Close

What’s new in
Jira Software Cloud

   Core experiences

     Premium

     Integrations

     Cloud platform

Core experiences

Rapid innovation to make Jira faster, more user friendly, and more powerful


Overview

Globally, tens of thousands of software teams depend on Jira Software to plan, track, and ship their work. We are rapidly shipping new, innovative features to make using Jira Software easier while increasing its power. This product roadmap encompasses where our customers tell us they are going next, and the features we need to build to help them get there.

A vast majority of agile teams utilize the scrum and kanban templates, and within these templates, have a choice about how they are administered. Company-managed tempates are setup and maintained by Jira admins, and ideal for teams who work with other teams across many projects in a standardized way. Team-managed templates are administered at the project level and are ideal for independent teams who want to control their own working processes and practices in a self-contained space.

Browser with Jira board
Information icon

This page shows a curated selection of features we’ve released and upcoming features on our roadmap. All forward looking items are subject to change.

Shipped

バックログのクイック アクション Team-Managed

チームの継続的な活動が円滑になりました。バックログで作業のステータスを一目で確認でき、ステータス、担当者、ストーリー ポイントのカード上での直接更新など、課題をオープンせずに共通するアクションを実行できます。

詳細

Search, sort, and modify issues with a more powerful project issue navigator Team-Managed

Enjoy a more intuitive and faster issue search experience with a more robust project issue navigator: in addition to text search, you can now filter by Assignee, Reporter, Status, and Issue Type.

List view in issue navigator for a quick overview

Our new list view, available in both next-gen and classic project templates, helps you get an overview of all the issues in your project in a simple table that can be easily filtered, sorted, and exported. Read on to see what this new functionality allows you to do (better) that you couldn’t do before.

Learn more
List view screenshot

Plan the big picture with roadmaps for classic projects

Sketch out the big picture, communicate plans with stakeholders, and ensure your roadmap connects to your team's work - all in a few clicks in Jira Software Cloud.

Learn more
Full Hierarchy

Backlog planning better than ever in Jira Cloud for Mac

Grooming your backlog and planning your sprints can be done easily in the Mac app.

Backlogs now display:

  • Assignee avatars
  • Story points and total points per sprint
  • Quick filters
  • Sprint goals
  • Epics, labels, and status
Learn more

Development info all in one place in Jira Cloud for Mac

Mac app expands development info which enables you to complete your agile software development workflow faster and more efficiently – without the need to move between multiple products.

The new ‘glance panel’ within issues enables you to quickly view: branch details, commits, pull requests, builds, reviews. Soon, you’ll be able to go directly to a linked pull request with a single click & more!

Learn more

プロジェクト ナビゲーション内で最も重要な部分として Code を有効にします Team-Managed

最も重要な部分として Jira Software プロジェクト ナビゲーション内に Code を追加し、仕事に関してより多くのコンテキストをあなたとあなたのチームに提供するため、全く新しいビューを導入しました。ソース コード管理を Jira Software に接続すると、チーム メンバーがコミット、ブランチ名、または PR サマリーに課題キーを含めるたびに、そのアクティビティが発生するリポジトリをそのページに自動的に表示します! チームの全員が作業中のすべてのリポジトリを確認し、組織内の全員がチームが編集したコードをすべて 1 か所で確認できます。

詳細を見る

Search smarter

Find what you need faster with upcoming improvements to Jira’s quick search. Soon you'll see more more results with better metadata to help you know you’ve found the right thing. We're also adding personalized quick filters for the people and spaces you work with most.

