カテゴリー

バーチャル イベント テンプレート

著者: Gliffy

Atlassian のテンプレートを使用してライブ リモート イベントを計画し、思い出に残るエクスペリエンスを創り出しましょう

テンプレートを使用する
バーチャル イベント テンプレート

ライブ バーチャル イベントを正常に実行するには、非常に多くの作業が必要です。いろいろな場所にいるさまざまなチームのメンバーが、イベントの何か月も前からコラボレーションし、1 つの思い出に残るエクスペリエンスを計画します。バーチャル イベントを企画するチームは、ストリーミング リンクを設定してリモートの登壇者の予定を調整し、オンライン視聴者に対して、どうすれば生きたエクスペリエンスを伝えられるかを考える必要があります。バーチャル イベント テンプレートを使用すると、チームを成功に導けます。

バーチャル イベント テンプレートの使用方法

ステップ 1. バーチャル イベントのテーマを説明する

プロジェクトの作成とタスクの割り当てを開始する前に、テンプレートを使用して関係者に背景情報とコンテキストを提供します。イベントの日程や重要な期日など、チームが念頭に置く必要があるおおまかな詳細情報を追加することから始めます。次に、イベントの目標と、どのように実施すべきかについてのイメージを説明します。この情報を Confluence ページの一番上に置いて、誰もが簡単に参照できるようにします。

ステップ 2. ロードマップを作成する

イベントのテーマと目標を設定したら、テンプレートを使用してこれらの目標を実行可能な計画にします。「/planner」と入力して、シンプルで視覚的なロードマップを作成します。作業内容や優先すべき項目についてチームが常にコラボレーションできるように、カレンダーやレーンをカスタマイズします。Gliffy Diagrics for Confluence は、計画の整理、イベント スケジュールやショーの開催用にビジュアルを追加するための素晴らしいツールです。

ステップ 2. ロードマップを作成する

ステップ 3. イベント計画のマイルストーンを追跡する

プロジェクトの計画と優先順位の設定が完了したので、テンプレートを使用してタスクを割り当て、それぞれの主な期限前に進捗状況を追跡できます。進行中のプロジェクトごとに、タスクと期限を割り当てます。イベント後にチームが達成すべきタスクとプロジェクトについても記載してください。その後、素晴らしいイベントを実行するために、テンプレートを使用して、必要なステータス アップデート、障害、その他の情報についてチームが常にコラボレーションできるようにします。


Gliffy's diagramming software was built by a pair of engineers who wanted all the ease of drawing diagrams on a whiteboard packed into one powerful app.

  • 1-on-1 meeting template

    Meetical

    1 対 1 のミーティング

    1 対 1 のミーティングを実施して、生産的な労働関係を維持しましょう。

  • 4Ls retrospective template

    アトラシアン

    4L によるふりかえり

    このテンプレートを使用して、チームで 4L によるふりかえりを実施します。

  • 5 whys analysis template

    アトラシアン

    なぜなぜ分析

    このテンプレートによってなぜなぜ分析を行い、チームの問題の原因を特定します。