Mac OS X に Git をインストールする

Git を Mac にインストールするには、いくつかの方法があります。実際、Xcode (コマンドラインツール) がインストールされている場合は、Git も既にインストールされている可能性があります。確認するには、ターミナルを開いて git --version と入力します。

$ git --version
git version 2.7.0 (Apple Git-66)

Apple は実際に Git のフォークを保守および配信していますが、メインストリームの Git より、メジャーバージョンで数個分遅れる傾向があります。Git の新しいバージョンは、以下のいずれかの方法を使ってインストールできます。

Git for Mac インストーラー

Mac に Git をインストールする最も簡単な方法は、スタンドアロンのインストーラーを使用することです。

  1. 最新の Git for Mac インストーラーをダウンロードします。

  2. プロンプトに従って Git をインストールします。

  3. ターミナルを開き、git --version でバージョン番号を入力して、インストールが成功したことを確認します。

    $ git --version
    git version 2.9.2
  4. 次のコマンドを使用して Git ユーザー名とメールを設定し、エマの名前を自分の名前に置き換えます。これらの詳細は作成するあらゆるコミットに関連付けられることになります。

    $ git config --global user.name "Emma Paris"
    $ git config --global user.email "eparis@atlassian.com"
  5. (オプション) HTTPS リポジトリで作業するときのユーザー名とパスワードを Git に記憶させておくには、git-credential-osxkeychain ヘルパーを設定します

Homebrew を使用した Git のインストール

OS X でパッケージを管理するために Homebrew をインストールしている場合は、以下の手順で Git をインストールできます。

  1. 端末を開き、Homebrew を使用して Git をインストールします。

    $ brew install git
  2. git --version でバージョン番号を入力して、インストールが成功したことを確認します。

    $ git --version
    git version 2.9.2
  3. 次のコマンドを使用して Git ユーザー名とメールを設定し、エマの名前を自分の名前に置き換えます。これらの詳細は作成するあらゆるコミットに関連付けられることになります。

    $ git config --global user.name "Emma Paris"
    $ git config --global user.email "eparis@atlassian.com"
  4. (オプション) HTTPS リポジトリで作業するときのユーザー名とパスワードを Git に記憶させておくには、git-credential-osxkeychain ヘルパーをインストールします。

MacPorts を使用した Git のインストール

OS X でパッケージを管理するために MacPorts をインストールしている場合は、以下の手順で Git をインストールできます。

  1. 端末を開き、MacPorts を更新します。

    $ sudo port selfupdate
  2. 利用可能な最新の Git ポートとバリアントを検索します。

    $ port search git
    $ port variants git
  3. Git を bash completion、OS X キーチェーンヘルパー、およびドックとともにインストールします。

    $ sudo port install git +bash_completion+credential_osxkeychain+doc
  4. 次のコマンドを使用して Git ユーザー名とメールを設定し、エマの名前を自分の名前に置き換えます。これらの詳細は作成するあらゆるコミットに関連付けられることになります。

    $ git config --global user.name "Emma Paris"
    $ git config --global user.email "eparis@atlassian.com"
  5. (オプション) HTTPS リポジトリで作業するときのユーザー名とパスワードを Git に記憶させておくには、git-credential-osxkeychain ヘルパーを設定します。

git-credential-osxkeychain ヘルパーのインストール

Bitbucket は、SSH と HTTPS の両方を介した Git リポジトリのプッシュとプルをサポートします。HTTPS を介してプライベートリポジトリで作業するには、プッシュまたはプルを実行するたびにユーザー名とパスワードを入力する必要があります。git-credential-osxkeychain ヘルパーを使うと、ユーザー名とパスワードを OS X のキーチェーンにキャッシュできるため、毎回入力する必要がなくなります。

  1. 上記の MacPorts または Homebrew の説明に従った場合、ヘルパーは既にインストール済みのはずです。そうでない場合は、ヘルパーをダウンロードしてインストールしてください。端末ウィンドウを開いて確認します。

    $ git credential-osxkeychain
    usage: git credential-osxkeychain <get|store|erase>

    使用法に関する文が表示される場合は、ステップ 4 にスキップします。ヘルパーがインストールされていない場合は、ステップ 2 に進みます。

  2. curl を使って git-credential-osxkeychain をダウンロード (またはブラウザー経由でダウンロード) し、/usr/local/bin に移動します。

    $ curl -O http://github-media-downloads.s3.amazonaws.com/osx/git-credential-osxkeychain
    $ sudo mv git-credential-osxkeychain /usr/local/bin/
  3. ファイルを実行可能ファイルにします。

    $ chmod u+x /usr/local/bin/git-credential-osxkeychain
  4. osxkeychain 認証情報ヘルパーを使用するように git を設定します。

    $ git config --global credential.helper osxkeychain

    次に、Git はユーザー名とパスワードを要求し、今後使用するためにキーチェーンにキャッシュします。

Atlassian Sourcetree を使用した Git のインストール

Mac 向け無料ビジュアル Git クライアントである Sourcetree には、Git のバンドル版が付属しています。Sourcetree はこちらからダウンロードできます

Sourcetree で Git を使用する方法 (および Bitbucket で Git リポジトリをホストする方法) については、Bitbucket と Sourcetree とともに使用する Git に関する包括的なチュートリアルに従ってください。

OS X のソースから Git をビルドする

Mac の場合、特定のライブラリが OS X リリース間で移動するため、Git の構成に少し手間がかかることがあります。El Capitan (OS X 10.11) では、以下の説明に従って Git を構成してください。

  1. 端末から、XCode のコマンドラインツールをインストールします (まだ行っていない場合)。

    $ xcode-select --install
  2. Homebrew をインストールします。

  3. Homebrew を使用して openssl をインストールします。

    $ brew install openssl
  4. Git のソースを複製 (または Git をインストールしていない場合は、ダウンロードして展開) します。

