Close
製品ガイド & チュートリアル

Jira Software の購入、使用、カスタマイズについて知っておくべきすべてを集めました。

Jira が表示されたモニターへと歩いていく人のイラスト

Jira の概要

Jira はあらゆるタイプのチームの作業管理をサポートする製品ファミリーです。Jira にはソフトウェア、IT、ビジネス、Ops などのチームに特化した製品とデプロイオプションがいくつかあります。詳細を読んで最適な選択肢を見つけてください。


Jira プラットフォームについて

Jira プラットフォームの製品、アプリは、チームによる作業のプラン、割り当て、追跡、レポート、管理をサポートするよう用意されています。Jira プラットフォームは、アジャイルなソフトウェア開発やカスタマーサポートから、ショッピングリストや家事の管理まで、チームのあらゆる共同作業に役立ちます。

Jira プラットフォームでは、Jira Software、Jira Service Desk、Jira Core という 3 つの製品が用意されています。製品ごとに別々のユースケースに対応したテンプレートを搭載しており、製品間でシームレスに統合できるため、チームが組織全体で一段と効率的に共同作業を遂行できます。

Jira 製品の概要

Jira Software

計画、追跡そして世界レベルのソフトウェアをリリースします。

詳細を見る

Jira Service Desk

顧客にはサポートを簡単に依頼する方法を、エージェントにはすばやくサポートする方法を提供します。

詳細を見る

Jira Core

マーケティングキャンペーン、人事のオンボーディング、法的ドキュメントの承認やレビュー等のビジネスプロジェクトを管理しましょう。

詳細を見る

ユーザー
  • ソフトウェア開発者
  • プロジェクトマネージャー
  • スクラムマスター
  • 顧客実績
  • サービスデスクエージェント
  • IT マネージャー
  • サポートエージェント
  • サポートマネージャー
  • 一般ユーザー
  • 企業ユーザー
ユースケース
  • バグ追跡
  • プロジェクト管理
  • プロダクトマネジメント
  • プロセス管理
  • タスク管理
  • ソフトウェア開発
  • アジャイルソフトウェア開発
  • IT ヘルプデスク
  • ITSM
  • カスタマー サポート
  • エンタープライズサービス管理
  • チケット管理のサポート
  • サービスリクエスト管理
  • インシデント管理
  • 問題管理
  • 変更管理
  • 一般的なチームプロジェクト
  • ワークフローの承認
  • タスク管理
重要なインテグレーション
  • Confluence
  • Bitbucket
  • Slack
  • GitHub
  • Confluence
 
ホスティングオプション
  • クラウド、サーバー、データセンター
  • クラウド、サーバー、データセンター
  • クラウド、サーバー、データセンター
ライセンス
  • すべての Jira Software ユーザーが Jira Core の機能にアクセス可能
  • ユーザーがアクセス可能
  • ソフトウェアのプロジェクトと機能
  • ビジネスのプロジェクトと機能
  • すべての Jira Software ユーザーが Jira Core の機能にアクセス可能
  • ユーザーがアクセス可能
    • ソフトウェアのプロジェクトと機能
    • ビジネスのプロジェクトと機能
  • すべての Jira Software ユーザーが Jira Core の機能にアクセス可能
  • ユーザーがビジネスプロジェクトや機能 (ダッシュボード、レポートなど) に対するアクセス権を保持

Jira 製品の概要

Jira Software

計画、追跡そして世界レベルのソフトウェアをリリースします。

詳細を見る

Jira Service Desk

顧客にはサポートを簡単に依頼する方法を、エージェントにはすばやくサポートする方法を提供します。

詳細を見る

ユーザー
  • ソフトウェア開発者
  • プロジェクトマネージャー
  • スクラムマスター
  • 顧客実績
  • サービスデスクエージェント
  • IT マネージャー
  • サポートエージェント
  • サポートマネージャー
  • 一般ユーザー
ユースケース
  • バグ追跡
  • プロジェクト管理
  • プロダクトマネジメント
  • プロセス管理
  • タスク管理
  • ソフトウェア開発
  • アジャイルソフトウェア開発
  • IT ヘルプデスク
  • ITSM
  • カスタマー サポート
  • エンタープライズサービス管理
  • チケット管理のサポート
  • サービスリクエスト管理
  • インシデント管理
  • 問題管理
  • 変更管理
重要なインテグレーション
  • Confluence
  • Bitbucket
  • Slack
  • GitHub
  • Confluence
ホスティングオプション
  • クラウド、サーバー、データセンター
  • クラウド、サーバー、データセンター
ライセンス
  • すべての Jira Software ユーザーが Jira Core の機能にアクセス可能
  • ユーザーがアクセス可能
  • ソフトウェアのプロジェクトと機能
  • ビジネスのプロジェクトと機能
  • すべての Jira Software ユーザーが Jira Core の機能にアクセス可能
  • ユーザーがアクセス可能
    • ソフトウェアのプロジェクトと機能
    • ビジネスのプロジェクトと機能

Jira 製品の概要

Jira Core

マーケティングキャンペーン、人事のオンボーディング、法的ドキュメントの承認やレビュー等のビジネスプロジェクトを管理しましょう。

詳細を見る

Jira Ops

重大なインシデントの発生時に、より徹底的な管理、すばやい対応、小規模な中断を可能にします。

詳細を見る

ユーザー
  • 企業ユーザー
  • インシデントマネージャー
  • ソフトウェア開発者
  • DevOps マネージャー
  • Site Reliability Engineer
  • IT マネージャー
  • インシデント対応チーム
  • CTO
ユースケース
  • 一般的なチームプロジェクト
  • ワークフローの承認
  • タスク管理
  • インシデント管理
  • インシデント対応
  • インシデントの追跡
重要なインテグレーション
 
