対象者の固有ページ

それぞれのユーザーに合わせたステータス情報

顧客に合った適切な表示

異なる顧客が異なるサービスを使用していて、それらのサービスが異なるインフラストラクチャ上でホストされている場合、ステータスの連絡は複雑になりがちです。「特定の対象者向けのページ」を使用すれば、インシデントに影響を受ける顧客のみを対象としたアップデートの表示ができます。複数のステータスページを作成する必要はありません。

特定の対象者向けページの図
特定の対象者向けページのユーザー

ユーザーまたはグループに基づいたアクセス権を付与

異なる情報を表示する必要がある VIP 顧客が存在するかもしれません。または、さまざまなサードパーティのサービスに依存しており、その他の情報については知らせる必要のない個々の社員が存在するかもしれません。どのような場合であれ、「特定の対象者向けのページ」は柔軟で、アクセス権や許可を適切なユーザーベースに付与できます。

規模に合わせた料金

「特定の対象者向けのページ」には、「公開ページ」や「非公開ページ」とは別の独自の価格モデルが適用されます。価格は月 300 ドルから始まり、各ページで最大 10 グループおよびユーザー 500 名をホストできます。ステータスページを最大限活用していただくため、グループやユーザーが拡大するにつれ、追加料金は減少します。

拡張した Data Center のイラスト

今すぐステータスページを作成