    $ git clone https://github.com/git/git.git
  5. build Git を実行するには次のフラグを作成します。

    $ NO_GETTEXT=1 make CFLAGS="-I/usr/local/opt/openssl/include" LDFLAGS="-L/usr/local/opt/openssl/lib"

次のステップ: Bitbucket Cloud で Git を使用する方法を学ぶ

Windows に Git をインストールする

Git for Windows スタンドアロン型インストーラー

  1. 最新の Git for Windows インストーラーをダウンロードします。

  2. インストーラーが正常に起動すると、Git Setup ウィザード画面が表示されます。表示に従って [Next (次へ)] と [Finish (完了)] を押すと、インストールが完了します。ほとんどのユーザーは、既定のオプションで問題ありません。

  3. コマンドプロンプト (またはインストール時に Windows のコマンドプロンプトから Git を使用しない選択をした場合は Git Bash) を開きます。

  4. 次のコマンドを実行して Git ユーザー名とメールを設定し、エマの名前を自分の名前に置き換えます。これらの詳細は作成するあらゆるコミットに関連付けられることになります。

    $ git config --global user.name "Emma Paris"
    $ git config --global user.email "eparis@atlassian.com"
  5. オプション:Windows に Git 認証情報ヘルパーをインストールします。

    Bitbucket は、HTTP を介した Bitbucket 上のリモート Git リポジトリのプッシュとプルをサポートしますが、リモートリポジトリにアクセスするたび、ユーザー名とパスワードを入力する必要があります。毎回入力する代わりに、Git Credential Manager for Windows を使ってこれらの認証情報を保存できます。

Atlassian Sourcetree を使用した Git のインストール

Windows 向け無料ビジュアル Git クライアントである Sourcetree には、Git のバンドル版が付属しています。Sourcetree はこちらからダウンロードできます

Sourcetree で Git を使用する方法 (および Bitbucket で Git リポジトリをホストする方法) については、Bitbucket と Sourcetree とともに使用する Git に関する包括的なチュートリアルに従ってください。

次のステップ: Bitbucket Cloud で Git を使用する方法を学ぶ

Linux に Git をインストールする

Debian/Ubuntu (apt-get)

Git パッケージは apt 経由で入手できます。

  1. シェルから、apt-get を使用して Git をインストールします。

    $ sudo apt-get update
    $ sudo apt-get install git
  2. git --version でバージョン番号を入力して、インストールが成功したことを確認します。

    $ git --version
    git version 2.9.2
  3. 次のコマンドを使用して Git ユーザー名とメールを設定し、エマの名前を自分の名前に置き換えます。これらの詳細は作成するあらゆるコミットに関連付けられることになります。

    $ git config --global user.name "Emma Paris"
    $ git config --global user.email "eparis@atlassian.com"

Fedora (dnf/yum)

Git パッケージは yum および dnf 経由で入手できます。

  1. シェルから、dnf (または Fedora の古いバージョンの場合は yum) を使用して Git をインストールします。

    $ sudo dnf install git

    または

    $ sudo yum install git
  2. git --version バージョン番号を入力して、インストールが成功したことを確認します。

    $ git --version
    git version 2.9.2
  3. 次のコマンドを使用して Git ユーザー名とメールを設定し、エマの名前を自分の名前に置き換えます。これらの詳細は作成するあらゆるコミットに関連付けられることになります。

    $ git config --global user.name "Emma Paris"
    $ git config --global user.email "eparis@atlassian.com"

Linux のソースから Git をビルドする

Debian / Ubuntu

Linux で Git をビルドするには、いくつかの依存関係が必要です。それらは以下のように apt 経由で入手できます。

  1. シェルから、apt-get を使用して必要な依存属性をインストールします。

    $ sudo apt-get update
    $ sudo apt-get install libcurl4-gnutls-dev libexpat1-dev gettext libz-dev libssl-dev asciidoc xmlto docbook2x
  2. Git のソースを複製 (または Git をインストールしていない場合は、ダウンロードして展開) します。

    $ git clone https://git.kernel.org/pub/scm/git/git.git
  3. Git をビルドするには、/usr にインストールして make を実行します。

    $ make all doc info prefix=/usr
    $ sudo make install install-doc install-html install-info install-man prefix=/usr

Fedora

Linux で Git をビルドするには、いくつかの依存関係が必要です。それらは以下のように yum および dnf 経由で入手できます。

  1. シェルから、dnf (または Fedora の古いバージョンの場合は yum) を使用して必要なビルド依存属性をインストールします。

    $ sudo dnf install curl-devel expat-devel gettext-devel openssl-devel perl-devel zlib-devel asciidoc xmlto docbook2X

    または yum を使用します。yum の場合、最初に Extra Packages for Enterprise Linux (EPEL) リポジトリをインストールする必要がある場合もあります。

    $ sudo yum install epel-release
    $ sudo yum install curl-devel expat-devel gettext-devel openssl-devel perl-devel zlib-devel asciidoc xmlto docbook2X
  2. Git ビルドで要求されるファイル名へのシンボリックリンク docbook2X を作成します。

    $ sudo ln -s /usr/bin/db2x_docbook2texi /usr/bin/docbook2x-texi
  3. Git のソースを複製 (または Git をインストールしていない場合は、ダウンロードして展開) します。

    $ git clone https://git.kernel.org/pub/scm/git/git.git
  4. Git をビルドするには、/usr にインストールして make を実行します。

    $ make all doc prefix=/usr
    $ sudo make install install-doc install-html install-man prefix=/usr

次のステップ: Bitbucket Cloud で Git を使用する方法を学ぶ