Close

ばかばかしいほど複雑なソフトウェアプロジェクト


さて、あなたはさまざまな製品やプラットフォーム、さらには部門の枠を超えたチームが集約されたソフトウェアプロジェクトを管理する必要があります。ばかばかしいほど複雑なプロジェクトをうまく管理するために必要な原則やプラクティスをご紹介しましょう。

このプレイの目的

すばらしいスタートを切り、勢いを保ちます。

キャリアの中で二度とないような革新的なプロジェクトを遂行する可能性を高めます。

ヘルス モニター共通認識またはベロシティの改善に苦労している場合は、このプレイを実行すると役立つでしょう。

詳細を見る
なぜこれが必要なのか

会社のために、非常に複雑でミッションクリティカルな技術プロジェクトをリードするよう依頼されました。このプロジェクトは CEO の安眠の妨げとなり、おそらく以下の 1 つ以上が含まれています。

  • 複数の製品のプラットフォームや共有コンポーネントの統合
  • (これまで一緒に働いたことのない人を含む) 複数のチームや部門間でのコラボレーション
  • 重大な技術的リスク
  • さまざまなチーム間に多数の依存関係がある
  • 複数のタイムゾーンにチームが分散している
  • 過密なタイムライン
  • 幹部クラスの関係者による厳しい監視

このような大規模で注目度の高いプロジェクトを任されるほど信頼されていることに対し、お祝い申し上げます。あなたはめったにない領域にいます。足を踏み入れるのは勇敢な人だけです。そして生還できるのは少しおかしな人だけです。これにはひねりの効いたプレイが必要です!

誰に参加してもらうべきか

プロジェクトマネージャーとしてこのプレイをひとりで読んだ後、本当に重要なことに焦点を当ててプロジェクト計画を再構築します。

その後、(成功を収めるためにあなたが関わっていることがわかるよう) プロジェクトスポンサーや関係者とウォークスルーを行います。

ソフトウェアプロジェクトの中には、冗談かと思うほど非常に複雑なものもあります。そうしたプロジェクトの管理方法をご紹介します。
ユーザーのチーム
スタッフ

1

時計
所要時間

60 分

難易度: 低
難易度

プレイの実施

1 時間を工面し、標準的なプロジェクト管理を超える準備を整えたら、課題に立ち向かって勝利しましょう!

準備物

既存の計画

赤ペン

楽観主義

原則 1

意識的なコラボレーション

同じ部屋で計画を立てる – プロジェクトに関わるすべてのチームが計画プロセスに参加する必要があり、文字どおり同じ部屋にいる必要があります。出張費用は、誤ったものを構築してしまうコストに比べればわずかなものです。

あらかじめ取り組みのルールに対する合意を形成する – 「プラットフォームチームは統合作業を行うか?」、「マーケティング、サポート、オペレーションなどのチームとどのように関わるか?」といった不明な点を明確にしておきます。

チーム間の相互交流 – 出向、配置転換、チームへの配属、さらにはチームの統合などは、リスクを減らして Get $#!τ Done を実践する効果的な方法です。また、共感と信頼の構築が害になることもありません。

ロールアウト、移行、導入の計画 – このプロジェクトがお客様に与える影響を見失わないようにしてください。計画をチームや関係者と共有し、常に最新の情報を伝えましょう。シミュレーションを行ってロールアウトをテストすると、自信を持つことができます。

導入を支援し、導入してくれたことに報いる – 解決すべき問題や対応すべき修正が生じます。プラットフォームサービスを構築している場合、そのサービスを最初に導入する製品側チームをサポートする余力を取っておきます。

組織図の正当性を疑う - プロジェクトの期間中、社内全体のチームを専門のプロジェクト組織内にまとめます。

これにより、以下を回避できます...

  • ロードマップやチーム間の優先順位の再調整で時間を無駄にする
  • 計画策定後のチームの追加
  • 非生産的なミーティング
  • 意思決定の長期化
  • プラットフォームが実際に機能するのかどうかに対する疑い
こんなときはうまく行っています
  • チームがお互いに信頼し合っている
  • チームの目標とロードマップが一致している
  • チーム間のエンゲージメントモデルとリソース計画が明確に理解されている
原則 2

共通認識

「なぜ」と「何」を明確にする – 複数のチームが 1 つのチームとして協力して、共同で目標を設定します。製品イニシアチブに対して簡単に優先順位付けできるように、可能な場合はプラットフォーム チームはビジネス価値に関するイニシアチブを提案します。

作業範囲を明確にして、進行状況を明らかにする – ロードマップを共有して最新の状態を維持します。積極的に作業範囲やスケジュールの変更 (頻繁に起こります!) をチームが把握できるようにしてください。

これにより、以下を回避できます...

