Close

オープンなコミュニケーションの育成


オープンなコミュニケーションは、関節の中の液体のようなものです。そこにあるときには、存在に気づきもしません。しかしなくなると、日々苦しむことになります。職場では頻繁に情報のサイロ化に直面します。必ずしも人は故意に知識を隠しているわけではありません。通常、私たちは頻繁に交流しない同僚に対して、話しかけることを容易に忘れてしまうものです。そればかりか、私たちは自分のチーム メンバーに情報を伝えることさえ忘れてしまいます。

もちろん、オープンなコミュニケーションにはプロジェクトの最新情報を共有するよりも多くのメリットがあります。また、安心して意見を共有できる必要もあります。この安心感は自分の間違いを包み隠さずに伝える場合や学んだ教訓を共有する場合により強まります。互いに心を開けない人が集まった環境であっても、率直になれる心理的な安心があり、敬意をもって反論できる環境を作れるかは、私たち一人ひとりにかかっています。これは簡単なことではなく、一夜にして実現できることでもありません。

とはいえ幸いなことに、簡単な実践手法をいくつか取り入れると、チームのコミュニケーションとコラボレーションの方法は劇的に変化します。

職場でのオープンなコミュニケーションを実現するための 4 つの主なプレイ

これらのテクニックを使用して更新情報を共有し、率直に話すための安全なスペースを作成する能力を高めます。

スタンドアップ

進捗を共有して問題を浮き彫りにするためのこの 10 分間の定例会により、チームのコミュニケーションを日常習慣にします。その結果どうなるでしょう? チームメイトの間で失敗や重複した作業が減ります。さらにチャットやビデオ会議を使用して、スタンドアップをリモート対応に簡単に調整できます。

関係者のコミュニケーション計画

プロジェクトに没頭したり変更をロール アウトしたりする場合、誰に何が伝えられているか (およびそのタスクを所有しているプロジェクト チームの担当者) を簡単に把握できます。このプレイの最後には、各関係者が必要とする情報の種類、関係者に更新情報を伝達する頻度を示すマトリクスを入手できます。

反時計回りに回転する時計

ふりかえり

この従来のアジャイル手法を使用して、チームがどのように連携しているかについての考えをオープンに共有します。ふりかえりで話し合ったことは、ふりかえりに留まることを覚えておいてください。ただし、提起された課題に対処するための行動を取らないということではありません。

親指を上向きと下向きにするしぐさ

スパーリング

オープンなコミュニケーション ゲームをテストしましょう。進行中の作業を信頼できる同僚と共有して、その同僚に率直なフィードバックを求めます。自分のプライドは置いてきてください。このプレイでは、チームメイトがお互いを支えて、人生で最高の仕事を実現できるようにすることを目的としています。

その他のおすすめ

プロジェクトチームヘルスモニター

ヘルスモニターを使用して、パフォーマンスの高いチームに共通する 8 つの要素に照らして自己評価を行い、進捗を経時的に追跡します。

プロジェクトチームのメンバーを集め、現在の連携状況について率直に話し合います。

チーム プロジェクトの製品

プレイブックがもっと必要ですか?

下のボックスにメールアドレスを入力すると新しいヘルスモニターやプレイが追加された時に通知が送られます。

Thanks! Now get back to work.

フィードバックを受け取りましたか?

アトラシアンコミュニティサイトで質問やコメントをしてください。