Close

毎年恒例のユーザー カンファレンスである Team '22 の基調講演、人気の高いセッション、詳細な製品デモをご覧ください。詳細はこちら。

カテゴリー

ITSM インシデント後レビュー テンプレート

著者: Jira Service Management

インシデントから学び、インシデント後のレビューを行う

テンプレートを使用する
ITSM インシデント後レビュー テンプレート

ITSM チームは、テスト、更新、バグ修正のスケジュールを管理することで、システムをスムーズに実行し続けられます。IT システムの規模と複雑さが増すにつれ、システムの障害やインシデントは避けられなくなります。ITSM インシデント後レビュー テンプレートを使用して、事前に準備してください。テンプレートは、チームがインシデントの原因を発見し、再発の防止に役立ちます。

ITSM インシデント後レビュー テンプレートの使用方法

ステップ 1. インシデントの背景情報を追加する

まず、インシデントの期間、原因、影響のおおまかな概要を要約します。インシデントに関連するチケットを含めて、影響を受けたすべてのサービスをリストアップします。インシデントに関連するすべての背景情報を含めると、レビューに必要なすべての情報がチームに提供されます。

ステップ 1. インシデントの背景情報を追加する

ステップ 2. 非の打ち所のないインシデント後レビューを実施する

ITSM チームとともにテンプレートを使用して、インシデントを分析します。このテンプレートは、インシデント中のチーム メンバーの個人的な責任に重点を置くのではなく、グループの分析の根本原因に重点が置かれるように設計されています。この非の打ち所のないアプローチは、レビュー担当者がコラボレーションして可能なソリューションについてブレーンストーミングすることを奨励します。容易にアクセスできるように、ITSM チームがレビューを行い、新しい情報やデータ レポートを使用してテンプレートを更新します。

ステップ 3. インシデント後の次のステップを計画する

レビュー全体を通して、テンプレートを使用して作成した新しいプロジェクトを常に追跡し、インシデントの再発を防止します。フォロー タスク セクションに、レビュー後に発生した課題をリストアップします。テンプレートを編集して、タスクを割り当てたり、アクション アイテムを記録したりできます。

ステップ 3. インシデント後の次のステップを計画する

Jira Service Management empowers teams with everything they need to get started fast. Check out capabilities for ITSM practices like request, incident, problem, change, and configuration management.

  • AWS architecture diagram template

    Lucidchart

    AWS アーキテクチャ図

    インフラストラクチャを視覚化し、弱点と改善点をより正確に特定します。

  • Design your ideal workweek template

    アトラシアン

    理想的なワークウィークをデザインする

    タスクを完了するためのステップ バイ ステップガイドを用意します。

  • DevOps runbook template

    アトラシアン

    DevOps ランブック

    運用チームが素早くシステム アラートや障害に対応できるよう準備します。