Close

Data Center 製品への投資


リリース内容

この 1 年、当社は、セキュリティとコンプライアンスの改善、高度なユーザー管理、インフラストラクチャ、運用サポート、エンタープライズ グレードの規模、パフォーマンス、可用性などの中核的なニーズの一部を満たすため、世界レベルかつエンタープライズ グレードのエクスペリエンスの実現に取り組んでいます。

当社の Data Center 製品の過去の機能をいくつか紹介します。

Jira Software:

セキュリティ、コンプライアンス、およびガバナンス

  • 高度な監査: Atlassian の高度な監査機能により、組織はセキュリティ関連のデジタル レコードを取得して、コンプライアンスの証明、セキュリティの向上、リスク管理の改善に役立てることができ、それと同時に、管理者がビジネスの状態を監視するために必要なレベルの可視性を確保できます。詳しくはこちら

高度なユーザー管理

  • OpenID Connect: 自己ホスト アトラシアン製品のシングル サインオンを可能にし、ユーザーをシームレスかつセキュアに管理します。アトラシアンでは、Confluence Data Center をアイデンティティ プロバイダー (IdP) に接続してユーザーに認証を提供する、OpenID Connect アプリを提供します。詳しくはこちら。
  • ジャストインタイム ユーザー プロビジョニング: SAML SSO または OpenID Connect (OIDC) SSO を使用して Jira、Confluence、Bitbucket などの Atlassian Data Center アプリケーションにログインする際に、ユーザーを自動的に作成および更新することができ、ユーザーは最初にログインした瞬間から確実に適切なツールにアクセスできます。

拡張、パフォーマンス、可用性

  • レート制限: ミッションクリティカル ツールの安全性を保ち、好ましくないアクターまたは脅威を特定し、適切な対応を行って、REST API のフラッディングとインスタンスとビジネスへの悪影響を防止できます。詳しくはこちら。
  • Cluster Monitoring 機能の拡張: Atlassian Cluster Monitoring プラグインの機能を Jira Software に拡張しました。これにより、Data Center ノードを管理するためにさらに多くのツールを活用できます。クラスタリングされたすべてのノードが個別のページに表示され、ノードのアップタイム (前回の起動以降)、ID、負荷、およびメモリの情報を確認できます。
  • Amazon Aurora への対応: 可用性の高いデータベースである Amazon Aurora に対応します。Amazon Aurora は PostgreSQL と互換性のあるデータベースで、Data Center のアプリケーション スタック全体にわたってもう 1 つのレジリエンス レイヤーを提供します。Amazon Aurora は、クラスター化および分散化データベース アーキテクチャを活用して、レジリエンスを高め、フェイルオーバー プランを自動化します。

インフラストラクチャと運用

  • 非クラスター化アーキテクチャ: 高い可用性を必要とされない場合でも、非クラスター化アーキテクチャに展開することで、Data Center のエンタープライズ機能を活用できます。新しい Data Center ライセンス キーをサーバー インスタンスに入力するだけで、既存のインフラを利用して Data Center を展開し、クラスタリングを必要としない Data Center 機能の活用を開始できます。
  • Docker イメージ: Docker コンテナ イメージを使用して、Data Center 製品をデプロイします。Docker によって Data Center をデプロイすることで、コマンド ラインからご利用の環境の厳密なレプリカをすぐにデプロイできます。

移行サポートとサービス

  • Jira Data Center Migration アプリ: 最新の移行アプリを使用して、サーバーのホーム ディレクトリとデータベースのすべてを、新しい AWS インフラストラクチャに移行できます。つまり、検討が必要になるのはアプリの移行とサードパーティとの統合 (外部ユーザー ディレクトリを含む) のみです。移行時には、最後の同期までインスタンスを継続して実行できるため、ダウンタイムを削減できます。アプリによってホーム ディレクトリやデータベースのデータが変更されることはないため、最終的に移行する前に、データの移行を何度でもテストできます。

Confluence:

セキュリティ、コンプライアンス、およびガバナンス

  • 高度な権限: Confluence Data Center は、監査、トラブルシューティング、一括編集などの新しい権限機能を導入して、スペースとページに誰がアクセスできるかを簡単に特定、把握しやすくし、権限の管理にかかる時間を短縮しました。
  • 高度な監査: Atlassian の高度な監査機能により、組織はセキュリティ関連のデジタル レコードを取得して、コンプライアンスの証明、セキュリティの向上、リスク管理の改善に役立てることができ、それと同時に、管理者がビジネスの状態を監視するために必要なレベルの可視性を確保できます。詳しくはこちら

