Close
Fair + アトラシアン

Fair がスピード、サービス、シンプルさにより自動車産業に破壊的変革をもたらしている方法


Fair のロゴ
業界

自動車

場所

南北アメリカ大陸

企業規模:

中堅企業向け市場

アトラシアン ユーザー数

1,300 社 (ベンダーと請負業者含む)

最も経験豊富なリーダーでも 9 か月でチームを 4 倍にするのは困難です。Fair は共通のミッションに専念して標準化を優先し、Atlassian Cloud を利用することで、Fair の画期的なアプリで車を手配するのと同じくらい簡単にビジネスを成長させました。

数十年経ってもあまり変化がなかった業界はどれか、という質問をしてみると、自動車販売業が上位に挙げられるでしょう。車を買うときは、何時間もかけて、ディーラーで押しの強い販売員をかわし、値切ることが大事であることは、誰でも知っています。担当者は何度も「ちょっと上司と相談してみます」と席を外し、その裏ではあなたの経済力が入念に検討されます。複雑な契約書をよく読んで理解したふりもしなくてはなりません。そして、点線に沿って署名します。さてこれから少なくとも 10 年はこの車に乗らなくちゃならない、この車で良かったんだよなと祈りながら、懐が数万ドル分さみしくなってディーラーから車に乗って帰ります。

これは、そんなに楽しいことでしょうか?そんなに楽しくないですよね。Fair を使えば、この煩わしさから解放されます。彼らは、車を入手するプロセスは簡単かつ価格もリーズナブルであり、貸し手ではなく顧客が中心になるべきだと考えています。Fair のユーザーは、月払いの予算内でさまざまな中古車を見て回り、指 1 本で欲しい中古車の契約に署名し、望む期間だけ運転できます。複数年ローンを利用する代わりに、Fair ユーザーは、1 回限りの初回支払いと全部込みの月払いによって、定期メンテナンス、けん引車サービス、限定保証、さらには任意保険までまかなえます。最も優れた利点は、長期契約や紙ベースの契約書すら不要で、5 日前に通知するだけで、いつでも自動車を下取りに出せることです。

どうやって実現したのでしょう? イノベーションと自動化への情熱がすべてです。だからこそ、Fair はより速くスマートに業務を進めるアジリティを獲得するためアトラシアンを利用しています。それによって、Fair は、顧客の自動車購入経験と従業員の就労経験の変革に取り組めます。

データ主導、規模の拡張

Fair は、業界の常識への挑戦に大変な情熱と労力を注いでいますが、内部プロセスの変革にも同等に情熱と労力を注いできました。両方の目標を達成するため、情報に基づく意思決定を行い、事業を拡大し、より多くの人により大きい影響を与えるためにデータを活用しています。

たとえば、どのような市場に進出すべきでしょうか? データに注目しましょう。クレジットが不完全な顧客に対して公平な形で顧客適格性を判断するには、どうすれば良いでしょうか?データを見ましょう。最も苦労しているのは、内部ワークフローと外部経験のどの部分ですか? データを見ましょう。

問題は、Google Docs とメールでのデータの収集と分析が難しいことでした。Fair が小さいチームだったころは、これらのツールで連携とコミュニケーションをまかなえましたが、従業員が 50 人、100 人、500 人以上と増えるにつれ、この基本的なシステムでは対応しきれなくなりました。Fair は、技術チームと非技術チームのメンバーがすべての詳細を管理し、時間と労力をより重要な要素に費やせるようにするためのソリューションを必要としていました。

エンジニアリング、顧客サービス、会計、クリエイティブ チーム、在庫、データ運用、車両返却、人事、施設などを含め、ほぼすべての請負業者と従業員がアトラシアンを使用しています。

Nathan Oni

プログラムマネージャー

Fair のエンジニアリング チームは、潜在的な選択肢の調査を開始した際、全員の組織化と効率化に役立つクロス オーガニゼーション クラウド プラットフォームに焦点を絞りました。以前の仕事でアトラシアンを利用した経験のある何人かの従業員が、アトラシアンを推薦しました。彼らは、特にクラウド オプションに関心を持っていました。アソシエイト技術プログラム マネージャーの Nathan Oni 氏は、「当社の規模は拡大しているため、業務の大部分とチケット発行にクラウド製品と Software as a Service を活用しています」と述べています。

新入社員が使用する機器、座席からソフトウェアアクセスまで、すべてを 1 つの Jira Software チケットで処理できます。あるチームメンバーは、オンボーディング時間を半分に短縮できました。

Brett Lakey

人事マネージャー

Atlassian Cloud が Fair の業務スタイル、インフラストラクチャとセキュリティのニーズに最適であり、カスタマー エクスペリエンスと同等の速さ、簡単さ、信頼性をワークフローで実現できると判断しました。そして、全力でツールの導入に着手しました。

一般的なチームが注目

Fair’s Engineering and Concierge Teams were among the first to start using Atlassian, leveraging Jira Service Management and Jira Software to manage customer requests and software bugs. It didn’t take long for non-technical teams to start noticing the potential for streamlining their workflows and communication too.

