PDF 表紙: 正しい考え方を硬直的なビジネス プロセスに適用

アジャイルをウォーターフォール型プロジェクトにまで拡大する方法

エグゼクティブサマリー


アジャイル プラクティスを財務報告やコンプライアンス監査、特に法定の監査に拡大することは、一見無駄なことのように思えるかもしれません。

しかし、アジリティをビジネス オペレーションに拡大したいと考えているリーダーは、まずこれらの硬直的なプロセスに目を向けるべきです。その理由は、フィードバックとイテレーションによる自己管理型チームというアジャイルの原則を適用すると、義務的なプロセスをビジネス上のメリットに変換できるからです。

このホワイト ペーパーの内容
矢印: 継続的なデリバリー

ウォーターフォール プラクティスをアジャイルの原則に組織全体で置き換える

レーダーのアイコン

柔軟性に欠く大きな要件の達成を促進するさまざまなサブプロセスを特定する

アイコン: チケット移動

アジャイルなリリース計画戦術によって最終成果の達成を促進する

画像: 頭の中にハート

デリバリーに影響を与える文化的考慮事項を明らかにする