Opsgenie の詳細を見る

Opsgenie は、DevOps チームがサービスの停止に備え、インシデント発生時にもコントロールを保てるよう支援します。


Opsgenie の詳細を見る

Opsgenie は、DevOps チームがサービスの停止に備え、インシデント発生時にもコントロールを保てるよう支援します。


ダッシュボードのスクリーンショット

実用的で信頼できるアラート

Opsgenie を使用すれば、重要なアラートを見逃しません。監視、チケット、チャットの各ツールに密接に統合することで、Opsgenie はアラートを 1 つにまとめ、ノイズを除去し、複数のチャネルを使ってチームに必要な情報を通知できるため、すばやく問題を解決できます。

オンコール管理と
エスカレーション

Opsgenie はオンコール管理を簡単にします。スケジュールの作成と変更、エスカレーションルールの定義を 1 つのインターフェースで行えます。チームはインシデント中にオンコール担当者と説明責任者を常に把握し、重要なアラートを見逃さないという自信を持つことができます。

スケジュールのスナップショット
ダッシュボードのスクリーンショット

高度なレポートと分析

正常に処理された分野と、改善すべき分野の情報を取得します。Opsgenie はアラートとインシデントに関連するすべてを追跡します。強力なレポートと分析機能を使用して、多くのアラートの原因、承認および解決時のチームのパフォーマンス、オンコール作業負荷の分散方法を明らかにします。

チェックマーク

サービスへの影響を考慮したインシデント管理

Opsgenie は、問題がいかに企業のサービスに影響を与えるかを理解しており、すべての関係者にサービスの停止をあらかじめ連絡するのに役立ちます。サービス停止が起きる前に計画を立て、インシデントが発生したらすぐに Opsgenie でメッセージの送信とステータスページの作成を行い、カンファレンスブリッジを実行します。関連性の低い情報をシャットアウトすることで、チームは解決に注力できます。

メッセージの吹き出し

コミュニケーションとコラボレーション

すばやい応答の鍵は、効果的なコミュニケーションとコラボレーションです。Opsgenie は現在一般的に使用されているチャットツールと密接に統合できるため、アクションの実行とコラボレーションがスムーズになります。仮想の戦略会議室を作成して複数のチーム間の応答を調整したり、Opsgenie の一括通知機能を使用して関係者が常に最新情報を把握できるようにしたりすることも可能です。

Opsgenie を実際に体験

「Opsgenie を導入して以来、重要なアラートを見逃さなくなりました。また、未回答のエスカレーションもなくなりました」

Hillsouth 創設者および CEO、Robby Hill 氏