Close

サービスへの影響を考慮したインシデント管理

Opsgenie は、問題がいかに企業のサービスに影響を与えるかを理解しており、すべての関係者にサービスの停止をあらかじめ連絡するのに役立ちます。サービスが停止する前に計画を立て、Opsgenie を介してメッセージの送信、ステータスページの作成を行い、インシデントが発生したらすぐにカンファレンスブリッジを実行できます。関連性の低い情報をシャットアウトすることで、チームは集中して解決策を探ることができます。

Arrows in bullseye

Call routing


Opsgenie は、アラートとそれに影響を受けるサービスをマッピングし、どのチームに対応を任せ、誰に解決までの最新の進行状況を通知すべきかを明確にします。さまざまなチームが同時に通知を受け、解決に向けたコラボレーションに必要なツールが提供されます。

インシデントテンプレートのスナップショット
Avatar of robot

Auto attendant


Setup an auto attendant to help respond faster to a customer’s needs. Calls can be routed to different people or teams based on the caller's input (press 1 for network team, press 2 for ...)

インシデント編集のスナップショット
Document with line chart

Complete tracking and analytics


Call metrics are tracked from beginning to end. All activity including when the call is received and how it is routed as well as who answered and how long it lasted can be included in your metrics.

Incoming call routing snapshot

Phone icon

Local phone numbers


組織の規定に従って、組織内の関係者にインシデントを通知します。関係者は、自動通知の受信とステータスページの閲覧、またはステータスページの更新通知を受け取ることで、インシデント解決までの進行状況とサービスの品質を常に確認できます。

Org chart icon

Call escalations


Opsgenie can try multiple users until someone answers the phone. You can specify the order of users or let Opsgenie pick someone randomly. Opsgenie only connects the caller, when a live person answers the phone by requesting the user to press a key.


サービスへの影響を考慮したインシデント管理をお試しください