Close
Bitly + アトラシアン

Bitly はビジネスオペレーションの拡大に Opsgenie を選択しました


Bitly のロゴ
業界

テクノロジー

場所

ニューヨーク州ニューヨーク

ユーザー数

10

ページを共有

インフラストラクチャの管理を中間業者に頼ることなく、SNS の通知だけに頼った経験があれば、アラートがあふれる怖さをご存じでしょう。Bitly の DevOps 兼セキュリティ担当ディレクター Kyle Moschetto 氏もこの苦労をよく知っていました。2008 年に設立された Bitly は、リンク管理のプラットフォームです。リンクの短縮や追跡で知られる Bitly は、デジタルマーケティング時代のお客様を支援しています。2016 年、Kyle 氏はインフラストラクチャを刷新して、オペレーションの改善を行うために Bitly に加わりました。携帯の SNS 通知だけを使用して、3 つの異なるクラウドプロバイダーで 150 を超えるマイクロサービスを年中無休で維持することは、複雑でややこしく、スマートとは言えませんでした。

新しいディレクターとして Bitly に加わった Kyle 氏は、最適なソリューションをすぐに見つけて、CTO にビジネスケースを提示する必要がありました。Kyle 氏には ITOps、DevOps、ネットワーキング、セキュリティ分野での豊富な経験があり、前職ではさまざまなソリューションを試す機会がありました。「PagerDuty は使い慣れていたので、何が問題かも分かっていました。Opsgenie が優れていることはすぐに分かりました。使いやすそうな最先端のモバイルアプリで、API 呼び出しは良好、Slack も統合されていました」概念実証の期間に、Kyle 氏とチームは Opsgenie の採用をすぐに決定し、まだ 6 か月しか経験のないジュニアエンジニアに Opsgenie への乗り換え業務を担当してもらうことにしました。それほど Opsgenie は扱いやすいと Kyle 氏は感じていたのです。

「オンコールを受けたいときは、ノートパソコンを取り出し、AWS に API 呼び出しを行う必要がありました。正しい番号が送信されてきますが、誰も覚えておらず、勤務時間外の担当者を呼び出すことになるのです」と Opsgenie の導入前を振り返って Kyle 氏は言います。

「チームにとって、決めるのは簡単なことでした。Opsgenie は、お腹の空いた人にクラッカーを差し出すようなものです。そして、クラッカーは高級ステーキに変身したのです」

時が経つにつれ、オンコールチームは大きくなり、他のサービス所有者に加え、バックエンドとフロントエンドのチームメンバーも含めることになりました。オンコールでの経験は大幅に改善され、チームメンバーは AWS やさまざまなツールに手動で API 呼び出しを行う必要がなくなり、誰に連絡すればよいかわかるようになりました。

「長年オンコールに携わってきた人がきっとこの製品を構築したのでしょう。毎日使うほどに実感しています。2 年間 Opsgenie を使用していて、一度も機能の停止を経験していません」

DevOps は配管の世界にいるようなもので、配管がうまく機能しているときは誰も気にしません。しかし、不具合を起こして床に下水があふれかえったら、それこそ一大事で他のことは何もできません。必要なのは解決能力のあるソリューションで、Opsgenie がまさにそれなのです。

Kyle Moschetto

Bitly DevOps 兼セキュリティ担当ディレクター

「アラートの統合やオンコールの管理の改善に加え、Opsgenie はクラウドやハイブリッドインフラストラクチャの監視にも理想的です。Opsgenie Heartbeats を使用して、Bitly では Opsgenie を使用し、クラウドインフラストラクチャを監視しながら、アラートシステムを作動させることが可能です。環境が複数の場合は、アラートの重大な障害は 1 つたりともあってはならないのです。Opsgenie は、当社のマルチクラウド環境において、グローバルなディザスタリカバリと監視ソリューションにとって重要なものとなっています」

製品の大ファンであるとした上で、Kyle 氏は Opsgenie がビジネスの遂行に対して、非常に顧客志向のアプローチであることを強調しました。「Opsgenie のチームとの交流はたった 3 回だけだったのですが、1 回目のオンボーディングの際も素晴らしく、2 回目の契約交渉の際も素晴らしく、3 回目の必要なレポート機能についてのディスカッションの際も、これまた素晴らしいものでした」

現在、Kyle 氏は煩わしいアラートのソースを見つけ出し、今後チームがアップグレードや再構築の必要箇所を決定する手助けとなるレポートを Opsgenie で生成したいと考えています。また、組み込みのオンコールレポートを使用し、チームに正当な評価を与えたいとも考えています。「堅牢なチームが常時稼動し、極めて迅速に対応しているのに、その統計データが会社と共有されていないなんて、当たり前のことではありません」

Opsgenie の 14 日間無料トライアルを今すぐ開始しましょう

ケント州立大学のロゴ

対処できないアラートや多すぎる通知に苦労したことで、情報を統合して有効活用し、インシデント対応を実現するツールが必要であることがわかりました。

looker ロゴ

Looker は信頼する Opsgenie で毎日 20 万人ものユーザーにサービスを提供しています。