Close

サーバーからクラウドへの移行ガイド

クラウドへの移行を成功させるには、リソースとベスト プラクティスに関する段階的な移行ガイドを使用してください


フェーズ 6: ローンチ

これで終了です - 一息つきましょう!慎重な計画、準備、オールスター チームによって、クラウドに上手く移行できました。お祝いする (または長期休暇を取る) 前に、チームが暖かく迎えられ、クラウドを利用できる状態にあり、管理者がクラウドの責任を管理する準備ができていることを確認してください。

チームの皆を歓迎する

関係者に、移行の成功、貴社がこの移行を決定した理由を伝え、改めて新たな環境について説明します。ユーザーが稼働開始できるよう、クラウド導入ドキュメントをご確認ください (そして、チームと共有してください)。クラウド サイトに招待するメールを送信します。以下に示す重要な情報を含めることをお勧めします。

  • 新しいクラウド サイトへのリンクなど、ブックマークへの新しいリンク
  • エンド ユーザーのログイン方法に関する方針
  • リセットが必要なもの (アバター。SSO を使用していない場合、ユーザーはパスワードをリセットする必要があります)
  • アプリまたは機能の変更
  • 提供されるトレーニング
  • サポートが必要な際の問い合わせ先

2 つ目のオプションとして、クラウド サイト内からユーザーを招待することも可能です。


クラウドに慣れる

チームの調整をサポートするため、移行後の課題、フィードバック、または質問の優先順位付けを行います。組織のカレンダー上、移行後の最初の週は営業時間に余裕を持たせ、エンド ユーザーが質問したり、フィードバックを提出したりできる Slack チャット ルームを作成します。

感嘆符のアイコン

自社ホスト型インスタンスを今後使用する予定がない場合、監査目的のデータをまだバックアップしていなければバックアップして、保守がいつ失効しても良いようにしましょう。


サポートおよび保守体制への移行

問題の大部分が解決したら (一部の問題は残っていても)、チームの標準サポートおよび保守プロセスを SaaS アプリケーション用に移行しましょう。まだサポートが必要な場合、当社のチームにお問い合わせいただき、サイトを想定通りに稼働させてください。クラウドの世界では、自社ホスト型とは違い、管理者が手動で保守する必要はありません。今後、あなたのチームは、より戦略的かつ積極的な役割を果たして、貴社のニーズに先回りし、規模の拡張に合わせたチームのサポートに集中できます。


クラウド製品のセキュリティのベスト プラクティスの実装

また、クラウド ガバナンスは、通常の自社ホスト型セキュリティ セットアップとは少し異なります。貴社のデータのセキュリティおよび作業のセキュリティを確保するための強固な基礎を築くため、当社のベスト プラクティスを使用して、アイデンティティ プロバイダー、セキュリティ プロコトルをカバーし、アトラシアンの役割を把握してください。

感嘆符のアイコン

クラウド ガバナンスのベスト プラクティスに関する Forrester のレポートを確認して、新しいクラウド サイトにおいてセキュリティを重視してください。


クラウド製品の最新情報のフォロー

クラウド管理者として、クラウド プラットフォームおよび製品の最新情報を入手することをお勧めします。クラウド製品では、最新の機能とバグ修正を即座に利用できます。インストール、アップグレード、およびパッチはアトラシアンによってシームレスに管理されるため、 週末のアップグレード対応は不要です 。当社の現在の取り組みについては、当社のクラウド プラットフォーム、Jira Software、Confluence、Jira Service Desk、Bitbucket のロードマップをご確認ください。