Close

スプリントでオープンな課題を表示する日次 Slack メッセージを送信する

Jira は作業が格納される場所です。しかし、更新を別の場所で受信したい場合があります。

自動化によって、JQL を利用して特定の課題をフィルタリングし、Slack や MS Teams のメッセージまたはメールを送信できます。このユース ケースでは、スプリントでオープンな課題のリストを表示して、日次 Slack メッセージを送信します。それによって、全員が状況を正確に把握できます。また、そのリストを利用して、ブロックされた課題、SLA 違反のおそれがある課題などを表示できます。

自動化によって 2 つの製品を連携する方法を示している Jira と Slack のロゴ
自動化レシピ
自動化レシピ

ステップ 1: トリガーを選択する

すべてのルールはトリガーで開始されます。この場合は、[スケジュール設定] のトリガーを使用します。これはかなり強力なトリガーで、何百ものさまざまな方法で利用できます。Cron を使用して正確な時刻を分単位まで指定できます。ただし、ここでは、単にこのルールが毎日欠かさずに実行されるように指定します。

スケジュールの選択

ステップ 2: 課題のルックアップ アクションを追加する

このアクションによって、JQL を使用して指定する課題を強調表示できます。このアクションは常に別のアクションと連携して、その後に結果が表示されます。このユース ケースで使用する JQL は、Sprint in openSprints() および statusCategory != Done です。

課題のルックアップを選択する

ステップ 3: Slack/MS Teams のアクションを追加する

ルールには、アクションをいくつでも追加できます。課題のルックアップ アクションで課題が見つかったので、このリストを送信します。メンバーにとって最適なアクションを選択しましょう。ここでは、Slack アクションを選択します。

アクション内でスマート バリューを使用する必要があります。スマート バリューを使用すると、Jira 内のほぼすべてのデータにアクセスして操作できます。

課題の完全な一覧 (ハイパーリンク) を整理されたリストで送信するには、次のスマート バリューを使用します。

{{#lookupIssues}}
*<{{url}}|{{key}}>
{{/}}

開発者以外のユーザーには複雑に思えるかもしれませんが、ドキュメントから必要なスマート バリューをコピーするか、是非 Playground でアクションのすべてのルールをご確認ください。

Slack 通知の追加

ステップ 4: テストする

このルールをテストするには、一時的にトリガーを手動に変更してプライベートの Slack ルームに送信します。これまでと同様に、監査ログでパンくずリストを把握できます。

自動化レシピ

Jira Automation の詳細

Jira Automation を Slack と使用する方法

すべての役立つ Jira Automation リソースを含む 1 ページ

スマート バリューの紹介

Jira Automation の YouTube チャンネルをご覧ください

その他の便利なルール

課題を自動で割り当てる方法を示している Jira のロゴと人のアイコン
課題を割り当てる

課題を自動で割り当てる

課題が担当者なしで登録されると、作成者に自動で割り当てられます。

作業の同期方法を示している Jira のロゴと同期アイコン
課題を同期する

作業を同期する

エピックが「完了」にマークされると、そのすべてのストーリーも「完了」に移行されます。

ストーリー ポイントを自動集計する方法を示している Jira のロゴとペンのアイコン
アジャイル

ストーリー ポイントを合算する

新しいサブタスクが作成されると、そのストーリー ポイントが親と合算されます。

Jira、Bitbucket、GitHub、Gitlab のロゴ
DevOps

Jira を Bitbucket、GitHub、または GitLab と接続する

PR が Bitbucket、GitHub、GitLab でマージされると、Jira で課題がトランジションされます。

作業の同期方法を示している Jira のロゴと同期アイコン
ITSM

古いサポート課題を自動でクローズする

顧客が 5 日間課題に応答しない場合は、課題をクローズしてコメントを残します。