  • Opsgenie などのアラート管理ツール
  • Statuspage
  • Confluence
  • Jira Service Desk
  • Slack
  • Zoom
ホスティングオプション
  • クラウド、サーバー、データセンター
  • クラウド
ライセンス
  • すべての Jira Software ユーザーが Jira Core の機能にアクセス可能
  • ユーザーがビジネスプロジェクトや機能 (ダッシュボード、レポートなど) に対するアクセス権を保持
  • Jira Ops はバージョン 1.0 のリリースまで無料で提供中
  • Jira Ops バージョン 1.0 は 2019 年中にリリース予定

Jira Software ホスティングオプション

Jira Software はクラウドと自社管理という 2 つのホスティングオプションで用意されています。自社管理型オプションのお客様は、Server と Data Center どちらかを選択できます。どのオプションが適しているかご不明の場合、こちらの概要をご確認ください。

各種クラウド

クラウド

Jira Software Cloud では、アトラシアンがクラウド環境で Jira Software サイトのセットアップからホスティングまで行います。一般的に、これはチームにとってすぐ簡単に開始するためのベストな方法です。チームは、自分たちでホスティングすることによる技術的な問題に対処する必要がありません。

サーバー(オンプレミス)

サーバー(オンプレミス)

Jira Software Server では Jira Software を自社のマシンにインストールして利用し、自由にカスタマイズできます。このオプションは、多少手間がかかっても設定や運用をすべて自社で管理したいチーム、特に厳格なデータガバナンス要件があるチームに向いています。

データセンター

データセンター

Jira Software Data Center では AWS や Azure などの IaaS ベンダーやお使いのハードウェアで Jira Software をホスティングできます。このオプションは、Jira Software への常時アクセスと大規模パフォーマンスを必要とするエンタープライズチームに最適です。


重要用語集

課題

Jira の「課題」とは、タイプやサイズにかかわらず、作成から完了まで追跡対象となっている単一の作業項目を指します。たとえば、あるソフトウェアチームが開発中の機能、マーケティングチームの仕事リストの一項目、法務チームが執筆する必要のある契約はどれも、課題となり得ます。

ヒント: 課題の代わりによく使われる用語としては、このほかに「リクエスト」、「チケット」、「タスク」があります。Jira 製品ファミリーを使用して協働するときは、「課題」を使ってチーム内の食い違いを防ぐようお勧めします。

プロジェクト

プロジェクトとは、ごく端的に言うと、目的やコンテキストごとに共通する課題のまとまりです。プロジェクトとしてグループ化された課題は、表示制限からアクセスできるワークフローまで、さまざまな方法で構成できます。

Jira Software プロジェクトは、柔軟性が高く、チーム、事業部、製品、作業ストリーム別の課題などでグループを編成できる作業スペースです。納品日の異なるプロジェクト同士もまとめることができます。たとえば、チームごとの課題グループを編成する場合、マーケティングプロジェクト、開発プロジェクト、法務プロジェクトなどを作成でき、そのすべてで特定のチームの進めている作業が追跡されます。各課題は、課題キー (各プロジェクトに固有) と課題番号 (MKT-13、DEV-4、LEG-1 など) で表現します。

ワークフロー

ワークフローとは、ある課題が作成から完了までにたどる連続的なパスを指します。基本的なワークフローは次のような内容となります。

Jira ワークフローの図

この図で [開始]、[完了]、これらの中間にあるラベルは、課題の取り得るステータスを示し、矢印はステータス間で起こり得る遷移を示しています。ワークフローは、付帯する条件、トリガー、バリデーター、投稿機能によってシンプルにも複雑にもなります。こうした高度な設定については、このガイドの後の方で詳しく説明します。ここでは、Jira Software に精通している場合を除き、Jira Software 管理者であっても、ビジネス上のニーズから複雑なワークフロー構成が必要となるまでは、極力シンプルなワークフローを心がけるようお勧めします。

アジャイル

アジャイルとは、Jira Software 以外でも使われている用語です。ソフトウェア開発分野で生まれ、幅広い産業分野に広がった仕事哲学です。アジャイルに関するリソースは充実しているため、この場で細かくは定義しませんが、アジャイルでは顧客のフィードバックをこまめに取り入れて作業を進め、小規模の増分を継続的に納品するアプローチを重視します。理想的なアジャイルチームは、頻繁に変化する要件にタイミングよく迅速に対応できます。

ここでアジャイルを取り上げている理由は、Jira Software がスクラムやカンバンなど、アジャイルに特化した主な機能セットを備えているからです。ボード、見積もり、カードなどの用語をきっかけにして、ぜひアジャイルな業務の実践方法を模索してみてください。

アジャイルは仕事に関する 1 つの哲学であり、文化であるため、Jira Software を使っているだけでは真にアジャイルなチームは実現しない点に留意することが大切です。ただし、Jira Software は真にアジャイルなチームをスムーズに実現できるように構築されたツールです。

その他のリソース

次のリソースをブックマークしておくと、ほかの Jira ユーザーと常に連絡を取り合い、Jira Software Cloud の新機能や最新ドキュメントの更新を把握できます。

Cloud 価格シミュレーター

Cloud と Server の比較に関する FAQ

新機能の紹介