Cancer Research UK + Atlassian

ガン治療でコラボレーション


Cancer Research UK のロゴ
場所

英国、ロンドン

アトラシアンコミュニティ
ページを共有

英国を拠点とする慈善団体の Cancer Research UK では、資金調達者、ノーベル賞受賞研究者、4,000 人の献身的な医療従事者からなる世界的なネットワークを 3,000 人のスタッフがサポートしています。そこではプロジェクト管理を効率化し、組織内の風通しを良くして、生命を救うという使命を推進する方法を必要としていました

「ここで活動する人の多くは、家族や知り合いにガン患者がいるなど、ガンと関係があります。毎日ここに来て活動することで、他の場所では得られない使命感と生きがいを実感できるのだと思います」と Greg Franklin 氏 (Cancer Research UK アジャイルリーダー) は語ります。Greg 氏とそのチームには「ガンのない世界」という夢があります。CRUK (Cancer Research UK) の活動は、英国のガン患者生存率が過去 40 年間で 2 倍に向上したことに貢献しました。CRUK ではさらに活動を加速し、2034 年までにガン患者の生存率を 4 人に 3 人にまで向上させることを目指しています。さらにその先には、ガンのない世界を思い描いています。

CRUK はその熱意とアジリティで現在積極的に活動範囲を広げていますが、常にそうだったわけではありません。熱意はあってもアジリティは不足しており、2013 年に Web 開発のかなりの部分を内部で手がけることにしたところ、チームは硬直状態に陥りました。プロジェクトは各部門の連携なしで追跡されるようになり、生産性が大幅に低下しました。

Raj Natarajan 氏 (CRUK テストリーダー) は当時について次のように語ります。「ビジネスアプリケーションとエンタープライズケイパビリティチームが完全なバックエンド型データベースシステムを管理しており、半年に一度リリースを行っていました。こうしたリリースの管理ツールがないため、Excel のスプレッドシートと Word 文書が使用されていました」。

これらの連係性のないツールにウォーターフォール式のデータ収集方法が組み合わさることでチームにストレスがたまりました。プロセスは分断的で進行も遅れがちでした。こうした非効率性の代償は最終的に CRUK の支援者ネットワークが負うことになりました。「実際には要件を集めることから始めますが、6 か月後に成果物を引き渡す頃にはそうした要件は古くなっています。顧客が最終製品として目にするのは、6 か月前に要求したものとまったく違うものです」(Raj 氏)

作業方法をツールに合わせる必要がまったくないほど、柔軟に構成できます

Cancer Research UK の Greg 氏の顔写真
Greg Franklin 氏

Cancer Research UK アジャイルリーダー

ワークフローを根本的に見直す必要があるのは明白でしたが、非営利組織の予算には限りがあります。幸いアトラシアンにはコミュニティライセンス制度があり、無料で慈善団体に製品を提供しています。CRUK が Jira と Confluence の採用を決めたのも、この制度が決め手になりました。CRUK のアジャイルデリバリーマネージャーの 1 人、Maria Bonorchis 氏は次のように説明します。「このライセンスのおかげでツールに大金をかけられる企業と同じくらい効率化できます。CRUK はガン治療の研究のために資金を集めています。わずかな支援も無駄にできません」

開発チームは短いトライアルを経て Jira の本格的な導入に踏み切り、手始めに別のツールからバグ追跡機能を移行しました。間もなく、Jira はユーザーストーリーの主力ツールになり、ビジネスインテリジェント部門に利用範囲を拡大していきました。現在は .NET チームも Jira に移行し、Greg 氏はこのプロセスで重要な役割を果たしています。「Jira の管理者は私だけだったので、しばらく Jira のことを一手に引き受けていました」。チームのために動画やチュートリアルを作成し、ワークショップも開催しました。やがて CRUK はアトラシアンソリューションパートナーである Clearvision 社からトレーニングを受けて複数の管理者を養成し、導入をさらに進めることができました。

コミュニティライセンスプログラム制度のおかげで、ツールに大金をかけられる企業と同じくらい効率化できます

Cancer Research UK の Maria 氏の顔写真
Maria Bonorchis 氏

Cancer Research UK アジャイルデリバリーマネージャー

「使用中のツールから Jira に乗り換える人は次第に増えていきました」と Greg 氏は振り返ります。その理由を尋ねると、アジャイルボード、使いやすいインターフェイスなどいくつか挙がりましたが、柔軟性の高さは特に大きな決め手となりました。「作業方法をツールに合わせる必要がまったくないほど、柔軟に構成できます。チームとしての取り組み方を最初に決めたら、あとは Jira に任せればいいのです」と Maria 氏はその良さを語ります。

CRUK の Web 開発者 Simeron Taak 氏も Maria 氏に同調します。「Jira はチームやプロジェクトと共に進化します。ですからチームの規模が拡大したり、ニーズや製品の方向性が変化したりしても、Jira は簡単に調整できます」と指摘します。アジャイル方式を優先してプロジェクトを実現する組織として、こうした移行・拡大能力は CRUK にとって重要な意味を持ちます。詰まるところ、組織がどれだけアジャイルになれるかは、ツールの能力次第です。

現在、CRUK は Jira、 Confluence に加え、最近導入した Trello を使ってプロジェクトの実現ペースを速め、質を向上しています。技術チームとビジネスチームもその直感性と使いやすさから、Confluence をチームのコラボレーションツールとして選択しました。組織全体にアジャイル方式を普及させるための積極的なプログラムを実施した後、非技術系の複数のチームが作業の可視化と完了までの連携を強化するために、Trello を導入しています。Jira を組織全体に急速に導入したことは、計り知れない成果につながっています。ソフトウェアチームは Jira に合わせてアジャイル方式も導入し、アイデアの実現ペースを飛躍的に向上させました。大規模顧客データチームが他のツールから Jira に移行してほどなく、主な変更のリリース間隔は半年ごとから月ごとにまで短縮されました。

小規模チームもメリットを受けていると Greg 氏は付け加えます。開始当初、Web チームは 3 つのみでしたが、マイクロサービスを導入したことで、今では製品チームと技術チームが多数あります。これらのチームは Jira を使用してコードをすばやく効率的に見直し、年に数百件の最新情報をリリースできるようになっています(Jira の導入前は月に 2 件)。これらの最新情報は命を救うための情報(患者向け情報や募金活動に関する情報)であることを考えると、これだけ生産性が飛躍的に伸びることで、どれほど大きな影響を及ぼすことができるかは簡単におわかりいただけるでしょう。

Greg 氏はこう締めくくります。「CRUK のスタッフ全員が組織の戦略を理解していると思います。2034 年までに患者の生存率を 4 人に 3 人まで向上させるという目標は CEO によって宣言されており、組織内に浸透しています。こうしたビジョンを共有する組織では、奇跡を実現することができると確信しています」 

NPO 向けライセンス

コミュニティライセンスの取得方法の詳細はこちらをご覧ください

VSCO のロゴ

写真アプリをサブスクリプションビジネスにした VSCO は、透明性、効率性、チームワークに効果的な秘密の公式を見つけました。

Carfax のロゴ

Carfax のデリバリーチームは 4 年で倍増し、プロジェクト管理は転機を迎えました。チームがどのように乗り越えたかをご紹介します。