高度なユーザー管理

  • OpenID Connect: 自己ホスト アトラシアン製品のシングル サインオンを可能にし、ユーザーをシームレスかつセキュアに管理します。アトラシアンでは、Jira Software Data Center をアイデンティティ プロバイダー (IdP) に接続してユーザーに認証を提供する、OpenID Connect アプリを提供します。詳しくはこちら。

拡張、パフォーマンス、可用性

  • ゼロインパクト再インデックス: ゼロインパクト再インデックスにより、クラスタでの検索インデックスの再構築が簡単になりました。必要な手順の数を減らし、再インデックス プロセスにおける手動のファイル操作を不要にしました。1 つのノードでインデックスを再構築すると、新しいインデックス ファイルがクラスタの各ノードに自動的に反映されます。
  • コンテンツ配信ネットワーク (CDN): CDN を活用して、全世界での応答時間を短縮します。CDN は、Data Center インスタンスから静的リソースを提供する方法を変更します。CDN が有効になると、静的リソースは CDN ノードから提供されるようになり、世界中のユーザーのパフォーマンスが向上します。詳しくはこちら
  • レート制限: ミッションクリティカル ツールの安全性を保ち、好ましくないアクターまたは脅威を特定し、適切な対応を行って、REST API のフラッディングとインスタンスとビジネスへの悪影響を防止できます。詳しくはこちら。
  • Amazon Aurora への対応: 可用性の高いデータベースである Amazon Aurora に対応します。Amazon Aurora は PostgreSQL と互換性のあるデータベースで、Data Center のアプリケーション スタック全体にわたってもう 1 つのレジリエンス レイヤーを提供します。Amazon Aurora は、クラスター化および分散化データベース アーキテクチャを活用して、レジリエンスを高め、フェイルオーバー プランを自動化します。

インフラストラクチャと運用

  • 非クラスター化アーキテクチャ: 高い可用性を必要とされない場合でも、非クラスター化アーキテクチャに展開することで、Data Center のエンタープライズ機能を活用できます。新しい Data Center ライセンス キーをサーバー インスタンスに入力するだけで、既存のインフラを利用して Data Center を展開し、クラスタリングを必要としない Data Center 機能の活用を開始できます。
  • Docker イメージ: Docker コンテナ イメージを使用して、Data Center 製品をデプロイします。Docker によって Data Center をデプロイすることで、コマンド ラインからご利用の環境の厳密なレプリカをすぐにデプロイできます。

Jira Service Desk:

セキュリティ、コンプライアンス、およびガバナンス

  • 高度な監査: Atlassian の高度な監査機能により、組織はセキュリティ関連のデジタル レコードを取得して、コンプライアンスの証明、セキュリティの向上、リスク管理の改善に役立てることができ、それと同時に、管理者がビジネスの状態を監視するために必要なレベルの可視性を確保できます。詳しくはこちら

高度なユーザー管理

  • OpenID Connect: 自己ホスト アトラシアン製品のシングル サインオンを可能にし、ユーザーをシームレスかつセキュアに管理します。アトラシアンでは、Jira Service Desk Data Center をアイデンティティ プロバイダー (IdP) に接続してユーザーに認証を提供する、OpenID Connect アプリを提供します。詳しくはこちら
  • ジャストインタイム ユーザー プロビジョニング: SAML SSO または OpenID Connect (OIDC) SSO を使用して Jira、Confluence、Bitbucket などの Atlassian Data Center アプリケーションにログインする際に、ユーザーを自動的に作成および更新することができ、ユーザーは最初にログインした瞬間から確実に適切なツールにアクセスできます。

拡張、パフォーマンス、可用性

  • レート制限: ミッションクリティカル ツールの安全性を保ち、好ましくないアクターまたは脅威を特定し、適切な対応を行って、REST API のフラッディングとインスタンスとビジネスへの悪影響を防止できます。詳しくはこちら。
  • Amazon Aurora への対応: 可用性の高いデータベースである Amazon Aurora に対応します。Amazon Aurora は PostgreSQL と互換性のあるデータベースで、Data Center のアプリケーション スタック全体にわたってもう 1 つのレジリエンス レイヤーを提供します。Amazon Aurora は、クラスター化および分散化データベース アーキテクチャを活用して、レジリエンスを高め、フェイルオーバー プランを自動化します。

インフラストラクチャと運用

  • 非クラスター化アーキテクチャ: 高い可用性を必要とされない場合でも、非クラスター化アーキテクチャに展開することで、Data Center のエンタープライズ機能を活用できます。新しい Data Center ライセンス キーをサーバー インスタンスに入力するだけで、既存のインフラを利用して Data Center を展開し、クラスタリングを必要としない Data Center 機能の活用を開始できます。
  • Docker イメージ: Docker コンテナ イメージを使用して、Data Center 製品をデプロイします。Docker によって Data Center をデプロイすることで、コマンド ラインからご利用の環境の厳密なレプリカをすぐにデプロイできます。

