Close

サーバーからクラウドへの移行ガイド

クラウドへの移行を成功させるには、リソースとベスト プラクティスに関する段階的な移行ガイドを使用してください


移行戦略および方法の選択

選択する方法は、チーム独自の移行ニーズに依存します。以下のセクションを参照して、チームに最適な戦略と方法を把握、選択してください。


サーバーからクラウドへの移行戦略

推奨

クラウド移行するデータと将来参照できるように読み取り専用状態でサーバー インスタンスに残すデータを評価する「一括」移行が推奨されます。

すべてのデータ (製品データ、ユーザー、アプリ) を 1 回の移行でクラウドに移行します。

データを一度にすべて移行せず、段階的に移行します。各移行を完了するごとに、課題を解決し、小さい単位に分けてユーザーのオンボーディングとトレーニングを実施できます。

既存のサーバー プロジェクト データの大部分は今後使用しないことが確実である場合、またはすぐにクラウドで作業したい場合、クラウド サイトのセットアップにやり直しアプローチを選択できます。

 

 

メリット

すべてを一度移行する

必要なもののみ移行する

全体の移行タイムラインが短くなり、移行ダウンタイムが短縮される

チームによるクラウドでのナビゲートをより単純化

クラウド パフォーマンスを改善

タイムラインの短縮によって移行のコストリソーシング、パートナー コストなど) を削減できる

デメリット

すべてのユーザーのオンボーディングを同時に行う必要がある

データのサイズによってダウンタイムが長くなる可能性がある

最適化方法の決定に追加計画と作業が必要になる

推奨される状況

一度にクラウドに移行する必要がある

移行の複雑性が低い (5,000 ユーザー未満、10 アプリ未満)

重要なアプリがクラウドで利用可能であり、移行パスがある

Jira Service Desk または Portfolio を移行する必要がある

 

 

メリット

すべてを一度に移行

全体の移行タイムラインがより短くなる

タイムラインの短縮により移行のコスト (リソーシング、パートナー コストなど) を削減できる

デメリット

すべてのユーザーのオンボーディングを同時に行う必要がある

データのサイズによってダウンタイムが長くなる可能性がある

不要なデータとユーザーのクラウドへの移動によって、コストが増える可能性がある

推奨される状況

すぐにクラウドに移行する必要がある

移行の複雑性が低い (5,000 ユーザー未満、10 アプリ未満)

重要なアプリがクラウドで利用可能であり、移行パスがある

移行前のクリーンアップが必要ない、行うつもりがない

Jira Service Desk または Portfolio を移行する必要がある

 

 

メリット

段階的なユーザー オンボーディング

シングル ダウンタイムの短縮

継続的にクリーンアップと最適化を実施できる

ユーザーは新しい作業の方法に適応するチャンスを得る

デメリット

Jira Service Desk または Advanced Roadmaps (旧 Portfolio) の移行が必要な場合、サポートが不十分

全体の移行タイムラインがより長いため、コストが増える可能性あり

トランジション時に複数のデプロイを管理するため、より複雑になる可能性あり

依存度をマッピングする必要があるため、慎重な計画が必要

一部の Confluence Space または Jira Project しか移行されない場合、移行後にリンクを固定するため、より難易度が高くなる場合あり

推奨される状況

より長いタイムラインでクラウドに移行可能

移行の複雑性が増化する (ユーザー数が 5,001 以上、アプリ数が 11 以上)

一部のチームの重要なアプリは、まだクラウドで利用不可

 

 

メリット

移行ダウンタイムがない、または限定的

サーバー ライセンスを保持している場合、アーカイブのためデータが保持可能

デメリット

ユーザーは、古いプロジェクト/スペース データへのアクセスが可能

推奨される状況

既存のサーバー データの取り扱いがなくなる

Jira Service Desk を利用している場合は古いチケットへのクイック アクセスは不要

新しいチームをスピンアップ中

クラウドへの移行を促進したい

クラウド フットプリントを合理化し、作業方法を刷新したい


移行方法の選択

実際の移行方法については、いくつかの選択肢があります。上記で選択した移行戦略を検討し、ここで概要を示す移行方法を確認し、データをクラウドに移行する方法を決定してください。方法に影響を与える要素は、移行する製品、ご利用のサーバーまたは Data Center のバージョン、移動する必要があるデータの量などがあります。