Close
製品ガイド & チュートリアル

Jira Software の購入、使用、カスタマイズについて知っておくべきすべてを集めました。

Jira が表示されたモニターへと歩いていく人のイラスト

Jira Software のベストプラクティス

Jira Software はチームのニーズに合わせてカスタマイズできるため、最強のアジャイルツールとして多くのソフトウェアチームに活用されています。オプションが豊富なため、最初はとまどうほどです。Jira Software を初めて使うユーザーの参考となるようにアトラシアン社員、お客様、対象分野のパートナーが厳選したベストプラクティス集をご紹介します。

本題に入る前に、Jira Software Cloud の無料トライアルにサインアップしていることを確認し、このガイドの「パート 2: 6 つのステップで始める」をお読みください。


Jira プロジェクトのベストプラクティス

Jira で最初のプロジェクトを設定したら、これらの記事を参考にしてスムーズにプロジェクトを定義、構築し、チームを稼働できます。

クラシック/Cloud/Server

Jira プロジェクトを定義する方法

Jira プロジェクトの編成方法は極めて自由で、「決まった型」はありませんが、いくつかベストプラクティスをご用意しています。ほかのチームで成功したいくつかの一般的な戦略と、ぜひ考慮すべき 3 つの追加ヒントをご紹介します。

クラシック/Cloud

Jira プロジェクトを構築する方法

クリーンで効率的な Jira インスタンスは、作業を適切に整理したときに実現します。このチュートリアルでは、Jira プロジェクト構築のベストプラクティスを取り上げます。


Jira ワークフローのベストプラクティス

「完了」と完了までの過程については、チームごとに独自の定義があります。Jira ワークフローはデジタルボードに表示され、すべての作業項目のステータスと遷移を示します。作業の進捗に沿ってチームメンバーはいつ、どこにいても、最も正確な情報を把握できます。こちらのリソースを活用して、チームに最適なワークフローを構築してください。

次世代/クラシック/Cloud/Server

Jira でのワークフローの定義

Jira ワークフローを使っているチームは、「未着手」から「完了」まで高い透明性を維持しながら効率的にプロジェクトを推進できます。Jira ワークフローの定義と構築方法について詳細をお読みください。

クラシック/Cloud/Server

最適な Jira ワークフローの作成

Jira のメリットを存分に活かすには、最適なワークフローが重要です。プロセスには若干の試行錯誤が必要ですが、最終的には大きなメリットとなります。

次世代/クラシック/Cloud/Server

アジャイルワークフローを構築する

アジャイルワークフローを活用すると、ソフトウェア開発プロセスを体系的に拡張できます。アジャイルプログラムをサポートするワークフロー管理について学びましょう。

クラウド

ワークフロープロセスを標準化する方法

Jira ワークフローにはステータス、トランジション、解決策という 3 つの基本コンポーネントがあります。Jira ワークフローのベストプラクティスは、シンプルなワークフローの維持、ライブワークフローの編集の回避、「解決策」と「ステータス」の明確な区別などです。


Jira でのエピックとストーリーに関するベストプラクティス

アジャイルプロジェクト管理の「エピック」とは、より小さなタスクに分割できる、まとまった作業です。「ストーリー」やユーザーから見た要件やニーズを示す「ユーザーストーリー」がこれらのタスクに相当します。こちらの記事では、Jira の課題、エピック、ストーリーを使いこなして作業を構築、分割する方法をご紹介します。

クラシック/Cloud/Server

Jira でエピックを使用する方法

Jira Software でのエピックの作成と操作について、ステップごとの詳細な手順をご紹介します。

クラシック/Cloud/Server

エピック、ストーリー、テーマ、そしてイニシアティブ

このシンプルな構造が、アジャイルチームのスムーズなスコープ管理と業務の体系化に役立ちます。

クラシック/Cloud/Server

Jira での課題操作

Jira Software での課題の作成と操作についてステップごとの詳細な手順をご紹介します。

次世代/クラシック/Cloud/Server

アジャイルエピック: 定義、例、テンプレート

エピックとは、より小さなストーリーに分割できるまとまった作業のことです。詳細をご覧ください。


Jira のユーザーと役割に関するベストプラクティス

Jira はユーザーの役割と制限を柔軟に管理する能力が抜きんでています。役割と制限の設定は多くの場合、Jira 管理者、または Jira インスタンスの設定と管理の担当者が行います。これらのベストプラクティスは、Jira 管理者がチーム全員に対し、各自の必要とする特長や機能を、無駄のない操作で提供できるよう用意されています。

