Close

帰属意識を構築する


バランスの取れたチームがどのようなものかという単一の定義はありませんが、バランスが取れていないチームには顕著なパターンがあります。チームにキーとなる代表者 (女性や身体の不自由な人など) が欠けていたり、代表者のグループがチーム全体の 30% 未満だったりする場合です。これによって、軽視されたメンバーには孤立感や帰属意識の欠如が生じてしまいます。

帰属意識はモチベーション、メンバーの定着、イノベーションの原動力です。したがって、帰属意識をきちんと理解することがパフォーマンスの高いチームを作る鍵となります。しかし、帰属意識は「簡単に生まれる」わけではありません。

これらのプレイを活用すると、チームの帰属意識の文化を構築するのに役立ちます。チーム全員の居場所を作り、チームメイトとの連帯を感じ、自分の意見を聞いてもらい、評価されていると感じることで、どのチームも最大限の力を発揮できます。

多様なコンポーネントで構成されている家のイラスト

帰属意識を構築する 4 つの主なプレイ

これらのプレイは、孤立感を感じる可能性が高いメンバーを特定するのに役立ちます。チーム メンバー間でより強い連帯感を構築する方法をご提供します。

インターネット経由での接続

バランスの取れたチームの多様性評価

多様性を考える場合、数字はストーリーの一部に過ぎません。より高い帰属意識をチーム レベルで構築することが、大事な要素の半分を占めます。このプレイのツールを活用して、孤立感を感じる可能性があるメンバーを特定しましょう。そこから、同様の背景を持つメンバーとつながる方法に関するアイデアが得られます。

さまざまなペルソナのイラスト

ユーザーマニュアル

どのチームにいようと、うまく連携できるようになるまでには時間がかかるものです。皆それぞれ、コミュニケーションやコラボレーションのスタイルが異なります。このプレイは私たちの共感力を鍛えるもので、皆それぞれ異なる仕事のスタイルがあり、それで問題ないということを認識させてくれます。

複数の人々からの吹き出し

受容的なミーティング

女性、有色人種、リモート ワーカー、内向的なメンバーは、ミーティングで自分の意見に耳を傾けてもらうことに度々苦労します。私たち皆 (そうです、全員です) が潜在意識にある偏見を打ち消さず、誰もが貢献できる環境を作らなければ、こうした人々は孤立したように、自分がいる場所ではないと感じてしまいます。言うまでもなく、彼らのアイデアを見逃すことにもなります。

同心円内の「アイデア」電球

学習サークル

仕事を通じての学習は、技能を完全なものにすることに限定する必要はありません。学習サークルは、チーム間で「同じ興味を持つ人」を集める素晴らしい方法です。情熱を注いでいるトピックが何であれ、メンバー同士がつながり、深く掘り下げていけます。

その他のおすすめ

プロジェクトチームヘルスモニター

ヘルスモニターを使用して、パフォーマンスの高いチームに共通する 8 つの要素に照らして自己評価を行い、進捗を経時的に追跡します。

プロジェクト チームまたは「核となるチーム」のメンバーを集めて、現在の連携状況について率直に話し合います。

ガイド付きヘルスモニター

プレイブックがもっと必要ですか?

下のボックスにメールアドレスを入力すると新しいヘルスモニターやプレイが追加された時に通知が送られます。

Thanks! Now get back to work.

フィードバックを受け取りましたか?

アトラシアンコミュニティサイトで質問やコメントをしてください。