Close
ユースケース

分散された労働力

アトラシアンは、分散型チームワークを取り入れるための仕組みを進化させています。このコンセプトは、チーム メンバーにとって最も理にかなった場所での作業をサポートするだけでなく、全体として柔軟な作業を促進するというものです。

イラスト

完全分散型の労働力への移行

考慮事項

地球上の場所のピン

物理的なフットプリントを中心に置くのではなく、チーム構成において適切な人材に焦点を当てて、チームを形成できます。

バッジのアイコン

多様なチームを高く評価し、利用可能な最大の人材プールからメリットを得られます。

グループアイコン

チームの規模、文化、目標が千差万別であることも可能です。このため、すべてに対応した万能の習慣的行動といったものはなく、チーム プラクティスもチームの優先事項に応じて変えていく必要があります。

ハートのアイコン

理想的なコミュニケーションの頻度とスタイルが、専門職の生活だけでなく個人の生活に依存することを理解しています。人々は多面的な人間の集まりであり、単に機能的な役職を反映した存在ではありません。費やした時間ではなく、実現した成果が重要です。

どこで、いつ、どのように、誰と

組織全体のルーチンやリズムの制約にチームは縛られるべきではありません。これらの要素は、チームにとって最善なものを反映する必要があります。

最初に、私たちは、すぐに学ぶことができる場所を検討し、チーム メンバーが継続して最善を尽くせるよう調整しました。しかし、現在すべての答えを持ち合わせているわけではありません。このため、長期にわたる作業では、「構築、測定、学習」というモデルを使用し、反復しています。最高の ROI を達成するために必要なアクションが最小限で済むような新しい習慣的行動やアイデアを迅速に開発し、これらを基盤としてテストと反復を行い、社内外で機能するものと機能しないものについて学習し共有しています。

現在、Atlassian を完全に分散した労動力に移行することに焦点を当てた一連の作業グループとして、当社の組織全体で小規模な専任チームと数十人のアトラシアン社員がいます。社内では定期的に更新を提供しているため、社外で学んだ内容もこちらでお客様と共有いたします。

2020 年の出来事にアトラシアンどう対応したか

オフィスでは従業員や顧客の安全衛生に対応する新しいポリシーが求められ、流通チャネルは再編され、顧客とのコミュニケーションが進化する中で、アトラシアンに長期的な変革が必要であることは明らかでした。アトラシアンがどのように自社の環境を評価し、どのように完全分散型チームになるために必要なものを調査したのかについて、アトラシアンのイノベーション プログラムのグローバル責任者である Molly Hellerman の話をお聞きください。

関連記事

100% 表示時のモニターのイラスト

在宅勤務の生産性を高める方法: 「ニュー ノーマル」のための 9 つのルール

科学的な裏付けのある、エキスパートに認められた自己生産性の原則。リモートで働く従業員が勤務時間を最大限に活用するために使用できます。

新入社員のオンボーディング フォレストを導く Safari ガイド

最も信頼できる、ロードテスト済のバーチャル オンボーディング チェックリスト

「アトラシアンの内部」を見てみましょう。1200 人以上の新入社員をどのようにリモートオンボーディングしたのか、その様子をご紹介します。技術からチーム ビルディングまで、ヒント、コツ、学んだ教訓を共有します。

社員

バーチャル ワークの時代にイノベーションを進める方法

アトラシアンでは、イノベーションの文化を育むことが常に優先されてきましたが、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) によって新しいアプローチを見つけることを余儀なくされました。これは、私たちが四半期ごとに行っているクリエイティビティのイベントが、リモート ワークの課題に対応するためにどのように進化しなければならなかったかを示すストーリーです。