Close

Crucible の価格とライセンス


この FAQ には Crucible のライセンスと価格設定に関する、よくある質問が含まれています。直接のご相談をご希望の場合は、カスタマー アドボケート チームまでお問い合わせください。

サーバーライセンス

新規 Crucible ライセンスの価格はいくらですか? 表示する

Crucible のライセンス体系は、シンプルで公平な仕組みで設計され、前払いのシステムとなっています。最初の購入には、ソフトウェアの恒久的使用と 12 か月のソフトウェア保守が含まれています。新しいソフトウェア リリース / 機能強化、当社の世界クラスのサポート チーム、重大なバグの修正、およびセキュリティパッチへのアクセスは購入日から可能です。ソフトウェア保守の年次更新は任意ですが、上記の利点のすべてを継続的にご利用いただくため、更新を強くお勧めします。

Crucible を Fisheye とともに使用する場合 (すべてのケースで)、Fisheye ライセンスには Crucible との互換性を保つために同数以上のユーザー数が必要です。

注意: 5 ユーザーのスターター ライセンスは、サポートの対象となりません。サポートに関するお問い合わせはアトラシアン コミュニティをご利用ください。

* Crucible スターターはスターターおよび商用 Fisheye インストールの両方で動作し、Fisheye のリポジトリ要件を反映します (例: リポジトリ数制限付きの Fisheye スターターで作業している場合、Crucible はその数のリポジトリのみをサポートします。商用 Fisheye の場合、リポジトリ数に制限はありません)

Crucible ソフトウェアの保守更新料はいくらですか? 表示する

すべてのサーバー ライセンスには、12 か月間のソフトウェア保守が含まれています。新しいソフトウェア リリースや機能強化、当社の世界クラスのサポート チーム、重大なバグの修正、セキュリティ パッチへのアクセスをご利用いただけます。最初の 12 か月が経過した後は、当社の設定した更新価格にて 12 か月ごとにソフトウェア保守を延長することを強くお勧めします。

Crucible のソフトウェア保守ライセンスは対応する Fisheye のソフトウェア保守ライセンスと一緒に更新する必要があります。

ライセンスの保守期間満了の 90 日前に、自動的に見積書が送信されます。こちらの購入義務はなく、見積もりの依頼はいつでも可能です。詳細については、FAQ をご覧ください。また、自動更新のオプションがあり、my.atlassian.com から設定が可能です。

*ソフトウェアの保守更新は、保守更新ライセンスの購入日に関係なく、前の保守有効期間の満了日から開始されます。新しいリリースにアップグレードしていつでも技術的な支援を受けられるように、少なくとも満了日の 30 日前までに更新することをお勧めします。

ソフトウェアの保守とは何ですか? 表示する

利用初年度*には、ソフトウェアの保守サポートが含まれます。次の利点があります。

  • セキュリティパッチ
  • 重大なバグの修正
  • 新機能と機能強化
  • 技術的なトラブルシューティングのためのアトラシアンの優れたサポートチームへのアクセス
  • 開発ライセンス*キー (コミット前にアップグレードテストすることができます!)
  • ベータプログラムへの参加の可能性

ソフトウェアの保守をアクティブに維持するためには、毎年更新の購入をする必要があります。ソフトウェア保守の更新条件については、上記をご覧ください。また、世界クラスの他社のチームと同じように、貴社のチームもこの恩恵を受け続けることができるように、ビジネスプロセスにおいて頻繁にアップグレードを行うことをお勧めします。

*注意: 5 ユーザーのスターター サーバー ライセンスは、非本番環境の開発ライセンスまたはテクニカル サポートの対象となりません。

見積もりを依頼する方法は? 表示する

見積もりのご依頼は簡単です (もちろん義務は発生しません)。Atlassian Store からリクエストを送信するだけです。最終段階で [見積もり依頼] にチェックを入れ、[送信] をクリックします。オンライン フォーム経由で作成された見積書のみが有効と見なされます。ショッピング カートの画面を印刷したものは見積書として見なされません。

Crucible ユーザーをどのように定義していますか? 表示する

Crucible ユーザーとは、Crucible システムで '使用' 権限を持つユーザーアカウント (つまり、ログイン中にサイトを表示できるすべてのユーザー) です。すべてのライセンスで無制限の「匿名ユーザー」が許可されています。

Crucible ライセンスの内容はどうなっていますか? 表示する

Crucible 商用版/アカデミック版/スターターの各ライセンスでは以下の資格が付与されます。

  • ライセンスを所有するユーザー数のアクセスが可能な本番環境に Crucible の単一インストールをデプロイ
  • Crucible の永久使用
  • 12か月のソフトウェア保守 - すべてのアップデートとオンラインサポートを含む (現地営業時間) 日本語サポートの対応時間は、9:00~18:00 (土日祝除く) となります。
  • JSP ソースコード (幅広いカスタマイズが可能な開発者ソースライセンスを所有している場合)

注意: フルソースは利用できません。アトラシアンが公開できない組み込み済みコードがあるため、完全なソースは公開しておりません。

ライセンス料金の見積もりは、「Crucible ユーザー」総数に対して行われます。Crucible ユーザーとは、Crucible システムで「使用」権限を持つユーザー アカウント (つまり、ログイン中にサイトを表示できるすべてのユーザー) です。すべてのライセンスで無制限の「匿名ユーザー」が許可されています。

アカデミック ライセンスは一定の基準を満たした教育および学術機関向けです (詳細はこちら)。詳しい情報については、当社のソフトウェア ライセンス契約でご確認ください。

Crucible ライセンスを上位ユーザー階層にアップグレードする場合はどのくらいの費用がかかりますか? 表示する

Crucible はいつでも上位ユーザー階層にアップグレードできます。すべてのデータがシームレスにアップグレードされ、すべてのアップグレードには支払が処理された日から 12 か月間のソフトウェア保守が含まれます。この期間は、既存の保守契約期間より優先されます。

Crucible ライセンスのアップグレードは、同等のFisheye ライセンスアップグレードと共にに購入する必要があります。Fisheye ライセンスは (すべてのケースで)、Crucible との互換性を保つために同数以上のユーザー数が必要です。

: アップグレード価格は、以前にお支払いいただいた料金によって異なります。2019 年 10 月 3 日より前に購入された場合、価格プランが異なることがあり、その場合、以下の表は適用されません。アップグレードの費用を確認するには、Atlassian Store でアップグレード見積書を作成してください。

アカデミックの Server ライセンスへのアップグレードは、上掲の価格の 50% です。

Server ライセンスのアップグレードの購入方法を教えてください。 表示する

Server ライセンスのアップグレード見積作成方法は 2 つあります。

my.atlassian.com

ライセンスの請求担当者が my.atlassian.com にログインすると、[アップグレード] ボタンで対象のライセンスが選択できます。次に、セキュリティで保護された見積 & 注文フォームにアクセスします。アップグレードする製品と移行先のユーザー階層を選択します。完了したら、[カートに追加] をクリックします。注文は確定も、購入義務のない見積もりとして保存もできます。

アトラシアン ストア

アップグレードの見積もりは Atlassian Store から直接作成できます。ログインすると、ページ上部に [アップグレード] が表示されます。アップグレードする製品と移行先のユーザー階層を選択します。完了したら、[カートに追加] をクリックします。注文は確定も、購入義務のない見積もりとして保存もできます。