Close

Work Life Impact

チームがリモート ワークを採用する場合は、共感の熟成と適切なサポートの見極めにこのワークショップを活用してください。

鉛筆のアイコン
準備時間
15 分
ストップウォッチのアイコン
実行時間
60 分
つながった人々のアイコン
人数
4 - 12 名
グリッドで話し合っている人々

Work Life Impact

チームがリモート ワークを採用する場合は、共感の熟成と適切なサポートの見極めにこのワークショップを活用してください。

グリッドで話し合っている人々
鉛筆
準備時間
15 分
ストップウォッチのアイコン
実行時間
60 分
つながった人々のアイコン
人数
4 - 12 名

Work Life Impact

チームがリモート ワークを採用する場合は、共感の熟成と適切なサポートの見極めにこのワークショップを活用してください。

鉛筆のアイコン
準備時間
15 分
ストップウォッチのアイコン
実行時間
60 分
つながった人々のアイコン
人数
4 - 12 名
グリッドで話し合っている人々

実際の Work Life Impact

このチーム メンバーは、MURAL とビデオ チャットを使用して 3 つの Work Life Impact エリアでの選択を説明します。

Zoom でのミーティングで、このチームは Work Life Impact のエリアが個人にどのような影響を及ぼすかを Confluence を使って共有し、文書化します。

このチーム メンバーは、提供され、チームで検討した PDF を使って自分に最適な Work Life Impact エリアのセクションを選択しました。

前提条件

ツール

画面共有を使用したビデオ会議

デジタル コラボレーション ツール (テンプレートを参照)

Work Life impact エリアの詳細

オプションのテンプレート

アトラシアンテンプレート
Confluence テンプレート

このプレイを実行するための手順説明

1. 準備 30 分

ミーティングを設定する前に、このページへのリンクをチームに通知します。リモート ワークに関する個人的な経験を安全に共有できることを全員に確認します。

このディスカッションが安全であるとチームの確認が取れたら、新しいコラボレーション ドキュメントを用意します。各チーム メンバーのスペースを作成し、各自の名前と写真を追加して、全員の準備を整えます。

ドキュメント内の各チーム メンバーのスペースで、3 つの Work Life Impact エリアにボックスを用意します (こちらを参照してください)。次のようにラベルを付けます。

ホーム オフィス

役割の要件

サポート ネットワーク

説明を追加して上記の各ボックスに入力し、それぞれのボックスを 4 つの象限 (分類) に分割します。

安全性チェック
例: 安全性チェック

ここでは、チームによる匿名の Slack 投票がどのようになるかを示します。回答の平均が 3 以下の場合は、このプレイを実行しないでください。

ヒント: 代替

グループでリモート ワークに関する課題について話し合うことにチーム メンバーが積極的でない場合は、代わりにチームのヘルス モニター プレイの実行を検討してください。

2. 準備を整える 5 分

ワークショップの初めには、以下を強調します。

  • 誰もが異なる経験をしている
  • 自分が話せる範囲で共有する
  • 「正しい」答えや「間違った」答えはない
  • チームが常に相手の意図を前向きに捉える
ヒント: 第三者

可能であれば、ミーティングを円滑に進めるために中立的な第三者を招きます。これにより、積極的な参加を促せて、より多くのインサイトを引き出しやすくなります。

3. Work Life Impact のエリアを特定する 10 分

3 つの Work Life Impact のエリアを順に確認します。

表示されている 4 つのセクションのうち、先月経験したものの中で最も近いものはどれかを参加者に尋ねます。

コミュニケーションに最適な方法の図
例: 選択

Work Life Impact エリアのボックスで、各自が 4 つの選択肢のうちどれに該当するかを見てみます。

4. 反省と改善 30 分

一歩下がり、お互いの選択結果を確認するようチームに促します。以下について考えてもらいます。

  • ボックスのそのセクションを選択したのはなぜでしょうか?
  • 何が難しく、課題であると思いますか?
  • リモート ワーク中に何を達成する必要がありましたか?
ヒント: 慎重な対応

この演習の実施は各自で異なります。全員に参加を強制するのではなく、結果の発表は任意であることを伝えます。

5. アクション 15 分

以下の質問に答えるよう促し、チーム全体でアクションのブレーンストーミングを行います。

  • 変化させようとしているもの、別の方法を進めようとしているものは何でしょうか?
  • 他の人へのサポートを改善するためにできることは何でしょうか?
  • チームとしてお互いにサポートするためにできることは何でしょうか?
  • それぞれに対して組織ができることは何でしょうか?


アクションについてチームで話し合い、必要に応じてこれらのアクションに所有者と期限を割り当てます。

Work Life Impact ワークシートの話し合い
例: アクション

アクション アイテムのサンプルは次のとおりです。


フォローアップ

1 対 1 のミーティング

マネージャーやチーム リーダーの場合は、チーム メンバーとの個別面談でさらに深く対話するための開始点としてこのプレイを使用し、どのようにして各自の状況をサポートし、成長を促せるかを確認します。

可能なサポート

ワークショップで取り上げられたテーマの一部を活用して、どのようなオプションやリソースを利用できるかをそれぞれのリーダーまたは人事チームと話し合います。

その他のパターン

オフィスで

チームが同じ場所で作業することがある場合は、このプレイを各自にも実行できます。その場合、ミーティング中に全員が記入できるよう PDF を印刷して用意しておきましょう。


人の集団のイラスト

その他のご質問がある場合は、

他の Atlassian Team Playbook のユーザーと会話を開始したり、サポートを受けたり、フィードバックを提供したりできます。

その他のご質問がある場合は、

他の Atlassian Team Playbook のユーザーと会話を開始したり、サポートを受けたり、フィードバックを提供したりできます。

他のプレイを確認する

ニュースレター登録のイラスト
ニュースレター登録のイラスト

私たちのチームからあなたのチームへ

毎月のニュースレターで最新のプレイ、ヒント、コツについて最新情報を入手できます。

Thanks!