新しいエピック パネルを使用してバックログを計画するより良い方法 2020 年リリース予定

新しいエピック パネルを使用することで次世代でのバックログ プランニングを改善し、作業内容をより効率的に実行できるようになりました。ドラッグ アンド ドロップを使用して、作業をエピックにすばやく追加できます。新しいエピックを作成したり、既存のエピックの進捗を確認したりできます。1 つ以上のエピックを選択することにより、バックログ ビューにフィルターをかけられます。

詳細を見る

完了した作業のボードを簡単にクリーン アップ Team-Managed

「完了」の課題を数クリックでボードから削除できるため、関連するすべての課題を把握しやすくなり、作業済みの課題の削除が簡単になります。

詳細

キーボード ショートカットを使用して時間を節約 Team-Managed

キーボード ショートカットは、編集、移動をすばやく行い、キーボードから指を離すことなく、操作を実行できる便利な方法です。

詳細を見る

Building a better navigation for Jira Cloud

We are building a new navigation experience that puts the navigation at the top of your screen for a more familiar look and feel. We are also adding many highly requested improvements like adding a dropdown for your favorite dashboards and filters.

Learn more
New Jira Cloud Navigation

Share links to specific comments on Jira issues

Speed up your team's communication and collaboration by using permalinks in the new issue view. Soon, you can share and link people to a specific comment or work log item.

2020/04/23 プロジェクトの課題ナビゲーターで簡単に課題の検索、並べ替え、修正を行う

プロジェクトの課題ナビゲーターにより、次世代のナビゲーションと検索が今までよりずっと簡単になります。テキスト検索を使用してプロジェクトの課題を検索したり、担当者、報告者、ステータスによるフィルターを適用したりできます。さまざまな基準でリストを並べ替え、リストから直接課題を修正できます。

詳細を見る
プロジェクトの課題ナビゲーター

すべてのチームメンバーがボードのビューをカスタマイズ可能 2019 年リリース予定

スイムレーン設定を開始し、チームメンバーそれぞれがボート上の業務を最も使いやすい形で表示できるようにしました。担当者ごと、エピックごと、サブタスクごとに課題をグループ分けできます。

チーム全員がボードのビューをカスタマイズ可能
詳細を見る

次世代の権限の作成とカスタマイズを行う 2020 年リリース予定

カスタムの役割を作成し、次世代プロジェクトでそれらの役割に権限を割り当てます。標準の役割 (管理者、メンバー、ビューアー) に加え、独自の役割を任意で作成することもできるようになりました。新しい役割を作成したら、関連する権限の表示と変更、役割のクローン作成、削除が可能になります。

詳細を見る

Keep your team in the loop with team @mentions

We’re making it easier for you to keep everyone in the loop with team @mentions. Keep your team informed on an issue or notify a team about a bug. You'll be able to @mention a team, just like you would an individual today. 

次世代のバージョンでリリース準備状況を正確に把握 Team-Managed

修正バージョンフィールドとともにバージョンを提供し、実際にソフトウェアをリリースするプロセスに基づき、リリースに含まれる複数の課題を計画して追跡できるようにします。バージョンはまた、リリース準備状況を正確に把握したり、事後にリリースされたものをレビューして問題を調査したり成果を評価したりするのに役立ちます。

詳細を見る

Jira ロードマップから直接作業を細分化する 2019 年リリース予定

細分化された作業を、Jira ロードマップからワンクリックで直接作成できるようになりました。少ないクリック数で多くの作業ができるため、チームの作業スピードが上がります。

詳細を見る

課題が全体像にどうつながっているかを Jira ロードマップで確認 Team-Managed

あなたのチームの業務を一目で、ロードマップから直接把握できます。ロードマップ階層を加えると、エピック内にあるすべてのストーリー、タスク、その他の子課題を確認できるようになります。

詳細を見る
ロードマップのスクリーンショット

2019/12/08 新しいパラグラフフィールドで詳細情報を取り込む Team-Managed

この新しいカスタムフィールドを使うと、課題本文の詳細なテキスト回答を取り込めます。箇条書きにしたり、番号を振ったり、見出しスタイルを加えたりなど、チームの業務説明に必要なリッチコンテンツを作成できます。

詳細を見る

2019/11/19 スプリントバーンダウンを再構築 Team-Managed

次世代ではスプリントレポートとバーンダウンチャートを 1 つのレポートにまとめました。スプリントバーンダウンチャートでは、スプリントで完了済みの作業量および残りの作業量の全体が確認できます。スコープクリープの把握や、スプリントのふりかえりの要約にも最適です。

詳細を見る
スプリントバーンダウンチャート

Control the privacy of comments on Jira issues

Exercise more control over who can see specific comments on Jira issues, whether that’s only admins or people in a specific role. 

