Close

スパーリング

構造化された安全な環境で、同僚の多様な視点からの率直なフィードバックを迅速に得られます。

鉛筆のアイコン
準備時間
15 分
ストップウォッチのアイコン
実行時間
30 分
つながった人々のアイコン
人数
2 - 5 名
ボードに書く人

スパーリング

構造化された安全な環境で、同僚の多様な視点からの率直なフィードバックを迅速に得られます。

ボードに書く人
鉛筆
準備時間
15 分
ストップウォッチのアイコン
実行時間
30 分
つながった人々のアイコン
人数
2 - 5 名

スパーリング

構造化された安全な環境で、同僚の多様な視点からの率直なフィードバックを迅速に得られます。

鉛筆のアイコン
準備時間
15 分
ストップウォッチのアイコン
実行時間
30 分
つながった人々のアイコン
人数
2 - 5 名
ボードに書く人

スパーリングの事例

これらのソフトウェア開発者は、プロダクト マネージャーが計画したイノベーション サイクル アップグレードについてフィードバックを提供します。

この人事ディレクターは、ドラフトの「健康習慣」従業員報酬プログラムについてチームのフィードバックを得ます。

新しい仮想ゲスト パネル シリーズのドラフト プランについてスパーリングを実施したイベント チームからの付箋です。

前提条件

リモート

画面共有を使用したビデオ会議

デジタル コラボレーション ツール (テンプレートを参照)

対面

作業内容を印刷または画面共有

ホワイトボード

マーカー

付箋紙

タイマー

オプションのテンプレート

アトラシアンテンプレート

このプレイを実行するための手順説明

1. 準備 15 分

リモート チームの場合は、上記いずれかのテンプレートを必要に応じて使用し、最初に新しくコラボレーション ドキュメントを作成します。

このドキュメントと、会議前に確認が必要なその他のドキュメントを出席者に送信します。コンテンツをデジタルで利用できるようにし、スパーリング用のリンクや画面を共有する準備を整えます。

対面チームの場合は、会議前に確認が必要なドキュメントを出席者に送信します。ホワイトボード、マーカー、付箋を準備します。読みやすいように、またマークアップできるように、スパーリングを行うコンテンツをできるだけ大きく印刷します。

ヒント: 先読み

スパーリングは、多くのフィードバックを迅速に得るため、意図的に時間を短くしています。出席者があらかじめ目を通すことができるように、顧客データや競合分析などのコンテキストは事前に送信してください。

2. 準備を整える 5 分

次の方法でミーティングを開始します。

  • あなたが取り組んでいることを簡単に説明します
  • フィードバックを求めている理由とその使用方法を説明します
  • フィードバックを求めている領域 (およびそうでない領域) を簡単に説明します
ヒント: 外からの視点

あなたの仕事に精通している人とそうでない人の両方を招待してください。部外者は新鮮な視点をもたらします。

3. フィードバックを収集する 10 分

タイマーを 10 分に設定します。作業内容の確認とフィードバックの追加を参加者に依頼します。彼らが好きなもの、彼らが変えるもの、彼らが排除するもの、または彼らが持っている疑問などがフィードバックに反映されます。

マーカー、付箋またはコメントで作業内容そのものをマークアップするように促します。または、上記いずれかのテンプレートを使用してメモを収集します。

ヒント: 沈黙の声

あまり発言しないチーム メンバーでも、静かに書くことで考えがまとまり、フィードバックを提供するようになります。ここでは、議論ではなくフィードバックに重点を置きます。

4. 議論する 10 分

チームのフィードバックを確認します。繰り返し発生するテーマを特定し、フィードバックについてどう考えるか話し合い、そのフィードバックの原因が何であるかについて全員の意見をまとめます。

あなたが現在そのことに取り組んでいる理由について話し合い、チームから提案された改善のための新しいアイデアを進んで受け入れるようにします。

ヒント: 建設的な批判

フィードバックを提供するときは、良いところを認識し、取り組みを改善する方法に関する具体的な推奨事項を提示してください。

ヒント: 善意

批判的なフィードバックをたくさん受けるのはつらいものです。それは個人に対するものではないことを覚えておいてください。支援してくれる人たちと一緒に作業内容を改善することが目的です。

5. まとめ 5 分

出席者に参加とフィードバックについて感謝の言葉を述べます。取り組みの次のステップについて説明し、次回のイテレーションでその成果を報告する時期を伝えます。


フォローアップ

フィードバックを確認する

プレイ後、自分で時間をかけてチームのフィードバックを整理し、確認しましょう。不明な点がある場合は、出席者に確認してください。

ラウンド 2

フィードバックを採り入れたら、2 番目のスパーリング セッションをスケジュールして、取り組みをさらに改善することを検討してください。

その他のパターン

部屋を出る

フィードバック収集の際は、プレゼンターに部屋から出てもらいます。これにより、出席者は、プレゼンターとの議論を行わず、フィードバックを書くことに集中できます。

ルーチン化する

ピア フィードバックを定期的に提供し、受け取る文化を構築します。毎週または 2 週間ごとにスタンディング スパー ミーティングをスケジュールし、チーム メンバーがサイン アップして作業を共有できるようにします。


人の集団のイラスト

その他のご質問がある場合は、

他の Atlassian Team Playbook のユーザーと会話を開始したり、サポートを受けたり、フィードバックを提供したりできます。

その他のご質問がある場合は、

他の Atlassian Team Playbook のユーザーと会話を開始したり、サポートを受けたり、フィードバックを提供したりできます。

他のプレイを確認する

ニュースレター登録のイラスト
ニュースレター登録のイラスト

私たちのチームからあなたのチームへ

毎月のニュースレターで最新のプレイ、ヒント、コツについて最新情報を入手できます。

Thanks!