Close

継続的インテグレーションとデリバリーのために Jira を使用する方法

Jira が表示されたモニターへと歩いていく人のイラスト

CI/CD ツールに接続するメリット

継続的なインテグレーションとデリバリーを実践するソフトウェア チームでは、開発者は独自のパイプラインを維持して管理できるようになり、顧客へのコードのリリース方法を開発者が制御できるという大きなメリットをもたらしました。反面、新たな課題も生まれています。

Jira Software は、バックログから顧客へのリリースまでの作業を管理するのに役立ちます。特別な労力は不要です。このガイドでは、Jira の機能性と統合がどのように解決策を提供できるかについて説明します。

ここでは、CI/CD を実践するチームの Jira Software の活用例 3 つご紹介します。

活用例 1: DevOps チーム全体にコラボレーション文化が浸透

取り組むスタックでツール間の情報共有が進めば、チーム間のコラボレーションも改善できます。機能がデプロイされたかどうか、もう周りの人にしつこく聞く必要はありません。

開発ツールチケットのビュー

Jira のあらゆる課題を簡単に確認してコードがどの環境に適用されているかを表示できるようになったため、よりオープンでコラボレーションできるセルフサービス型の環境が実現しました。QA やオペレーションなどの各チームは、ソフトウェア チームのスプリントでコラボレーションできます。QA と開発者がワークフローを共有しているため、開発プロセスのあらゆる時点でテストについての迅速なフィードバック ループを作成できます。Jira の開発情報に関する詳細についてご確認ください。

活用例 2: デプロイパイプラインを中心にワークフローを構築することで変更の失敗率が低下

CI/CD を実践して独自のサービスを運営しているチームは、こうしたサービスの運営と適切なパイプラインの維持管理への投資が必要となります。複雑なシステムであるため不具合の発生は避けらないので、不具合の発生頻度と発生した不具合への対応速度が重要です。この仕組みに DevOps を加えると、オペレーションと開発プロセスがより密接になります。

インシデント管理ハンドブックの表紙

アトラシアンのインシデント管理ハンドブックを無料で入手。

活用例 3: リリース予定の製品の詳細情報を得ることで、デプロイの頻度を増やす

Jira リリース ハブには、次のバージョンや製品インクリメントに向かうチームの進捗が表示されます。また、開発ツールを接続すると、リリース バージョンに関連するコミット、PR、ビルド情報がされます。これによって、予定しているリリースの問題となりそうな開発上の課題の兆候を見つけやすくなります。Jira のリリース管理に関する詳細についてご確認ください。

リリースハブ

開始手順

1. コードリポジトリをリンクする

CI/CD 統合の追加前に、コード リポジトリが Jira に接続されていることをご確認ください。Jira Software は、コード リポジトリの情報によって Jira の課題をビルドとデプロイに関連付けます。コード リポジトリとの統合に関する詳細についてご確認ください。

注: Jira 課題を CI/CD ツールと関連付けるには、Jira 課題キーをコミット メッセージに追加する方法が最も簡単です。例:「TEST-2332」

2. ビルドとデプロイツールを追加する

3. パイプラインを構成する

構成セット
Bitbucket

対応は一切不要です。Bitbucket Pipelines はそのパイプラインが実行された際に、関連する Jira 課題を自動でピック アップします。

Jenkins

1. Jenkins で特定のパイプラインに移動します。

2. 左側のメニューから [Pipeline 構文] を選択します。

3. Snippet Generator で、Samlple Steps のドロップダウン リストから [jiraSendDeploymentInfo] または [jiraSendBuildInfo] を選択して、関連する詳細を入力します。

4. [パイプライン スクリプトを生成] を選択して、出力をご利用の関連リポジトリの Jenkinsfile にコピー & ペーストします。これは、そのリポジトリでパイプラインを実行した際に Jira に通知するために使用されます。

スニペットの例については、こちらをご参照ください。

CircleCI

1. .circleci/config.yml ファイルの先頭でバージョン 2.1 を使用していることをご確認ください。

2. パイプラインがまだ有効になっていない場合は、[プロジェクト設定] -> [ビルド設定] -> [詳細設定] の順に移動して、パイプラインを有効にします。

3. ビルド情報を取得するための API トークンを作成して [プロジェクト設定] -> [権限] -> [API 権限] の順に移動し、スコープを [すべて] に設定してトークンを作成します。トークンをコピーします。

4. 統合がそのキーを使用できるようにするには、[プロジェクト設定] -> [ビルド設定] -> [環境変数] の順に移動して CIRCLE_TOKENと名付けられた変数を追加し、その値を先ほど作成したトークンに設定します。

5. orb stanza を追加して Jira orb を呼び出します。

6. Jira orb をステップで使用します。

スニペットの例については、こちらをご参照ください。

その他

その他のツールについては、マーケットプレイスのリストに記載されている情報をご参照ください。詳細

開発ツールとの統合

Jira の仕組みを理解すると、Git ワークフローを管理しやすくなります。

高度な検索と JQL

Jira クエリ言語 (JQL) の全容を理解しましょう。

Jira Software を今すぐ無料で使い始めましょう