Close

Atlassian が新しい働き方を模索するチームをサポートする仕組み

チームの働き方を進化させると、チームの軌道が大きく変わります。効果的な実践方法を採用することで、チームの成果は様変わりします。

Rayban のロゴ

変化の時代のコミュニケーション管理

RayBan 社と Oakley 社は、2020 年に類似する多くの企業が認識したように、コミュニケーションへのアプローチを再構築する必要がありました。しかし、通常のチャンネルを使用するメリットなしに実行することは困難でした。

VMLY&R のロゴ

拡張によってチームのつながる方法がより複雑に

小さなチームに成功をもたらす可能性があるものが、必ずしも大規模なチームの役に立つとは限りません。グローバルなブランドおよびカスタマー エクスペリエンス エージェンシーである VMLY&R 社のディスカバラビリティ (発見可能性) チームが、その最たる例です。

McCorvey のロゴ

デジタル ツールの採用により二酸化炭素排出量の削減以上のことを実現

McCorvey Sheet Metal Works 社は、確立された紙使用の慣行からデジタル化へと移行しました。数十年後、McCorvey 社は、以前と同様の業務をこなすにとどまらず、複数のオフィス拠点でより効果的に業務できるようになりました。


働き方へのアプローチによって Atlassian のビジネスも推進

Atlassian のブループリントのイラスト
アトラシアンの内側

アジャイルDevOpsワークフロー手法を社内に組み込む方法から、既存の働き方の改善という難しい問題に取り組む方法まで、Atlassian はチームの実践方法の優先順位付けに専念しています。

TEAM Anywhere

完全にリモート作業に移行することは、多くのチームにとって決定的な瞬間です。もちろん私たちのチームも同様です。

将来の業務では集中化と共有リソースが求められ、多くの企業がクラウド コンピューティングを推進していることは分かっています。また、最高のチームが最も優秀な人材を採用し、さまざまな場所にいる人々をつなぐ世界で利用されている能力を活用していることも把握しています。そして、世界的なパンデミックにより、アトラシアン社員は 2020 年初めから在宅勤務を余儀なくされましたが、この変化は必ずしも一時的なものではないと認識しました。したがって、2020 年 8 月、Atlassian は労働力を完全に分散することを決断しました。

「TEAM Anywhere」と名付けたこの方法により、Atlassian は、分散したチームワークを受け入れるための仕組みを進化させています。このコンセプトは、チーム メンバーにとって最も理にかなった場所での作業をサポートするだけでなく、全体として柔軟な作業を促進するというものです。

  • 物理的なフットプリントを中心に置くのではなく、チーム構成に適切な人材に焦点を当てて、チームを形成できます。
  • 多様なチームを高く評価し、利用可能な最大の人材プールからメリットを得られます。
  • 理想的なコミュニケーションの頻度とスタイルが、専門職の生活だけでなく個人の生活に依存することを理解しています。人々は多面的な人間の集まりであり、単に機能的な役職を反映した存在ではありません。費やした時間ではなく、実現した成果が重要です。
  • チームの規模、文化、目標は千差万別であることを認めています。このため、すべてに対応した万能の習慣的行動といったものはなく、チームの実践方法もチームの優先事項に応じて異なると考える必要があります。

チームがどこで、いつ、どのように、誰と最高の仕事をするかということは、組織全体のルーチンやリズムの制約に縛られるべきではありません。代わりに、これらの要素をチームにとって最適な方法で反映する必要があります。

最初に、私たちは、すぐに学ぶことができる場所を検討し、チーム メンバーが継続して最善を尽くせるよう調整しました。しかし、現在すべての答えを持ち合わせているわけではありません。このため、長期にわたる作業では、「構築、測定、学習」というモデルを使用し、反復しています。最高の ROI を達成するために必要なアクションが最小限で済むような新しい習慣的行動やアイデアを迅速に開発し、これらを基盤としてテストと反復を行い、社内外で機能するものと機能しないものについて学習し共有しています。

現在、Atlassian を完全に分散した労動力に移行することに焦点を当てた一連の作業グループとして、当社の組織全体で小規模な専任チームと数十人のアトラシアン社員がいます。社内では定期的に更新を提供しているため、社外で学んだ内容もこちらでお客様と共有いたします。