Close

毎年恒例のユーザー カンファレンスである Team '22 の基調講演、人気の高いセッション、詳細な製品デモをご覧ください。詳細はこちら。

カテゴリー

4L によるふりかえりテンプレート

著者: アトラシアン

このチームのふりかえりテンプレートで、良いと思うこと、期待すること、悪いと思うこと、学んだことについて話し合います。

テンプレートを使用する
4L によるふりかえりテンプレート

標準的なふりかえりでは特定のプロジェクトの詳細に焦点を当てますが、4L によるふりかえりプレイではチームに長期的な目標を考えて最近のチームのマイルストーンを話し合う余裕を用意します。Atlassian Team Playbook のコーチが作成した 4L によるふりかえりプレイはチームの演習であり、グループで過去の作業をふりかえって改善する機会を見出せるようにします。4L によるふりかえりテンプレートを使用してこのプレイを実行します。

4L によるふりかえり テンプレートの使用方法

ステップ 1: ふりかえりの目標を設定する

ミーティング前にチームの土台を作ります。テンプレートによって、参加者に @ メンションしてふりかえる期間を決定します。確認するためのふりかえる期間を決定したら、ミーティングの目標とチーム内で決定したい内容を伝えます。

ステップ 2: 過去の仕事をふりかえる

チームがふりかえりの目標を理解したら、テンプレートを使用して詳細を掘り下げます。ふりかえり期間中に発生した主な事例を特定することから始めましょう。主要なマイルストーンでチームにアンカーを設定すると、発生したイベントとそれについてどう感じたかが呼び起こされます。次に、テンプレートによって、その期間中の作業で体験して学んだことについて考えます。

ステップ 2: 過去の仕事をふりかえる

ステップ 3: ふりかえりのアクション プランを作成する

チームで良いと思うこと、期待すること、悪いと思うこと、学んだことについて話し合って、そこで生じたアクション アイテムを記録します。話し合いが完了したら、どのアクション アイテムを優先するかを決定します。テンプレートによってアクション アイテム オーナーに @ メンションして、チームで必要なフォローアップ作業が進んだらその進捗をページで更新します。


アトラシアンは、ソフトウェア開発者、プロジェクトマネージャー、コンテンツ管理向けの製品を開発するエンタープライズソフトウェア会社です。

  • 5 whys analysis template

    アトラシアン

    なぜなぜ分析

    このテンプレートによってなぜなぜ分析を行い、チームの問題の原因を特定します。

  • All hands meeting template

    アトラシアン

    全社会議

    ビジネスの最新情報、達成、従業員の注目事項などを、より大規模なチームと共有できます。

  • Annual plan one-pager template

    Mike Cannon-Brookes

    共同創業者兼CEO
    アトラシアン

    年間計画のワンページャー

    組織全体で会社の年間計画と優先順位を共有します。