Close

Guess who’s back? Join us for Team ’22 in Las Vegas or attend digitally! Event starts April 5th. Sign up now

高度な検索機能と JQL を使い始める

People moving Jira tickets

JQL 構文を学ぶ

JQL を使ったシンプルなクエリ (別名「節」) はフィールド + 演算子 + 値または関数 (複数可) で構成されます。例:

JQL 構文の例

この動画チュートリアルで実際の使用例をご覧ください:

使用可能なフィールドと演算子の一覧は以下をご覧ください:


開発者の活用例

開発者は JQL を使った高度な検索機能により、日常タスクに大いに役立つ情報を得ることができます。

  • たとえば、次のような一般的な質問に回答するクエリを設定できます。
    前回ログイン時からどの課題が変更されているか?
    updated > lastlogin() AND assignee = currentUser()
  • 開発ツールに接続する場合、次のような Git 情報も検索できます。例:
    未解決のプルリクエストのある課題はどれか?
    development[pullrequests].open AND assignee = currentUser()
  • CI/CD ツールや機能フラグツールに接続する場合も同様に、次のことが可能です。
    失敗したビルドイベントが 3 件以上ある課題をすべて表示。
    development[builds].failing > 2 AND assignee = currentUser()

ダッシュボードに結果をビジュアル表示

保存された検索をダッシュボードに簡単に追加して、重要度が高く、なおかつ日常的なタスクへの関連度の高そうな Jira の課題や変更事項を独自の方法で表示できます。

検索結果ダッシュボード

1. [高度な検索] 画面で [エクスポート] をクリックします

2. [ダッシュボードのガジェットを作成] を選択します

3. [フィルター結果] (または他の視覚化オプション) を選択します

4. [ダッシュボード] を選択して、作成したガジェットを追加します (このガジェットはパーソナルダッシュボードにデフォルト表示されます)

開発者として使い始める

開発者として Jira を使い始める 6 つのステップを学びます。

開発ツールとの統合

Jira の仕組みを理解すると、Git ワークフローを管理しやすくなります。

Gain Project Insights through JQL

Keep your projects at peak efficiency with free JQL lessons from Atlassian University

Jira Software を今すぐ無料で使い始めましょう