Close

適切な決定をする


優柔不断は有害です。身動きが取れなくなってチームは堂々巡りし、古い議論を何度も蒸し返すことになるでしょう。誰もが自分が決定者であると決め込むと、チームメイト間で対立が生じることは言うまでもありません。また、それより良くないのは、決定者が決定権を所有していることに気づかないことです。こうして、自体は一向に前に進まなくなります。

全員の役割を明確にするのは重要な意思決定スキルですが、それだけでなく意思決定を取り巻くあらゆるコンテキストを理解する必要があります。これによって問題点を明らかにして各選択肢とそれに関するメリット/デメリットを理解し、意志決定がより大きな目標に合致していることを確認します。

これらはいずれも、そう厄介なものではありません。これら 4 つを実践することで、役割の定義、情報の取得、選択肢の比較検討に関する能力を高められます。

チームで意思決定を行うための 4 つの主なプレイ

それぞれの決定事項について、何が最も重要かを理解し、アドバイスを求め、役割を割り当てます。

DACI: 意思決定フレームワーク

そもそも、それは誰が決定したのですか。このプレイを実行して、このような質問に答えます。さらに、決定を下す必要がある時期、推奨事項を募る相手、事後に情報を伝える必要がある相手を特定します。

問題のフレーミング

選択肢を比較検討する前に 1 時間かけて、問題や改善点を把握します。さまざまなレベルのスキルや経験を持つメンバーからなるグループをまとめます。異なる視点が多いほど、よりしっかりと問題を定義できます。

トレードオフ スライダー

トレードオフスライダー

プロジェクトの過程では、無数の小さな決定事項があります。何を最適化すべきか (スコープ対タイミングなど) を理解することで、プロジェクト チーム全体が独立して適切な判断を下せるようになります。これで分析麻痺はなくなります。

夜空の星に向いている望遠鏡

OKR

意志決定はあなたとチームに影響を与えるだけではなく、組織全体の目標達成能力に影響を与える可能性があります。組織全体で OKR 目標設定フレームワークを使用することで、意思決定関与する人物、推奨事項に貢献できる人物を簡単に特定できます。

その他のおすすめ

プロジェクトチームヘルスモニター

ヘルスモニターを使用して、パフォーマンスの高いチームに共通する 8 つの要素に照らして自己評価を行い、進捗を経時的に追跡します。

プロジェクトチームのメンバーを集め、現在の連携状況について率直に話し合います。

チーム プロジェクトの製品

プレイブックがもっと必要ですか?

下のボックスにメールアドレスを入力すると新しいヘルスモニターやプレイが追加された時に通知が送られます。

Thanks! Now get back to work.

フィードバックを受け取りましたか?

アトラシアンコミュニティサイトで質問やコメントをしてください。