  • チームがプロジェクトを受け入れていない
  • 意思決定の遅れやトレードオフディスカッションでの誤り
  • 合意した作業範囲に対するリソース不足
  • 無駄になった作業や取り組みの重複など、日常的に生じる調整の問題
こんなときはうまく行っています
原則 3

責任者を明確にする

「管理」に関すること – プロジェクトにフルタイム オーナーを割り当てます (これを読んでいるのがあなたなら、それはきっとあなたです!)。エグゼクティブ スポンサーに内部でプロジェクトを推進してもらって、ボトルネックが発生したらすぐに対応して解消します。

技術的なもの – 大まかな設計や実装に対する懸念に対応できるように、複数の製品を扱うアーキテクトをプロジェクト チームに参加させます。各主要成果物のオーナーだけでなく、全体的なカスタマー エクスペリエンス (プラットフォームや製品など) の所有者について合意します。

綿密な計画 – プロジェクト チーム全体 (または各サブチームの代表者) で役割と責任のプレイを行います。各サブチーム内で実施することもお勧めします。

これにより、以下を回避できます...

  • チームメンバーがお互いの感情を害し合う
  • 全般的なボトルネックの発生
  • 作業の見落とし
  • 作業範囲やスケジュールの変更に関する最新情報がもたらされず、情報に飢えているスポンサー
こんなときはうまく行っています
  • 決定が迅速に行われている
  • 疑問点の問い合わせ先を関係者が把握している
  • フルタイムオーナーが最新情報を毎週伝えている
  • スケジュールどおりに成果物がリリースされる
原則 4

信頼

適切な人材を採用する – 優れたコミュニケーター、まとめ役、信頼関係を素早く築ける前向きな姿勢の人を集めます。細かい部分や緊急性にくまなく注意を払える人が必要です。

取引のコツを教え合う – プラットフォーム チームに、お客様に関する製品チームの豊富な知識を活用するように促します。一方、製品チームには、ランチ ミーティング、社内ブログ、ランチ会などを通して、プラットフォーム作業のスピード アップを実現させます。

勢いをつける – ちょっとした成果をすぐに共有して士気を高め、お互いに対するチームの信頼感を確固としたものにします。毎月ヘルス モニター セッションを行うことも忘れないようにしましょう!

これにより、以下を回避できます...

  • 頻繁に生じる障害と守られない約束

  • 創造性のない問題解決

  • 士気の低下

こんなときはうまく行っています
  • チームがお互いに協力して作業することを楽しんでいる
  • マイルストーンが共同で祝われ、伝達されている
  • 人間関係またはコラボレーションの問題がオープンに話し合われ、すぐに解決している
原則 5

マイルストーンの共有

進行状況を追跡する – プロジェクトのタイムラインを共有して、信頼できる唯一の情報源として活用します。毎週調整することになるとしても、常に更新して現状を反映させます。結局そうなるのですから。

少しずつ展開 (そして称賛) する – プロジェクト チームのメンバーをスカウトして、ベロシティと士気を高めるチアリーダーとして行動してもらいます。

共同で質を保つ – 計画に統合とテストの時間を組み込んで、「完了の定義」について合意して必ず文書化します。

これにより、以下を回避できます...

  • テスト中に生じる予期しない事態
  • 進捗が遅い (または進んでいない)
  • 成果物や期日のずれ
こんなときはうまく行っています
  • 着実な進捗に関係者が喜んでいる

  • プロジェクトが完了する前に、お客様が恩恵を受け始めている

  • 予想よりも早く、わずかなオーバーヘッドでプラットフォームから価値を得ている

原則 6

効果的な決定

熟考する – 長短期的に予期されることを考慮します。誰が決断を下すべきかを慎重に検討します。フルタイム オーナーやエグゼクティブ スポンサーが最適だと思い込まないでください。

効率を最適化するトレードオフ スライダー プレイを行って、個人とチームが自主的に日々の決定ができるようにします。大きな決断の場合は、DACI フレームワークを活用します。

整理して伝達する – 意思決定の記録をセットアップして決定すべきこと (または決定したこと) を追跡し、毎週のプロジェクト コミュニケーションで伝えます。

これにより、以下を回避できます...