*Available only in classic templates

Learn more

Create a scalable layout for Jira issues with many fields

We’ve made the Jira issue more accessible for customers who have many fields with our new 'field tabs'* feature, which enables you to group multiple fields together in small folders. Learn more

*Available only in classic templates

Learn more

New, robust functionality in Jira Cloud for Mac

Last October we launched Jira Cloud for Mac, a new, snappy, and simple way to use Jira. We will be rolling out three exciting features in early 2020:

  • Developer tool status: commits, pull requests, builds and/or deployments information will be visible on the issue view, so additional action can be taken if necessary.
  • Monitor progress of releases: teams can now track productivity in Jira Cloud for Mac by monitoring the progress of their releases.
  • Measure and monitor: burndown, velocity, and cumulative flow diagram reports are all coming soon.

Empower every user to customize email notifications

Enable everyone on your team to customize email notifications from Jira Software, so they only get updates about the issues they want.  

Learn more

Navigate to work you need to find faster on the 'Your work' page

Find and resume the work you care about most on the 'Your work' page. Soon, you'll be able can access the five most-recent projects you've visited. Dive straight into your board with a single click. Or, see all your assigned work with the 'My open issues' filter.

Create unique security levels in Jira’s new issue view

Make sure only the stakeholders you choose are able to view specific work items by creating granular security permissions for Jira issues.

*Available only in classic templates

Learn more
Creating unique security levels on Jira's new issue view

Enjoy faster load times with new Jira performance improvements

Performance is an ongoing journey in which we continue to invest. We’ve recently shipped some meaningful updates:

  • The navigation sidebar now loads 2x faster.
  • Jira’s project directory now loads 10x faster.
  • Next-gen boards load 1.5x faster.
  • Next-gen backlogs loads 1.8x faster.

You’ll continue to see and experience performance improvements across Jira Cloud in the quarters ahead.

Learn more

Find what you need more seamlessly with new navigation enhancements

We’re constantly fine-tuning Jira’s navigation to make it faster and easier to find what you need.

  • We’ve added a new page into Jira called 'Your work' to help you more easily find items you’ve previously viewed or starred as well as incomplete issues that are assigned to you.
  • We’ve recently added links within the navigation, in the starred and recent drawers, to help you quickly jump to 'view all' of your boards, projects, filters, or dashboards.
  • We’ve added breadcrumbs towards the top of the screen so you can easily find your way back to where you were previously in the product.
Learn more

Introducing the native Jira Mac app featuring Dark Mode

We’re introducing a native desktop app for customers using a Mac. The desktop app is fast and nimble companion app for people that want to manage their workflow right on their desktop. The app has been designed with ease and simplicity in mind, so finding and switching projects has never been more seamless. Users will also enjoy all the benefits of a native application in MacOS, including customizable push notifications.

Learn more
New Jira Mac app

2019/09/09 ワークフローにおけるボトルネックを新しい累積フロー図で特定 Team-Managed

累積フロー図を使うと、チームは課題ステータスをまとめて経時的に確認できるため、チームのワークフローにおけるボトルネックの特定に役立ちます。このレポートでは、列の切り替えに新しい凡例を追加し使いやすくしたほか、大量のデータを扱うプロジェクトのパフォーマンスを向上し、グラフに新しい色を取り入れました。

詳細を見る
ワークフローにおけるボトルネックを新しい累積フロー図で特定

2019/09/09 次世代での課題対応時間を記録 Team-Managed

タイムトラッキング機能が追加され、課題に対応した時間を記録できるようにしました。課題に費やした時間を追跡する必要がある場合や、行っている作業に対してクライアントに請求する必要がある場合に特に便利な機能です。

詳細を見る
課題に対応した時間を記録
In the works

Developer tool links and panels Jira Cloud for Mac

View and interact with third party developer tools directly from the Mac app without navigating between multiple products.

