Close

Advanced Roadmaps

Jira Software 用の Advanced Roadmaps を利用すると、複数のチームやプロジェクト全体で作業を戦略的に計画して追跡できます。これは大規模環境のチームをサポートするために設計されており、現在と将来のイニシアチブの健全性を確認するための信頼できる唯一の情報源を利用して、ユーザーはキャパシティに基づいて計画を作成したり、依存関係を追跡したり、競合する優先事項を管理したり、代替シナリオを検討したりできます。

Advanced Roadmaps では Jira Software のボード、プロジェクト、フィルターを使用して、カスタマイズ可能なインターフェイスでデータを視覚化します。サンドボックス環境として機能するため、計画や実験を行ってから Jira Software の元データを更新できます。1 回のクリックで、プランの重要なパスを確立してさまざまな他のオプションを調べ、Jira Software インターフェイスを更新できます。

このガイドでは、最初のプランの作成方法やシームレスな計画エクスペリエンスのベスト プラクティスなど、Advanced Roadmaps の主要な概念について説明します。

Advanced Roadmaps は、Jira Software Premium の一部としてご利用になれます。無料でお試しください。


主要な概念

計画する

プランは、組織の目標を示してチームがマイルストーンと主要な成果を達成するための道筋を伝達する、信頼できる共有の情報源です。Advanced Roadmaps では、プランは複数のプロジェクトにわたって作業している複数のチームのロードマップを組み合わせて、それらを組織全体のイニシアチブに繋げます。

プランを使用するメリットは、プランが全体像を確立していることや、チームの作業が他のチームの作業とどのように関連するかを示していることです。プランは各チームが広範な組織の目標にどのように貢献しているかを視覚化します。

Advanced Roadmaps for Jira Software におけるプランのロードマップ ビュー

課題ソース

課題ソースは、プランを作成するために Jira Software で使用するデータを決定します。課題ソースは完了すべき作業と解決しようとしている問題を示します。最初にプラン作成時に課題ソースを選択して、いつでも調整できます。

Advanced Roadmaps には、次の 3 つのタイプの課題ソースがあります。

  • ボード (スクラムまたはカンバン) — チームに関連する課題。チームの作業量と作業の進捗を追跡します。ボードはスクラムまたはカンバンに分類できます。スクラム ボードはスプリントまたはイテレーションで作業を計画するチーム向けですが、カンバン ボードは継続的な作業フローを行うチームに適しています。
  • プロジェクト — 製品や機能など、特定の目的または成果物によって定義される課題。
  • フィルター — Jira Software のクエリによって定義される課題、または JQL (Jira クエリ言語)。

Advanced Roadmaps のプランをより詳細に設定するには、プラン設定の詳細をご確認ください。

ヒント: Advanced Roadmaps でスプリントを計画する場合は、課題ソースとしてスクラム ボードを使用してスプリント計画機能を活用しましょう。

カンバン チームはスプリントでは作業しないため、作業は利用可能な週あたりの時間数に基づいて計画されます。

Advanced Roadmaps 計画の課題ソース

除外ルール

除外ルールを使用してプランの課題ソースを絞り込めるため、最も関連性の高い課題が表示されます。重点に応じてルールを設定して、特定の課題タイプ、ステータス、またはリリースを除外できます。また、完了済みの課題をプラン内に保持する期間を調整できます。

除外ルールを設定するには、次の手順に従います。

  1. > [設定] の順に選択します。
  2. [除外ルール] を選択します。

ヒント: 除外ルールを設定して、理解しにくい複雑なプランに重点を置きます。

Advanced Roadmaps に表示された課題を絞り込む

階層

階層は、プロセス ベースの小規模なタスクを部門横断型の成果物に関連付けて、それらを広範な組織の目標にエスカレートします。作業の構造に応じて、階層レベルはプランのスコープ内のさまざまなレベルの詳細を表して、それらの関連性を示します。

Advanced Roadmaps の階層は、次の Jira Software の既定の課題タイプから継承されます。

  • エピック — ストーリー、タスク、バグに分割できるまとまった作業のことです。プランでは、エピックとは重要なマイルストーンや成果物を表します。エピックに含まれる作業は、複数のチーム全体に割り当てられます。
  • ストーリー、タスク、またはバグ — ストーリーとタスクは、完了する必要がある作業を表す課題です。バグは、作業の進捗または機能を妨げる問題です。これらの課題タイプは、特定のチームに割り当てられます。
  • サブタスク — ストーリー、タスク、またはバグの完了に必要となる詳細な個々の作業です。Advanced Roadmaps では、個別にはサブタスクをチームに割り当てられません (親課題に割り当てられたチームが継承されます)。

組織全体で作業を計画して追跡する場合は、エピック上に階層レベルを作成する必要があります。たとえば、全社的な目標を表すイニシアチブの階層レベルを作成できます。イニシアチブがエピック レベルより上に配置された場合、そのイニシアチブはエピックのコンテナーとして使用できます。階層レベルの設定とカスタマイズに関する詳細については、こちらをクリックしてください。

Advanced Roadmaps でエピック上の課題の階層を設定するヒントとベスト プラクティスについては、こちらの短いビデオをご覧ください。今すぐ見る

Advanced Roadmaps で階層レベルを設定する

チーム

チームは、プランの課題ソースに関連付けられるため、プラン内で直接作業を管理できます。チームでは、チームに基づいて作業をグループ化してフィルタリングし、キャパシティに応じて作業の割り当てを管理できます。

チームの調整は、通常、作業の構造に応じて、プロジェクト マネージャーまたはプログラム マネージャーが主導します。目標の優先順位付けと不可欠な道筋を決定することによって、マネージャーは部門横断型のプランの推進者と意思決定者となります。チーム リーダーとドメイン リーダーは、キャパシティを管理して関連するチームに作業を割り当て、プランに貢献します。