  • 「水面下」で流れる情報が多すぎ、チームが下すあらゆる決定に対して不安になる
  • 古い情報や誤った情報を基にソリューションやタイムフレームを検討する
  • 同じ決定を何度も見直し、変更する
こんなときはうまく行っています
  • 決定が迅速に行われている
  • ある決定を受け入れる前に、さまざまな意見が出される
  • 決定のやり直しや論争がない
原則 7

依存関係を管理

ボトルネックを予測 – チームが頼りにしている人やチームを頼りにしている人を示した表や図を作成します。

常に管理する – 個々の依存関係に注意するオーナーを、それぞれの側から 1 人ずつ割り当てます。変更が上流および下流の全チームに与える影響を依存関係のオーナーが理解し、伝達するようにしてください。

これにより、以下を回避できます...

  • 終了の遅れやマイルストーンの未達成
  • フラストレーション、激しい変化、全体的な不安感
こんなときはうまく行っています
  • 依存関係を追跡する、簡潔かつ包括的な、セルフサービス式の方法がある

  • 依存関係をマップやチャートとして視覚化できる

原則 8

コミュニケーション、適応、そして称賛!

共通のコミュニケーション計画を作成する – 毎週: プロジェクトの全体的な更新情報に関する対面ミーティング。隔週: 関係者へのデモとステータス情報の更新。毎月: ヘルス モニター、「全員参加」プロジェクト、またはそれに準ずるもの。エンジニアリング マネージャー、PM、アーキテクトに協力を求めて、コミュニケーションを促進します。

プロジェクト ミーティングを最大限に活用する – ウィークリー ミーティングで 10 分間のデモや問題解決セッションなどを行って、参加者全員が積極的に参加するようにします。

1 対 1 で現状を把握 – 1 週間または隔週で各作業グループのチーム リードとプロジェクト マネージャーとミーティングを行って、スケジュールの進捗や変更点を把握して、新たなリスクや課題、チームの士気について話し合います。

探しやすくする – Q&A や問題をエスカレーションするためのフォーラムとして、Hipchat ルームまたは Confluence ページを設置します。

小さな成果でも讃える – あなたが思うよりも早く、小さな成果は雪だるま式に大きな成果になります!

これにより、以下を回避できます...

  • チームメンバーが全体像を見失う
  • 低い士気と高い疲労
  • まとまりのない、非生産的なミーティング
  • ステータス、リスク、マイルストーンの日程などの変更により、関係者が不意打ちを食らったように感じる
こんなときはうまく行っています
  • 関係者が最新のステータスを受け取ることを楽しみにしている
  • チームメンバーが全体像を把握している
  • 止められないほど勢いが増している

成果の確認

チームでヘルスモニターセッションをすべて通しで、またはチェックポイントを実施して、改善しているかどうかを確認してみましょう。

その他のパターン

  • 関係者リストを広く共有し、誰が誰かを全員がわかるようにします。
  • 既存の独立した計画を利用するという誘惑に抵抗してください。何もないところから全チームが関与する統合計画を構築する方がずっとうまく行きます。
  • あらかじめ一緒に計画を立てるだけでなく、プロジェクト全体を通して継続的に、協力して計画を見直すようにしましょう。
  • 組織図にとらわれず挑戦して、複数のチームをひとつにまとめましょう。
  • 各チームが取り組んでいる製品間プロジェクトの数を制限します。
  • 全チームがプロジェクト以外の時間 (会議、休暇、会社の行事、その他のミーティングなど) を具体的にスケジュールに組み込んでいることを確認します。

フォローアップ

もしかしたら、あなたはプロジェクト計画に穴があることに気付き、アプローチの変更についてアイデアを持っているかもしれません。

ですが、ここで仕事を増やさないようにしてください!

価値を生み出さないアクティビティやミーティングをキャンセルして、その時間をあなたが選んだアクティビティに使いましょう。

このページのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示-非営利-継承 4.0 国際ライセンスの下で提供されています。

プレイブックがもっと必要ですか?

下のボックスにメールアドレスを入力すると新しいヘルスモニターやプレイが追加された時に通知が送られます。

Thanks! Now get back to work.

フィードバックを受け取りましたか?

アトラシアンコミュニティサイトで質問やコメントをしてください。