重大なインシデントに対してチームがどのように対応したかを正確に把握します。レポートでは、各チームが実行したアクション、チームの解決への寄与、ステータス変更が関係者にどのように通知されたかなどの詳細を把握できます。これで、うまく対応できた分野と改善すべき分野を瞬時に特定できます。

インシデント後のスクリーンショット
インシデントタイムラインのスナップショット

インシデントのタイムライン

インシデントタイムラインは、インシデントのライフサイクルを通して信頼できる情報源であり、インシデントのステータス、関連するアラート、インシデントコマンドセンター (ICC) のアクティビティなどの重要な詳細がリスト表示されます。インシデントタイムラインのデータはインシデント事後分析に自動で追加されるため、チームはインシデントのライフサイクル全体を通じてすべてのイベントの記録を表示できます。

外部サービス

一般向け Statuspage ページがある外部サービスのインシデントを追跡します。対応する外部サービスの Statuspage にインシデントが作成されると、Opsgenie 内のサービスに登録しているユーザーとチームにアラートを発信します。

外部サービスのスナップショット

サービスへの影響を考慮したインシデント管理をお試しください