Advanced Roadmaps でチームを管理することに関する詳細

ヒント: Jira Software では、Advanced Roadmaps の [チーム] フィールドは既定では表示されません。シームレスな計画エクスペリエンスを実現するには、チーム フィールドを有効化して課題ソースとして利用した Jira Software プロジェクトに表示します。

キャパシティ

キャパシティは、特定の期間にチームが実行する作業単位を示します。作業を完了するためのチームの能力を特定のマイルストーンによって推定するのに利用でき、重要な決断を下す際のリスクの評価に非常に役立ちます。

キャパシティは、チーム リーダーやドメイン リーダーによってプランに追加されます。リーダーはチームの可用性、リソースの割り当て、他のプロジェクトの優先順位を定期的に評価しています。

キャパシティの測定は、スクラム チームとカンバン チームで異なります。どちらのタイプのチームも時間 (日数または時間) でキャパシティを測定できますが、スクラム チームはストーリー ポイント (必要な労力の相対的な見積もり) も利用できます。その理由は、スクラム チームが区切られた期間のイテレーション (スプリント) 内で作業して、カンバン チームは継続的な作業フローを通して進行するためです。

Advanced Roadmaps のキャパシティ計画は、スクラム チームとカンバン チームの両方でご利用いただけます。ただし、スプリント計画は、課題ソースとしてスクラム ボードを利用するチーム専用です。スプリント計画の機能を利用すると、各スプリント、プロジェクト リリース日、またはチームのキャパシティに基づいたマイルストーンに対して作業を割り当てられます。また、スプリントが過密になっている場合 (割り当て済みの作業がチームのキャパシティを超える場合) も表示されます。キャパシティ計画の詳細

Advanced Roadmaps における効果的なキャパシティ計画に関するヒントとベスト プラクティスは、こちらの短いビデオをご覧ください。今すぐ見る

依存関係

依存関係は、不測の事態やブロッカーなど、プラン内にある課題間の関連性を示します。プロジェクト マネージャーやプログラム マネージャーがロードマップの重要な経路を決定する際に、依存関係を視覚化して把握することは不可欠です。依存関係が完全にマッピングされると、チームは適応して代替経路を計画できます。

依存関係は、バッジ、列、または線によってタイムラインに表示されます。

Advanced Roadmaps のロードマップ タブにおけるタイムラインと依存関係ビュー

また、[依存関係レポート] タブで依存関係を表示できます。これはプラン内の課題間の関連性を視覚化します。

Advanced Roadmaps の依存関係レポート タブ

依存関係は、依存元または依存先になります。依存関係では課題が他の課題をブロック、またはブロックされたタイミング、および優先順位を付ける課題を示して、確実に作業が進行するようにします。

依存関係の管理に関する詳細

シナリオ

Advanced Roadmaps は Jira Software データのサンドボックス環境として機能するため、シナリオを使用してマイルストーンまたはプロジェクトの完了までの代替経路を探索できます。さまざまなシナリオを使用して計画することで、最小限の影響で順応できるようにします。最高のケースを考慮しながら最悪のケースのための計画も用意して、他のあらゆるケースに対しても準備を整えられます。

シナリオの使用に関する詳細

Advanced Roadmaps のシナリオ

保存済みビュー

プランは本質的に複雑ですが、保存済みビューによってさまざまな対象者向けにプランをカスタマイズできます。これは特に、大規模な部門横断型のプロジェクトに役立ちます。そのようなプロジェクトでは、さまざまな関係者が特定の関心やニーズを考慮してプランを確認します。プランをカスタマイズしてさまざまな側面を強調し、いつでも簡単にアクセスできるビューとして保存します。

保存済みビューの作成方法を確認する

リリースする

リリースはプラン内のマイルストーンで、作業を完了する必要がある時点を示します。作業の構造に応じて、リリースでは出荷可能な大量の作業、顧客へのリリース、またはプログラム インクリメントを表示できます。

リリースはプランの作成時に選択して、除外ルールによっていつでも調整できます。また、リリースは [リリース] タブで管理できます。

リリースの管理に関する詳細

Advanced Roadmaps のリリース タブ

Advanced Roadmaps でプランを作成する

Advanced Roadmaps で新しいプランを作成するには、次の手順に従います。

  1. Jira Software のグローバル ナビゲーションから、[プラン] > [プランの作成] の順に移動します。
  2. 次の詳細を入力します。
    1. プラン名 — チームがプランを特定する上で役立ちます。
    2. アクセス — [プライベート] または [オープン] を選択します。既定では、アクセスは [オープン] に設定されています。
    3. 課題ソース: Jira Software で企業管理対象プロジェクト、ボード、フィルターに接続します。これらは、プランのスコープを形成します。課題ソースの詳細
  3. [作成] を選択してこれらの課題ソースを使用するか、[Set exclusion rules (除外ルールを設定する)] を選択して表示された課題を調整します。次のルールを設定できます。
    1. 完了済み課題 — 完了済みの課題をプラン内に表示する日数を入力します。Advanced Roadmaps によって完了済み課題を定義する方法をご確認ください。
    2. 課題タイプ
    3. 課題のステータス
    4. リリースする
  4. [Back to create plan (戻ってプランを作成する)] > [作成] の順に選択します。

Jira Software で Advanced Roadmaps の最初のプランを作成するためのヒントやベスト プラクティスについては、こちらの短いビデオをご覧ください。今すぐ見る

厳選された Advanced Roadmaps のビデオ チュートリアルでより良いプランを構築しましょう。

Jira Software Premium を活用してチームと組織が規模を拡大する方法を詳しく見る