Close

DevOps の導入方法は組織によってさまざまです。

組織に合ったツールを使いましょう。
アトラシアンは開発サイクル全体の作業を統合します。
Jira は開発チームと企業の信頼できる唯一の情報源になります。


アトラシアンは当社製品とサードパーティツールを自動化で一つにまとめ、開発、IT オペレーション、アジャイルチームをつなぎます。チームは当社のツールであるかどうかにかかわらず、必要なツールを取り入れて使用できます。

Devops の無限大記号のイラスト

DevOps プロセスの各ステージにおけるアトラシアンツールの活用方法を見る


チーム全体のタスク管理

Jira Software で、ソフトウェアのデリバリーライフサイクル全体を統合する強力なアジャイル計画ツールを手に入れましょう。
各チームが使用するツールの種類にかかわらず、スムーズに情報共有できます。

プランのスクリーンショット
プランのイラスト

コードのステータスが一目瞭然

Jira の課題とコードをセットで管理すれば、プロジェクトの最新ステータスをすぐに把握できます。ビルド、リリース、デプロイ環境などの情報を Jira の課題で一括管理しましょう。

プランのイラスト

強力な自動化によるシフトレフト

Jira Cloud がネイティブで搭載している自動化により、ユーザーは Git 運用に基づく課題ステータスの変更からリリースに問題が発生した際の特定のチームに対する通知まで、さまざまなことを行えます。

プランのイラスト

リリース前に開発の問題を発見

Jira のリリースハブで、今後のリリースのステータスと進捗状況を完全に可視化しましょう。Jira を Bitbucket や Github などの開発ツールと接続すると、リリース時の潜在的な問題を特定しやすくなります。

チームとコラボレーションしてコードを構築する

Bitbucket では、コードからデプロイまで開発全体のワークフローを管理できます。GitHub や GitLab といったパートナーも Jira と統合されているため、開発者はビジネスに関わるチームと常に情報共有できます。

ビルドのスクリーンショット
ビルドのイラスト

高品質のソフトウェアをチームで構築

Bitbucket を使えば、品質を落とさずにコードレビューの時間を短縮し、コード変更の把握、アクションアイテムの作成、複数のプルリクエストの調整を効率化できます。

ビルドのイラスト

Jira を自動更新する

開発者はもう、チームに対する最新のコード変更の報告を気にする必要がありません。Jira と Bitbucket (またはチームに適した任意のソースコード管理ツール) を統合し、コード変更と Jira の課題をリンクします。開発の進捗状況に基づき Jira のステータスを自動更新する

ビルドのイラスト

混乱が起こる前にコードの問題を発見する

Bitbucket のブランチパーミッションと必須のマージチェックで、チームによる安全なソフトウェア開発およびリリースを確実にします。Bitbucket でも Code Insight をリリースし、デプロイの前にコードの脆弱性スキャンを自動で行います。

CI/CD でより迅速で確実なデプロイを実現する

Bitbucket Cloud に組み込まれた CI/CD ツールの Bitbucket Pipelines を使うか、CircleCIJenkins などの CI/CD パートナーを選択し、テスト環境から本番環境までコードを自動化します。

CICD のスクリーンショット
CICD のイラスト

適切なタイミングで必要な場所にアラートを出す

Bitbucket には CI/CD が組み込まれているため、チームがアラートをコンテキストとともに取得することにより、迅速に変更を実施できます。スキャンと品質レポートはコードレビュー機能に含まれています。これは Mabl、Sentry、Snyk などの DevOps ベンダーとの最適な統合によるものです。

CICD のイラスト

既存のプロセスに影響を与えない迅速なリリース

Bitbucket Pipelines を Jira Service Desk と統合することで、リスクを管理しながら迅速なサービスデリバリーを実現します。コードのデプロイにより変更リクエストが作成され、評価されたリスクに基づいて自動的に承認に回されます。