クラウド

Jira で新規ユーザーを追加する方法

Jira では、管理者が新規ユーザーを直接追加できるほか、新規ユーザーがセルフサービスで自分自身を追加できます。このチュートリアルでは、その方法をステップごとに詳しく説明します。

クラシック/Cloud

Jira での権限のシンプルな説明

Jira の権限の基本コンセプトでは、ユーザー、グループ、グローバル権限、権限スキーム、プロジェクトの役割が重要です。それぞれの内容について把握し、対応するベストプラクティスのシナリオ例を確認しましょう。

クラシック/Cloud

プロジェクトの役割の管理

プロジェクトの役割はグループに似ていますが、プロジェクトごとに設定する点が異なります。Jira でプロジェクトの役割を使用、表示、追加、削除、編集し、効率性を高める方法についてお読みください。


Jira のステータスとレポートのベストプラクティス

レポートは、プロジェクト全体を通してチームの作業を追跡し、分析するのに役立ちます。Jira Softwareにはプロジェクト、バージョン、エピック、スプリント、課題に関する情報を効率的に提示できるレポートが幅広く備わっています。これらのリソースを参考にしてレポートを用意すると、ステータスミーティングの効率を向上できます。

クラシック/Cloud

Jira でレポートを活用する方法

多様なレポートタイプのすべてと、各レポートタイプの使用方法をご紹介します。

次世代/クラシック/Cloud/Server

5 つの役立つアジャイル指標

アジャイル指標の活用方法をご紹介します。スプリントバーンダウン、エピックおよびリリースバーンダウン、ベロシティ、コントロールチャート、累積フロー図について説明します。

クラシック/Cloud

検索機能を使いこなしてレポートとダッシュボードの効率を高める方法

Jira の基本的な検索機能、高度な検索機能を使いこなすと、最も効果的なレポートを用意できます。検索に関するベストプラクティスのリストをご確認ください。

クラシック/Cloud

ガジェットを使いこなしてダッシュボードの効率を高める方法

ダッシュボードのガジェットを使うと、プロジェクトのアクティビティを分かりやすく視覚化し、簡単に報告できます。最大限に活用する方法をご覧ください。


Jira のアジャイルベストプラクティス

アジャイルは理念であり、方法論です。Jira はアジャイルなチームのさらなる向上をサポートするソフトウェアプラットフォームファミリーです。チームがアジャイルになればなるほど、Jira の効果が高まります。

次世代/クラシック/Cloud/Server

アジャイルコーチ

「アジャイルコーチ」にはアジャイルのベストプラクティスのすべてがそろっています。このコレクションはスクラムやカンバンから DevOps や拡張まで幅広いベストプラクティスガイドとチュートリアルをカバーしており、チームがニーズに合わせて Jira を拡張するのに役立ちます。

 

クラシック/Cloud

スクラム入門ガイド

スクラムはチームの共同作業をサポートするフレームワークです。この総合ガイドで定義、動作、メリットを把握できます。

クラシック/Cloud

カンバン入門ガイド

ソフトウェア開発でカンバン方式を活用する方法をご紹介します。チームを稼働させるために必要なカンバンの情報がすべてそろっています。


IT 部門のベストプラクティス

真にアジャイルな IT チームを運営したいと願っているなら、ぜひこちらをご覧ください。アジャイルなチームを実現できるだけでなく、多くの場合、全社的なパフォーマンスを向上するカギとなります。


チームプラクティス

ツールがあるだけで偉大なソフトウェアチームは運営できません。適切なプラクティスが必須です。そこで「Atlassian Team Playbook - あなたのチームの可能性を解き放つために: デタラメなしのガイド」を用意しました。

チームの健全性を追跡するための段階的なガイドや、Get $#!τ Done™ (とにかく完遂する) 力を鍛える新しい働き方 (「プレイ」) が見つかります。プレイは単独で使用することも、アトラシアンツールと組み合わせて使用することもできます。