You soon will be able to access all of your dev-tool information directly from linked issues in the app, including pull requests, commits, repositories, and builds – right down to specific code within individual branches saves time and moves work forward faster.

More powerful searches with custom fields in issue navigator

Run powerful searches with custom fields in the issue navigator.

We are expanding a set of field that you will be able to search with: labels, resolution, priority, and a few others will be added to the issue navigator. Using these fields you can further refine your searches, which will save your time and make you more efficient when you work in your projects.

View dashboards in iOS, Android and Mac apps!

Viewing and sharing dashboards with your team, stakeholders, and leadership is about to get a whole lot easier.

Soon you will be able to access your Jira dashboards from your devices. Quickly see an overview of tasks, track progress and achievements, or even spot bottlenecks even when you are away from your laptop.

ボードおよびバックログに追加されたフィルターによる、さらに正確なビュー 2021 年リリース予定

追加のフィルターによって、カスタム フィールドに基づくものか、自分で作成したものか、または設定で指定される共通フィールドの 1 つに基づくものかなど、バックログとボードで必要なものだけを柔軟に見つけられます。

さらに柔軟になった見積り設定 2021 年リリース予定

チームがソフトウェアを提供する時期を確実に予測することは困難です。予測のプロセスによってオープンな対話を促し、リスクや不確実性を特定できるため、チームは作業を細かなタスクに分類できます。チームによっては、ストーリー ポイントで概算することで一歩先に進んで時間を予測して、リソースの割り当てを概算して作業の優先順位を付けます。次世代プロジェクトでは、チームは特定のニーズに何が適しているかに基づいて予測する柔軟性も得られます。

課題のタイプ別のワークフローと列のステータスのマッピング 2021 年リリース予定

チームの作業方法に応じた作業の進捗方法を制御して、ボード上のワークフローの定義、適応、調整を行うための新しい方法を提供します。

それぞれの課題タイプには、独自のステータス、遷移、ルールを設定できます。そのため、作業はその進行とともに定義済みのチェックポイントを通過することになります。

ボード上の列とステータスは分離されるため、複数のステータスを単一の列にマッピングし、より焦点を絞った簡潔なボードを作成できます。すべて管理できる専用のスペースも提供される予定のため、設定中のものと作業中のものを区別できます。

ワークフローエディターを再構築 2020 年リリース予定

次世代プロジェクトでは、チームの自主性や使いやすさの向上のため、Jira Software の主要機能の多くを見直しています。この考え方に基づき、まったく新しいワークフローエディターを開発しています。

クラシックテンプレートでは、ワークフローはグローバルオブジェクトであり、複数のプロジェクト全体で一貫性を維持できます。特定のワークフローを複数のチーム間で拡張する場合に便利ですが、複数の Jira プロジェクトに影響が出るため、いかなる変更も管理者が行う必要があります。

次世代では、プロジェクトは互いに完全に独立しており、1 つのプロジェクトで何か変更しても他のプロジェクトには影響しません。次世代では、ワークフローはプロジェクト内で設定され、特定の課題タイプと関連付けられます。たとえば、バグに関する特定のワークフローとストーリーに関する他のワークフローを持つことができます。プロジェクトが互いに完全に独立しているため、チームがより自主性を持ってワークフローを修正したり、継続的に最適化したりすることが可能になります。他のチームに影響を与えることも、管理者を煩わす必要もありません。また、次世代のワークフローエディターは外観を一新しており、ワークフローを編集したり見やすく視覚化したりする作業がより簡単になります。

ワークフローエディター

Jira のデプロイメントを使用して、何がいつリリースされたかを理解します 2020 年リリース予定

あなた、あなたのチーム、あなたの組織がリリースした価値といつリリースしたかを理解しやすいように、新しいデプロイメント エクスペリエンスを作成しました。CI/CD ツールを接続すると、この新しいビューを使用して、機能がデリバリー パイプラインのどこにあるのかを追跡し、顧客に届く可能性が高いタイミングを判断できます。

詳細を見る
次世代リリース スクリーンショット