その要求は、以前にアトラシアンを利用した経験もあって Fair が雇ったばかりの Oni 氏と共有されました。Oni 氏は、「文字通り出勤初日に、車両在庫運用と追跡に Jira Software を利用しようとしていた在庫チームとの会議に呼ばれました」と振り返ります。

「2 日目か 3 日目に、IT 部長から、『人事チームがオンボーディング、オフボーディング、機器とアクセス管理に Jira を使いたがっているよ』と言われました。現在では、エンジニアリング、顧客サービス、会計、クリエイティブ チーム、在庫、データ運用、車両返却、人事、施設などを含め、ほぼすべての請負業者と従業員がアトラシアンを使用しています」と Oni 氏は語っています。

企業全体でより広範に使用することで、効率も向上します。効率が向上すれば、影響も大きくなります。Atlassian Cloud の実装以来、Fair は、数十都市で数千人の顧客により優れた自動車体験を提供する機会を得て、急速に成長しつつ生産性とサービスを改善しました。

時間の節約と健全性

Fair の新しいワークフローとシステムは役に立つだけでなく、飛躍的な成長を実現するために必要でもあります。ソフトウェア エンジニアの Michael Slocum 氏は、「当社は毎週、20 - 30 件のバグ関連チケットを発行しており、手動で対応していました。しかし、1 日当たり 90 件にまで増えると、すべてを確認することはできなくなり、当然ながら、管理することも不可能になりました。現在は、API を通してプログラムでアトラシアンを使用して、大規模なチケットの検索、整理、絞り込みを行っています。それによって、時間を 25% 節約でき、情報をより上手く整理できるようになりました」と述べています。

人事マネージャーの Brett Lakey 氏は、Fair の従業員が 200 人から 500 人以上に増えたため、アトラシアンはすでに、コミュニケーションの改善において重要な役割を果たしていると付け加えています。彼は、「当社のチームは透明性を重視しています。Confluence を使用して、すべての情報を 1 か所に統合し、必要に応じてアクセスを割り当てられます。さらに、新入社員が使用する機器、座席からソフトウェア アクセスまで、一人一人に対応することなく、すべてを 1 つの Jira Software チケットで処理できます。あるチーム メンバーは、オンボーディング時間を半分に短縮できたと言っていました」と語っています。

Fair のエンジニアは、複数のマーケットプレース アプリ (ScriptRunner、Automation for Jira、Jira Spreadsheets、Portfolio for Jira など) も実装して、優れたサービスを提供しつつ、チームがより速く全社的に活動しやすいようにしました。在庫運用マネージャーの Ashley Provencher 氏は、これらの自動化によって、彼女のチームを含め非技術チームでも、大きな時間の節約が実現したと述べています。彼女は、「バックエンド自動化によって時間を節約できたので、トラブルシューティングについて心配する必要がなくなり、新たなディーラーの立ち上げや在庫の処理に集中できるようになりました」と語っています。

これらの関係を構築することで、Fair は拡大を続ける需要への対応に必要な供給を拡大させています。ディーラーと顧客が増えるたびに、全関係者の経験を変革する新たな機会が生まれます。

サービスを損なわず短期間で拡張

Fair では、今後数年間にわたって、エコシステムの規模の拡大を継続すること、そして、より公平な自動車プロセスの力をより多くの人 (ディーラー、顧客、その間にいるすべての人) に示すことに注力していきます。

API を通してプログラムでアトラシアンを使用して、大規模なチケットの検索、整理、絞り込みを行っています。それによって、時間を 25% 節約でき、情報をより上手く整理できるようになりました。

Michael Slocum

ソフトウェアエンジニア

今後も効率は重視しますが、サービスを犠牲にすることはありません。実際には、効率の改善によってサービスの質も向上しています。Slocum 氏は、彼のチームがアトラシアンを使用して開発した自動化によって、Fair のサービスが改善したと述べています。彼は、「単純作業を自動化できれば、全員が、経験をより刺激的にしたり、より楽しくしたり、重要な作業に集中できます」と語っています。

刺激的で楽しい: 車の購入の表現にはめったに使われない言葉です。しかし、Fair はアトラシアンを活用することで、これらの言葉を単なる理想ではなく、新鮮味溢れる現実の体験として体現しています。

クラウドでシームレスかつ安全にコラボレーションして、組織のワークフローを変革しましょう。

ASU ロゴ

高等教育の将来に影響を与える、アリゾナ州立大学の IT 部門によるアジャイルプラクティスとデータの活用方法。

VSCO のロゴ

写真アプリをサブスクリプションビジネスにした VSCO は、透明性、効率性、チームワークに効果的な秘密の公式を見つけました。