CICD のイラスト

簡単に自動化

Bitbucket Pipelines なら、YAML ファイルの記述と同じくらい簡単に、自動化された強力なワークフローを構築できます。AWS や Microsoft などのベンダーが提供するさまざまなパイプを利用して、チームがすでに使用しているツールと CI/CD のパイプラインを統合できます。

インシデント管理と対応を合理化

煩雑さを解消し、インシデント発生中にサービスを復旧するための対応を行います。Opsgenie で重大な問題をすぐにアラートでチームに通知し、対応に必要なコンテキストを送ります。

監視と運用のスクリーンショット
監視と運用のイラスト

問題のトラブルシューティングを即座に実行

Opsgenie は、200 種類以上の優れた監視、ITSM、ChatOps、コラボレーションツールと統合できます。Opsgenie を柔軟なルールエンジンと組み合わせることで、オンコールの適切な担当者に通知し、迅速なアクションを可能にします。

監視と運用のイラスト

コードのデプロイに関する問題を迅速に解決

インシデント調査のダッシュボードを使えば、チームはインシデント発生直前のデプロイを確認できます。そのデプロイを原因の可能性の 1 つとして追加し、それを実施した開発者に問い合わせ、ロールバックしてインシデントを解決できます。

監視と運用のイラスト

インシデント発生後のプロセスにおける対応

Opsgenie で Jira チケットを簡単に作成して根本的な問題に対処し、ホットフィックスを定義して必要なステップが記録され完了されたことを確認できます。

問題点を的確に伝えて迅速に復旧する

サービスチームが Jira Service Desk を利用すれば、顧客のフィードバックがシームレスに開発チームと運用チームに伝わり、問題の迅速な修正と顧客満足度の向上を実現できます。

継続的フィードバックのスクリーンショット
継続的フィードバックのイラスト

統合チームとして迅速に課題を解決

Jira Service Desk のチケットを Jira の課題にリンクすることで、開発作業に関するリクエストを優先させられます。課題のエスカレーションが必要な場合は開発者が間に入り、同じチケットでコメントとフィードバックを表示できます。

継続的フィードバックのイラスト

顧客が直面しているインシデントに一丸となって対応

顧客が作成したチケットが早急な対応を要する重大なインシデントと判断された場合、エージェントは Opsgenie で作業しているチームに、状況を把握するのに必要な情報をもれなく伝えられます。

継続的フィードバックのイラスト

顧客に最新情報を伝える

チケットの種類 (リクエスト、変更、インシデント) にかかわらず、Jira Service Desk は関係者のコミュニケーションの改善をサポートします。サポートエージェントは関連するチケットをグループ化し、チケットの進捗に基づいて自動で顧客に最新情報を伝えられます。

最初からオープンなドキュメントと知識の共有

コードレビュー、要件、リリースノートなどの最新情報を Confluence で全員に伝えられます。

コミュニケーションとコラボレーションのスクリーンショット
コミュニケーションとコラボレーションのイラスト

全力で素早く取りかかる

インシデントレポート、スプリント計画、ランブックなど、DevOps を実践するための Confluence テンプレートから始めましょう。カスタマイズして独自のテンプレートも作れます。

コミュニケーションとコラボレーションのイラスト

クリック 1 つで適切にドキュメンテーション

Jira との徹底した統合により、Jira Software の計画と Confluence のソフトウェアドキュメント間の移行をシームレスに行います。

コミュニケーションとコラボレーションのイラスト

透明性とトレーサビリティの向上

デフォルトで公開されているページによりチームの進捗状況を可視化し、チームのサイロを解消します。また、Jira および Jira Service Desk へのスマートリンクでも明確なトレーサビリティを実現できます。

自動化、統合、拡張

DevOps の実現には複数のベンダーが必要です。アトラシアンの Marketplace の DevOps アプリで、チームに最適なツールチェーンを構築しましょう。すべてのパートナーを見る

サインアップして DevOps に関するあらゆる情報を収集

アトラシアンからの DevOps に関する最新情報をご確認ください。

Thank you for signing up