Bitbucket:

セキュリティ、コンプライアンス、およびガバナンス

  • 高度な監査: Atlassian の高度な監査機能により、組織はセキュリティ関連のデジタル レコードを取得して、コンプライアンスの証明、セキュリティの向上、リスク管理の改善に役立てることができ、それと同時に、管理者がビジネスの状態を監視するために必要なレベルの可視性を確保できます。詳しくはこちら

高度なユーザー管理

  • OpenID Connect: 自己ホスト アトラシアン製品のシングル サインオンを可能にし、ユーザーをシームレスかつセキュアに管理します。アトラシアンでは、Bitbucket Data Center をアイデンティティ プロバイダー (IdP) に接続してユーザーに認証を提供する、OpenID Connect アプリを提供します。詳しくはこちら
  • ジャストインタイム ユーザー プロビジョニング: SAML SSO または OpenID Connect (OIDC) SSO を使用して Jira、Confluence、Bitbucket などの Atlassian Data Center アプリケーションにログインする際に、ユーザーを自動的に作成および更新することができ、ユーザーは最初にログインした瞬間から確実に適切なツールにアクセスできます。

拡張、パフォーマンス、可用性

  • コンテンツ配信ネットワーク (CDN): CDN を活用して、全世界での応答時間を短縮します。CDN は、Data Center インスタンスから静的リソースを提供する方法を変更します。CDN が有効になると、静的リソースは CDN ノードから提供されるようになり、世界中のユーザーのパフォーマンスが向上します。詳しくはこちら
  • ミラー ファーム: Git クローンの速度を改善させ CI/CD 容量を増やすために、スマート ミラーリング機能を強化しました。これにより、チームはリモート ロケーションのリポジトリのコピーをホストするライブ ミラー ノードをクラスター化して、ロード バランサーの背後の「ファーム」にグループ化できるようになります。クローン化に何時間もかかった大規模なリポジトリや、CI ビルドに起因する輻輳は、スマート ミラー ファームでは過去のものとなりました。
  • Amazon Aurora への対応: 可用性の高いデータベースである Amazon Aurora に対応します。Amazon Aurora は PostgreSQL と互換性のあるデータベースで、Data Center のアプリケーション スタック全体にわたってもう 1 つのレジリエンス レイヤーを提供します。Amazon Aurora は、クラスター化および分散化データベース アーキテクチャを活用して、レジリエンスを高め、フェイルオーバー プランを自動化します。

インフラストラクチャと運用

  • 非クラスター化アーキテクチャ: 高い可用性を必要とされない場合でも、非クラスター化アーキテクチャに展開することで、Data Center のエンタープライズ機能を活用できます。新しい Data Center ライセンス キーをサーバー インスタンスに入力するだけで、既存のインフラを利用して Data Center を展開し、クラスタリングを必要としない Data Center 機能の活用を開始できます。
  • Docker イメージ: Docker コンテナ イメージを使用して、Data Center 製品をデプロイします。Docker によって Data Center をデプロイすることで、コマンド ラインからご利用の環境の厳密なレプリカをすぐにデプロイできます。

Crowd:

高度なユーザー管理

  • Azure Active Directory のフィルタリング: グループ メンバーシップに基づいて Azure AD ユーザーをフィルタリングできます。Azure AD 全体を Crowd と同期させる必要がなくなったため、パフォーマンスが改善され、接続しているアプリケーションでの余計なライセンスの使用を避けられます。
  • Azure Active Directory におけるローカル グループのサポート: Azure AD ディレクトリにおけるローカル グループのサポートを追加しました。これからは、ローカルで Azure AD にグループを追加し、ユーザー メンバーシップを管理できるようになりました。ローカル グループは、Azure AD ディレクトリに保存されません。Azure AD ディレクトリから同期されたグループは、読み取り専用のままとなります。

インフラストラクチャと運用

  • Docker イメージ: Docker コンテナ イメージを使用して、Data Center 製品をデプロイします。Docker によって Data Center をデプロイすることで、コマンド ラインからご利用の環境の厳密なレプリカをすぐにデプロイできます。
  • AWS Quick Start Template: Quick Start Template をプリセットされた設定と推奨設定で使用すると、AWS 上でクラスタ Crowd デプロイを手早く簡単にセットアップできます。

Data Center 製品の変更点の詳細については、ロードマップをご確認ください。

本ページに掲載されている情報は、適用予定日を提供する際の、不確実性を伴う将来の見通しに関する記述を含みます。すべての将来の見通しに関する記述には、既知および未知のリスクと不確実性が含まれており、変更される可能性があります。