Close

スタンドアップ

この通常のチーム ハドルを使用すると、メンバー全員が進捗や妨げになる障害物を共有できます。

鉛筆のアイコン
準備時間
5 分
ストップウォッチのアイコン
実行時間
15 分
つながった人々のアイコン
人数
3 - 11 名
ビデオ会議中に立っている人々

スタンドアップ

この通常のチーム ハドルを使用すると、メンバー全員が進捗や妨げになる障害物を共有できます。

ビデオ会議中に立っている人々
鉛筆
準備時間
5 分
ストップウォッチのアイコン
実行時間
15 分
つながった人々のアイコン
人数
3 - 11 名

スタンドアップ

この通常のチーム ハドルを使用すると、メンバー全員が進捗や妨げになる障害物を共有できます。

鉛筆のアイコン
準備時間
5 分
ストップウォッチのアイコン
実行時間
15 分
つながった人々のアイコン
人数
3 - 11 名
電話会議中に立っている人々

スタンドアップの実施

この会計チームは、Zoom でスタンドアップを開催し、Trello をプロジェクト ボードとして使用しています。

このソフトウェア開発者のチームは、対面スタンドアップを行っています。

この製品発売チームは複数のタイム ゾーンで働いているため、Slack を使用して非同期スタンドアップを実行しています。

前提条件

リモート

画面共有を使用したビデオ会議

デジタル プロジェクト ボード

対面

ミーティング スペース

ディスプレイ画面

デジタル プロジェクト ボード

オプションのテンプレート

アトラシアンテンプレート

このプレイを実行するための手順説明

1. 準備 5 分

スタンドアップ ミーティングごとに同じ時間とスペースを選択します。

リモート チームの場合は、プロジェクト ボードを画面共有する機能を備えたビデオ会議を使用します。

対面チームの場合は、作業ボードの近くの静かなオフィスの片隅を使用してみましょう。

これまでにスタンドアップを実行したことがない場合は、チームが準備を整えて参加できるよう、ミーティング前に次の質問を共有することを検討してください。

[チームの目標を挿入] を念頭に、

「前回のスタンドアップ以降、私が実行したことは...」

「次回のスタンドアップ前に、私が実行することは...」

「私の仕事が遅れている原因は...」

ヒント: 最も重要なことを優先する

チームは現在の業務内容をどこで共有していますか? その答えが「共有していない」という場合、優先順位付けマトリックス プレイを試し、プロジェクト ボードを使用してそのプレイに従ってください (テンプレートを参照)。

2. スタンドアップ (立ったまま行う) 15 分

スタンドアップ! そうです、ビデオ会議に参加していても立ったまま行います。これにより、会議に集中できるようになります。

チームの各メンバーは、前回のスタンドアップ以降の進捗、次回のスタンドアップまでの計画、進捗を妨げる障害が発生していないかどうかを簡単に報告します。ミーティングは 15 分以内にする必要があります。

ヒント: チーム主導

マネージャーは、チームのスタンドアップに参加して、最新情報を入手したり直接作業したりしたくなることがあります。しかし、これによってミーティングの進捗が遅れ、チームの働きが弱まってしまいます。それよりも、メンバーのニーズを満たせる他の方法をマネージャーと相談しましょう。

ヒント: 深く掘り下げる

すべての物事が疑わしいほどうまくいっている場合は、次のように自問してください。

「何か 1 つ手伝ってもらう必要があるとしたら、それは…」

「...ならば、物事をより迅速に達成できるだろう」


フォローアップ

オフライン トピック

15 分間のスタンドアップの後、ミーティングを抜けたいメンバーには、抜けるよう促します。時間がありチームに提案があるメンバーは、そのまま残り話し合いを続行できます。

同僚からのサポート

ミーティングで取り上げた課題に関して、チーム メンバーが互いにサポートするよう促します。

その他のパターン

グローバルに配信

異なるタイム ゾーンで働いている場合、お気に入りのコミュニケーション プラットフォームでチームと非同期スタンドアップを行います。そのプラットフォームで、全員が最新情報を書き留め、送信できます。Slack などの一部のコミュニケーション プラットフォームにはボットも用意されており、最新情報を送信するようチームに通知する設定を行えます。

ボードを確認する

メンバーごとではなく、作業ボードの項目ごとに話し合います。ブロックされている項目から始め、その項目のブロックを解除する方法について話し合います。次に、残りの各項目について検討し、完了する方法について話し合います。

次の人にボールを渡す

対面チームの場合、チームメイトが話を聞きたい次のメンバーに渡すグッズを用意します。リモート チームの場合、次に話を聞きたいメンバーをそれぞれのメンバーに選択してもらいます。


人の集団のイラスト

その他のご質問がある場合は、

他の Atlassian Team Playbook のユーザーと会話を開始したり、サポートを受けたり、フィードバックを提供したりできます。

その他のご質問がある場合は、

他の Atlassian Team Playbook のユーザーと会話を開始したり、サポートを受けたり、フィードバックを提供したりできます。

他のプレイを確認する

ニュースレター登録のイラスト
ニュースレター登録のイラスト

私たちのチームからあなたのチームへ

毎月のニュースレターで最新のプレイ、ヒント、コツについて最新情報を入手できます。

Thanks!